<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 脳神経外科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   川俣 貴一
   清水 俊彦
准教授:
   平 孝臣
   藍原 康雄
講師:
   天野 耕作
   佐々木 寿之
   林 基弘
   比嘉 隆
   丸山 隆志
助教:
   山口 浩司
   阿南 英典
   阿部 圭市
   石井 翔
   石川 達也
   石黒 太一
   伊藤 要
   井上 龍也
   江口 盛一郎
   大城 信行

   大村 佳大
   岡本 沙織
   乙供 大樹
   加藤 宏一
   久保田 有一
   小林 智範
   齋藤 太一
   佐藤 慎祐
   鈴木 咲樹子
   角 真佐武

   竹田 信彦
   竹林 研人
   田村 徳子
   千葉 謙太郎
   都築 俊介
   富永 禎弼
   中本 英俊
   中谷 幸太郎
   新田 雅之
   船津 尭之

   細野 純仁
   堀澤 士朗
   松岡 綾子
   松岡 剛
   宮尾 暁
   望月 悠一
   茂木 陽介
   安田 崇之
■ 概要
脳神経外科
脳神経外科は、中枢神経系(脳・脊髄)と末梢神経系の外科的治療を目的とした科である。当脳神経センターは開設40周年を迎え、初代喜多村教授、2代目高倉教授、3代目堀教授を経て現在に至っている。この間当脳神経センターではCTスキャン、定位的脳神経手術、ガンマナイフ治療、open MRI導入による外科手術、血行再建術を中心とした脳血管障害の外科的治療など常に時代の最先端の医療が推進されてきた。現在は脳腫瘍、機能的疾患、脳血管障害、脊椎・脊髄疾患、小児脳神経疾患など広い分野の脳神経系疾患に対して今まで培われてきた外科手術、血管内治療、ガンマナイフ、化学療法などを有機的に組み合わせ、小児から成人・老人まで、また悪性から良性・機能性疾患までの患者さんに対してGOLを重視した総合的な脳神経系疾患の治療センターを目指している。すばらしい伝統を受け継ぎながら21世紀の脳神経系疾患の治療・研究の先駆的センターとなるべく教室員全員明るく飛躍を期している。関係各位のご理解と学生、若手医師の当脳神経外科教室への参加を期待している。

東京女子医科大学 脳神経外科詳細ページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 0 12 5 1 6  0 6 0 0  39 61  3 13  1 4
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 丸山隆志, 村垣善浩, 新田雅之, 齋藤太一, 田村学, 伊関洋, 川俣貴一:  大脳白質解剖に基づくグリオーマ手術.  脳神経外科ジャーナル  26 (Supplement2) :30-38 , 2017.10
2. FUJII Yu, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, SAITO Kohei, IKUTA Soko, ISEKI Hiroshi, HONGO Kazuhiro, KAWAMATA Takakazu:  Threshold of the extent of resection for WHO Grade III gliomas: retrospective volumetric analysis of 122 cases using intraoperative MRI.  Journal of neurosurgery  :1-9 , 2017.9
3. SAITO Taiichi, SUGIYAMA Kazuhiko, HAMA Seiji, YAMASAKI Fumiyuki, TAKAYASU Takeshi, NOSAKA Ryo., MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, KURISU Kaoru:  Prognostic importance of temozolomide-induced neutropenia in glioblastoma, IDH-wildtype patients.  Neurosurgical review  :**-** , 2017.9
4. MAEDA Masanori, MURAGAKI Yoshihiro, OKAMOTO Jun, YOSHIZAWA Shin, ABE Nobutaka, NAKAMOTO Hidekazu, ISHII Hiroshi, KAWABATA Kenichi, UEMURA Shinichiro, NISHIYAMA, Nobuhiro, KATAOKA Kazunori, ISEKI Hiroshi:  Sonodynamic Therapy Based on Combined Use of Low Dose Administration of Epirubicin-Incorporating Drug Delivery System and Focused Ultrasound.  Ultrasound in medicine & biology  :2295-2301 , 2017.9
5. NOMURA Masashi, MUKASA Akitake, NAGASE Genta, YAMAMOTO Shogo , TATSUNO Kenji , USEDA Hiroki., FUKUDA Shiro , UMEDA Takayoshi , SUZUKI Tomonari , OTANI Ryohei, KOBAYASHI Keiich, MARUYAMA Takashi, TANAKA Shota , TAKAYANAGI Shunsaku , NEJOT akahide, TAKAHASHI Satoshi , ICHIMURA Koichi , NAKAMURA Taishi , MURAGAKI Yoshihiro, NARITA Yoshitaka, NAGANE Motoo , UEKI Keisuke, NISHIKAWA Ryo, SHIBAHARA Junji , ABURATANI Hiroyuki, SAITO Nobuhito:  Distinct molecular profile of diffuse cerebellar gliomas.  Acta neuropathologica  :**-** , 2017.8
