<<< 前 2013年度 2014年度 2015年度 | 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 脳神経外科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
講師:
   藍原 康雄
   佐々木 寿之
   林 基弘
   比嘉 隆
   丸山 隆志
   鰐渕 博
助教:
   光山 哲滝
   山口 浩司
   阿南 英典
   阿部 圭市
   天野 耕作
   石井 暁
   石川 達也
   石黒 太一
   伊藤 要
   井上 龍也

   江口 盛一郎
   大城 信行
   乙供 大樹
   加藤 宏一
   久保田 有一
   小西 孝典
   小林 智範
   齋藤 太一
   佐藤 慎祐
   鈴木 咲樹子

   竹田 信彦
   谷野 絵美
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼
   中本 英俊
   中谷 幸太郎
   新田 雅之
   橋出 秀清

   船津 尭之
   堀澤 士朗
   松岡 綾子
   松岡 剛
   茂木 陽介
   安田 崇之
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 17 1 50 13 5 28  0 9 0 0  82 126  15 39  11 14
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 前田真法:  医療機器開発加速化のためのラピッドプロトタイピング:梁山泊における3Dプリンタの役割.  未来医学  29 :61-63 , 2016.3
2. MOCHIZUKI Yasuaki, HOSAKA Akihiro, KAMIUCHI Hiroki, Nie Jun xiao, MASAMUNE Ken, HOSHINA Tetsuya, MIYATA Tetsuya, WATANABE Toshiaki:  New simple image overlay system using a tablet PC for pinpoint identification of the apporopriate site for anastomosis in peripheral artial reconstruction.  Surgery Today  :1-7 , 2016.3
3. Suzuki Kazufumi, Abe Kayoko, Maruyama Takashi, Nitta Masayuki, Amano Kosaku, Yamaguchi Koji, Kawamata Takakazu, Sakai Shuji:  The role of 4D CT angiography for preoperative screening in patients with intracranial tumors.  The neuroradiology journal  :1-6 , 2016.3
4. SAITO Taiichi, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, KOMORI Takashi, TAMURA Manabu, NITTA Masayuki, TSUZUKI Syunsuke, KAWAMATA Takakazu:  Calcification on CT is a simple and valuable preoperative indicator of 1p/19q loss of heterozygosity in supratentorial brain tumors that are suspected grade II and III gliomas.  Brain Tumor Pathology  :**-** , 2016.2
5. WATANABE Atsushi, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, SHINODA Jun, OKADA Yoshikazu:  Usefulness of (1)(1)C-methionine positron emission tomography for treatment-decision making in cases of non-enhancing glioma-like brain lesions.  J Neurooncol  126 (3) :577-583 , 2016.2 Link
6. MATSUOKA Ayako, HAYASHI Motohiro, CHERNOV Mikhail, KAWAMATA Takakazu, OKADA Yoshikazu:  Hearing Preservation after Low-dose Gamma Knife
Radiosurgery of Vestibular Schwannomas.  Neurologia medico-chirurgica  56 :186-192 , 2016.2
7. Ayako, Horiba,
Motohiro, Hayashi,
Mikhail, Chernov,
Takakazu, Kawamata ,
Yoshikazu ,Okada1:  Hearing Preservation after Low-dose Gamma Knife
Radiosurgery of Vestibular Schwannomas.  Neurologia medico-chirurgica  56 :186-192 , 2016.2