6. SUZUKI Akane, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, KOMORI Takashi, IKUTA Soko, KAWAMATA Takakazu, MURAGAKI Yoshihiro:  Modified rapid immunohistochemical staining for intraoperative diagnosis of malignant brain tumors.  Brain Tumor Pathology  :**-** , 2017.8
7. YASUDA Takayuki, NITTA Masayuki, KOMORI Takashi, KOBAYASHI Tatsuya, MASUI Kenta, MARUYAMA Takashi, SAWADA Tatsuo, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu:  Gliosarcoma arising from oligodendroglioma, IDH mutant and 1p/19q codeleted.  Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology  :**-** , 2017.8
8. 吉光喜太郎, 丸山隆志, 伊関洋, 正宗賢, 村垣善浩:  外科手術の迅速意思決定を支援する多次元術中画像とその活用術.  日本コンピュータ外科学会誌  19 (3) :144-146 , 2017.7
9. 丸山隆志:  前頭葉切除を考慮する悪性脳腫瘍の摘出方法.  Procedural Expertise for Neurosurgery  2 :8-15 , 2017.6
10. 岡本淳, 正宗賢, 伊関洋, 村垣善浩:  次世代手術室SCOT(Smart Cyber Operating Theater)の開発.  MEDIX  66 :4-8 , 2017.4
全件表示(14件)
総説及び解説
1. 新田雅之, 小森隆司:  WHO2016脳腫瘍病理分類の概要と課題.  脳神経外科ジャーナル  26 (11) :782-791 , 2017.11 Link
2. 正宗賢, 岡本淳, 南部恭二郎, 田村学, 小西良幸, 堀瀬友貴, 楠田佳緒, 丸山隆志, 生田聡子, 伊関洋, 村垣善浩:  術中の迅速な判断・意思決定を実現するスマート治療室SCOTの更なる展開.  MEDIX  67 :4-7 , 2017.10
3. 田村学, 村垣善浩:  覚醒下手術のいまを知る④
覚醒下手術の実際-運動機能マッピングを中心に-.  脳神経外科速報  27 (10) :1030-1038 , 2017.10
4. 正宗賢,岡本淳, 田村学 ,堀瀬友貴, 小西良幸 ,楠田佳緒 ,生田聡子, 南部恭二郎, 丸山隆志, 伊関洋, 村垣 善浩:  特集2
医用画像&映像の新時代最新テクノロジーがもたらすインパクト
Showcase 医用画像&映像の最新テクノロジー活用の実際
手術戦略デスクで情報を統合管理するスマート治療室.  INNERVISION  36 :52-53 , 2017.7
5. 新田雅之, 村垣善浩:  悪性神経膠腫に対する光線力学的療法.  脊椎脊髄ジャーナル  30 (7) :695-700 , 2017.7
6. 丸山隆志, 新田雅之, 村垣善浩, 川俣貴一:  治療戦略と戦術を中心とした症例報告 
優位半球前頭側頭部の悪性神経膠腫に対する治療戦略と治療の実際.  脳神経外科ジャーナル  26 (7) :538-544 , 2017.7
7. SAITO Taiichi, SUGIYAMA Kazuhiko , HAMA S , YAMASAKI Fumiyuki, TAKAYASU Takeshi , NOSAKA Ryo , ONISHI S, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, KURISU Kaoru:  High Expression of Glypican-1 Predicts Dissemination and Poor Prognosis in Glioblastomas.  World neurosurgery  :282-288 , 2017.6
8. 正宗賢, 岡本淳, 伊関洋, 村垣善浩:  手術室内IoT活用SCOT(Smart Cyber Operating Theater)の取組み.  電気設備学会誌  37 (5) :310-313 , 2017.5
9. 石川達也, 川俣貴一:  内頚動脈狭窄症に対する頚動脈内膜剥離術の適応と治療成績.  Current Therapy  35 (4) :74-79 , 2017
10. 石川達也、川俣貴一:  頚動脈ステント留置術の最前線.  医学のあゆみ  261 (2) :194-195 , 2017
症例報告
1. 橋本哲也*, 金室俊子, 野並裕司, 藍原康雄, 川俣貴一, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治:  腰髄に転移したAtypical teratoid/rhabdoid tumorの髄液細胞診の1例.  日本臨床細胞学会雑誌  :in press , 2017.12
その他
1. 丸山隆志, 中田光俊, 三國信啓, 藤井正純:  入門:覚醒下手術-Post-guideline時代のawake surgery-
特別座談会
覚醒下手術の現状と今後-脳科学の未来を見据えて.  脳神経外科速報  27 (10) :1002-1010 , 2017.10
2. 園田順彦, 丸山隆志:  特集
悪性脳腫瘍
担当.  脳神経外科ジャーナル  36 (9) :643-643 , 2017.9
3. 村垣善浩, 吉光喜太郎:  総特集 手術室が新しくなければいけない理由 最新鋭のスマート治療室が提供する安心治療と高精度意思決定.  新医療  44 (5) :32-35 , 2017.5
4. 村垣善浩:  次世代手術システム「スマート治療室」脳神経外科手術室を”1つの医療機器”に変革.  日医工ジャーナル  43 (400) :9-10 , 2017.5
5. 大西俊平, 山崎文之 , 齋藤太一, 高安武志, 野坂亮, 吉廣正子, 村垣善浩, 栗栖薫:  脳腫瘍手術における術中フローサイトメトリー.  廣島医学  70 (4) :191-192 , 2017.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 村垣善浩, 秋元治朗, 佐藤,俊一俊一, 丸山隆志, 黒岩敏彦, 松村明, 金子貞夫, 伊関洋, 嘉山孝正:  原発性悪性脳腫瘍患者に対しるPDTトレーニング講習会.  PDT実践ガイド