8. 山口敏雄, 阿部圭一, 吉原尚志, 秋葉絢子, 嶺久美子, 堀大樹, 堀智勝, 笹沼仁一, 村垣善浩, 平孝臣, 渡邊一夫:  本態性振せんに対する経頭蓋MRガイド下集束超音波による視床破壊術の初期経験 FDA approved clinical study in Japan.  神奈川医学会雑誌  43 (1) :180-180 , 2016.1 Link
9. 佐藤生馬, 鈴木孝司, 藤野雄一, 村垣善浩, 正宗賢:  複数台のWi-Fi化した光学式三次元位置計測システムを用いたワイヤレス手術ナビゲーションシステムの開発.  日本コンピュータ外科学会誌  17 (4) :319-331 , 2016.1
10. 佐藤生馬 , 鈴木孝司, 藤野雄一, 村垣善浩, 正宗賢:  複数台のWi-Fi化した光学式三次元位置計測システムを用いたワイヤレス手術ナビゲーションシステムの開発.  日本コンピュータ外科学会誌  17 (4) :319-331 , 2016.1 Link
全件表示(55件)
総説及び解説
1. 田村学, 正宗賢, 生田聡子, 岡本淳, 吉光喜太郎, 小西良幸, 前田真法, 仁木千晴, チエルノフミハ, 岸本眞治, 菱井友貴, 丸山隆志, 伊関洋, 村垣善浩:  先端工学外科(FATS)のプロジェクト活動進捗について.  未来医学  29 :20-34 , 2016.3
2. 奥田英樹, 岡本淳, 後藤哲哉:  医工産融合による手術支援ロボットいArms®実用化.  未来医学  29 :64-67 , 2016.3
3. 新田 雅之,村垣 善浩:  当院における悪性脳腫瘍に対する光線力学的療法(PDT).  Pharma Medica  34 (1) :123-128 , 2016.1
4. 新田雅之, 村垣善浩:  当院における悪性脳腫瘍に対する光線力学的療法(PDT).  Pharma Medica  34 (118) :123-128 , 2016.1
5. 正宗 賢,岡本 淳,吉光 喜太郎, 堀瀬 友貴,小西 良幸, 前田 真法, 田村 学, 丸山 隆志, 伊関 洋, 生田 聡子,村垣 善浩:  特集1:脳神経外科領域における医療技術【概説】脳神経外科領域における医療技術の動向.  映像情報メディカル  48 (1) :16-20 , 2016.1 Link
6. 正宗賢, 岡本淳, 吉光喜太郎, 菱井友貴, 小西良幸, 前田真法, 田村学, 丸山隆志, 伊関洋, 生田聡子, 村垣善浩:  特集1:脳神経外科領域における医療技術
【概説】脳神経外科領域における医療技術の動向.  映像情報メディカル  48 (1) :16-20 , 2016.1
7. 光山哲滝, 平孝臣:  選択的脊髄後根切断術.  小児内科  47 (11) :1957-1959 , 2015.11
8. 村垣善浩,前田真法,伊関 洋, 岡本淳, 岸本眞治, 正宗賢, 吉澤晋 ,梅村晋一郎:  医工連携と癌治療 国産DDS製剤と集束超音波治療装置による音響力学的療法の実現.  日本癌治療学会誌  50 (2) :447-448 , 2015.9
9. 村垣 善浩,丸山 隆志,新田 雅之, 斎藤 太一,生田 聡子伊関 洋,:  光線力学的療法.  No shinkei geka. Neurological surgery  43 (7) :583-592 , 2015.7
10. 平孝臣:  難治性頭痛・頭頸部痛に対する電気刺激療法(解説).  日本頭痛学会誌  42 (1) :96-101 , 2015.7
全件表示(14件)
症例報告
1. 高倉朋和, 鈴木久美子, 戸田和重, 高野恵利, 氏家弘, 佐藤さとみ, 村垣善浩, 仁木千晴:  脳血管障害後の視覚障害に伴ったシャルル・ボネ症候群.  高次脳機能研究  36 (1) :94-94 , 2016.3 Link
2. 光山哲滝:  腰椎再手術後に遷延する下肢症状に疎経活血湯が有効であった一例.  脳神経外科と漢方  1 :51-54 , 2015.11
3. WATANABE Atsushi, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, SHINODA Jun, OKADA Yoshikazu:  Usefulness of 11C-methionine positron emission tomography for treatment-decision making in cases of non-enhancing glioma-like brain lesions.  Journal of neuro-oncology  :1-7 , 2015.11
4. 光山哲滝:  治療戦略ミーティング 転移性脊椎腫瘍.  脊髄外科  29 (2) :158-162 , 2015.8
5. Suzuki K, Matsuoka G, Abe K, Okada Y, Sakai S:  Subpial Hematoma and Extravasation in the Interhemispheric Fissure with Subarachnoid Hemorrhage.  Neuroradiol Journal  28 (3) :337-340 , 2015.7
6. Miura Isamu, Ujiie Hiroshi, Nakagawa Masanori, Saito Taiichi, Shiono Saori, Okada Yoshikazu:  [A synovial cyst accompanied by asymptomatic lumbar vertebral fracture requiring differentiation from spinal metastasis].  No shinkei geka. Neurological surgery  43 (6) :545-9 , 2015.6
7. 柄武志, 岡本芳晴, 大崎智弘, 吉光喜太郎, 村垣善浩, 伊藤典彦, 東和生, 村端悠介, 今川智敬:  獣医療におけるナビゲーションシステム応用の現状と課題.  日本獣医麻酔外科学雑誌  46 (Suppl 1) :303-303 , 2015.6
8. Aihara Y, Yamaguchi K, Ishikawa T, Kawashima A, Kawamata T, Okada Y:  Early surgical treatment benefits early staged pediatric moyamoya disease--single case report.  Child's Nervous System  28 (3) :322-324 , 2015.6
9. Matsuoka Go
Kubota Yuichi
Okada Yoshikazu:  Delayed cerebral ischemia associated with reversible cerebral vasoconstriction in a patient with Moyamoya disease with intraventricular hemorrhage.  Journal of neuroradiology. Journal de neuroradiologie  28 (3) :322-324 , 2015.6
10. 新田雅之, 村垣善浩, 丸山隆志, 齋藤太一, 小森隆司, 田村学, 生田聡子, 岡田芳和:  初発退形成性神経膠腫150例の長期治療成績 摘出率および分子マーカーと予後との相関.  Brain tumor pathology  32 (Suppl.) :71-71 , 2015.5 Link
全件表示(12件)
その他
1. 平孝臣:  【神経生理学最前線】OCDにおける脳深部刺激(DBS)の効果.  最新精神医学  21 (2) :117-123 , 2016.3
2. 堀澤士郎、平孝臣:  集束超音波治療のメリット・デメリット、将来性 高齢者の本態性振戦の治療として重要な位置を占めると思われる(Q&A).  日本医事新報  144 (8) :1607-1610 , 2016.2
3. 坂本崇、平孝臣:  ジストニアの脳神経外科治療を進めえる場合 内服・ボツリヌス治療で効果が低い例に外科治療を勧める(Q&A).  日本医事速報  (4790) :56-57 , 2016.2
4. 丸山 隆志 :  特集 脳腫瘍―診断と治療(パート1)
【標準治療】 神経膠腫に対する診断と治療.  ライフライン21 がんの先進医療  (20) :14-17 , 2016.1
5. 村垣善浩:  特集1:脳神経外科領域における医療技術
ナビゲータ.  映像情報メディカル  48 (1) :15-62 , 2016.1 Link
6. 山口敏雄、阿部桂一、吉原尚志、秋葉絢子、嶺久美子、堀大樹、堀智勝、笹沼仁一、村垣善浩、平孝臣、渡邊一夫:  本態性振戦に対する経頭蓋MRガイド下集束超音波による視床破壊術の初期経験.  神奈川医学会雑誌  43 (1) :180-180 , 2016.1
7. 丸山,隆志:  脳腫瘍手術の基本となるランドマーク.  Procedural Expertise for Neurosurgery  1 :9-13 , 2015.12
8. 堀澤 士朗, 平 孝臣, 川俣 貴一:  特発性側彎症に脳深部刺激は有効か?.  東京女子医科大学雑誌  85 (6) :231-231 , 2015.12
9. 坂井 信幸, 今村 博敏, 坂井 千秋, 有村 公一, 足立 秀光, 谷 正一, 船津 尭之, 別府 幹也, 武部 軌良, 鈴木 啓太, 奥田 智裕, 松井 雄一, 吉田 泰規, 川端 修平:  【手術手技の基本と応用】 手術手技の基本と応用 脳動脈瘤コイリング.  脳神経外科ジャーナル  24 (12) :833-839 , 2015.12
10. 田村学, 丸山隆志, 村垣善浩:  「覚醒下手術ガイドライン」の解説.  脳神経外科速報  25 (12) :1292-1299 , 2015.12
全件表示(29件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 石川 達也, 山口 浩司, 阿部 圭市, 大村 佳大, 石川 友美, 岡田 芳和, 川俣 貴一:  頸動脈石灰化スコアに基づくCEAとCASの選択.  JNET: Journal of Neuroendovascular Therapy  S267.  (NPO)日本脳神経血管内治療学会,  東京, 2015.11
2. 堀内行雄,平孝臣:  ジストニアの診断と治療.  複合性局所疼痛症候群(CRPS)をもっと知ろう―病態・診断・治療から後遺障害診断まで  112-118.  全日本病院出版会,  日本, 2015.10
3. 佐々木寿之:  末梢神経損傷後の回復過程.  脳神経外科医が知っておくべきニューロサイエンスの知識  142-143.  文光堂,  東京, 2015.10
4. 堀 智勝, 阿部 圭市, 落合 卓, 久保田 有一:  EPCの外科治療 10例の経験.  てんかん研究  494.  (一社)日本てんかん学会,  東京, 2015.9
5. 阿部 圭市, 平 孝臣, 堀 大樹, 山口 敏雄, 笹沼 仁一, 堀 智勝, 渡邉 一夫, 堀澤 士朗, 竹田 信彦, 村垣 善浩:  MRガイド下集束超音波治療の実現と未来.  Neurosonology  121.  (一社)日本脳神経超音波学会,  東京, 2015.6
6. 光山哲滝, 平孝臣:  腕神経叢引抜損傷の脳神経外科治療:適応と有効性.  臨床に役立つ神経障害性痛の理解  189-190.  文光堂,  東京, 2015.5
7. 横山貴、岡田芳和:  脳神経外科術後の検査の進め方.  髄液検査 技術教本  8-18.  丸善出版,  日本, 2015
8. 藍原康雄:  小児科医のための「小児救急」UP DATE 26
事故による頭部打撲のようだ -プライマリ・ケアでできること.  1) 小児科 Pediatric of JAPAN  525-531.  金原出版,  東京、日本, 2015
9. 藍原康雄:  視床視神経膠腫に対する大脳半球間裂アプローチと機能解剖.  2) 第29回 日本微小脳神経外科解剖研究会 講演集  7-9.  日本微小脳神経外科解剖研究会,  日本, 2015
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Shinsuke Sato, Hirotoshi Imamura, Nobuyuki Sakai, Kenichi Todo, Shouichi Tani, Hidemitu Adachi, Osamu Narumi, Chiaki Sakai, Youhei Mineharu, Katunori Asai, Takaaki Morimoto, Teishiki Shibata, Mikiya Beppu, Yuuji Agawa, Kanpei Shimizu, Haruhiko Kikuchi: Intraosseous arteriovenous fistula with multiple shunts from the inflatemporal fossa to the petrosal bone: a case report.  10th Asian Oceanian Congress of Neuroradiology,  Fukuoka,  2016/02
2. ◎EGUCHI Seiichiro, NAKAGAWARA Jyoji, SUGATA Sei, MARUYAMA Daisuke, HAMANO Eika, ORITA Yoji, SATOW Tetsu, KATAOKA Hiroharu, TAKAHASHI Jun: Correlation Between Collateral Circulations, Cerebral Metabolisms and Posterior Cerebral Artery Stenoses Or Occlusions In Moyamoya Disease.  International Stroke Conference 2016,  LA, USA,  2016/02
3. T Funatsu, H Imamura, S Tani, H Adachi, C Sakai, K Arimura, M Beppu, N Takebe, K Suzuki, T Okuda, Y Matsui, Y Yoshida, S Kawabata, N Sakai: A case of thrombosed superior cerebellar artery aneurysm, treated by combined surgical revascularization and endovascular treatment.  10th Asian Oseanian Congress of Neuroradiology,  Fukuoka, Japan,  2015/11
4. Taira Takaomi: DBS vs Lesioning,,How Ido it-RF lesioning.  Central Commissioned Training Programme,  Hong Kong,  2015/10
5. Taira Takaomi: Basics for stereotactic neurosurgery Application of atlases Target selection & How I target (Vim, Vo, STN, GPi).  Central Commissioned Training Programme Stereotactic and Functional Neurosurgery,  Hong Kong,  2015/10
6. TakaomiTaira: History of stereotactic and functional neurosurgery. Central Commissioned Training Programme.  Stereotactic and Functional Neurosurgery,  Hong Kong,  2015/10
7. ◎MURAGAKI Yoshihiro: MICCAI 2015 DTI Challenge.  MICCAI 2015,  German,  2015/10
8. ◎MURAGAKI Yoshihiro: Information-guided surgery using intraoperative MRI and functional
mapping for Gliomas.  WFNS2015,  Roma,Italy,  2015/09
9. ◎KAMATA Kotoe, MORIOKA Nobutada, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, MURAGAKI Yoshihiro, OZAKI Makoto: The effect of single low-dose dexamethasone on blood
glucose concentrations during awake craniotomy
gliomas.  WFNS2015,  Roma,Italy,  2015/09
10. ◎NITTA Masayuki, MARUYAMA Takashi, SAITO Taiichi, OKAMOTO Saori, KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro: Role of extensive surgical resection in prognosis of anaplastic
gliomas.  WFNS2015,  Roma,Italy,  2015/09
全件表示(287件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者