-光線力学的療法の最新エビデンス-  169-177.  メディカルレビュー社,  東京都, 2017.10
2. 齋藤太一, 丸山隆志, 村垣善浩, 伊関洋:  ◆1 インテリジェント手術室 Smart cyber operating theater(SCOT)への展開.  脳神経外科速報2017年臨時増刊
必ず知っておきたい
脳血管外科 手術器具&機器  194-203.  メディカ出版,  大阪府, 2017.10
3. 丸山隆志:  ⑦頭蓋内圧亢進症状 −速やかに症状の緩和を図るとともに、原因である脳転移に対する処置を行う−.  乳がん薬物療法副作用マネジメント プロのコツ  338-341.  メディカルビュー社,  東京都, 2017.9 Link
4. 江口盛一郎:  45.全身性炎症反応症候群(SIRS).  ブレインナーシング2017年夏季増刊 脳神経疾患の病態生理ビジュアル大事典  60-61.  MCメディカ出版,  大阪市, 2017.8
5. 江口盛一郎:  47.DIC(播種性血管内凝固症候群).  ブレインナーシング2017年夏季増刊 決定版脳神経疾患の病態生理ビジュアル大事典  63-64.  MCメディカ出版,  大阪市, 2017.8
6. 劉美憬, 山口浩司, 川俣貴一:  High grade AVMに対するmultimodal treatment.  新NS NOW10 脳動静脈奇形治療のこれまでとこれから  162-171.  MEDICAL VIEW,  東京都, 日本, 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Ryu Bikei: Extremely rare persistent primitive artery passing through the jugular foramen with symptomatic ipsilateral carotid artery stenosis.  WFITN 14th,  Budapest, Hungary,  2017/10
2. ◎MURAGAKI Yoshihiro, NITTA Masayuki, MARUYAMA Takashi, IKUTA Soko, SAITO Taiichi, YASUDA Takayuki, HOSONO Junji, KAWAMATA Takakazu, ISEKI Hiroshi: Photodynamic Therapy for malignant brain tumor: clinical trials and results.  17th Annual Congress Korean Photodynamic Association,  Seoul,South Korea,  2017/09
3. ◎FUJII Yu, MURAGAKI Yoshihiro, MARUYAMA Takashi, NITTA Masayuki, SAITO Taiichi, IKUTA Soko, ISEKI Hiroshi, HONGO Kazuhiro, KAWAMATA Takakazu: Retrospective volumetric analysis using intraoperative MR imaging for 122 WHO grade III gliomas: Threshold of the extent of resection.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
4. ◎HORISE Yuki, OKAMOTO Jun, YOSHIMITSU Kitaro , MASAMUNE Ken, MURAGAKI Yoshihiro: Robotic Surgical Microscope for Neurosurgery.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
5. ◎TAMURA Manabu, MARUYAMA Takashi, MANGIN Jean François , SATO Ikuma, NITTA Masayuki, TAKAKURA Tomokazu , YOSHIMITSU Kitaro , KONISHI Yoshiyuki, OKAMOTO Jun, IKUTA Soko, MASAMUNE Ken, KAWAMATA Takakazu, ISEKI Hiroshi, MURAGAKI Yoshihiro: Role of preoperative DTI tractography for surgical management of gliomas.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
6. ◎HONGO Kazuhiro , GOTO Tetsuya , FUJII Yu, OKAMOTO Jun, MURAGAKI Yoshihiro, MUKUMOTO Go , OKUDA Hideki: Smart Cyber Operation Theater (SCOT): Surgery managed under judgement of the"Strategy Desk".  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
7. ◎NAGAI,Tomohiro, SATO Ikuma, NOGUCHI Tomotaka, FUJINO Yuichi , YAMADA Hiroyuki, YOSHIMITSU Kitaro , MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken: Proposal for identification and modeling of surgical processes using pre-operative and intra-operative information in awake surgery for glioma.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
8. ◎NOGUCHI Tomotaka, SATO Ikuma, NAGAI Tomohiro, FUJINO Yuichi, YAMADA Hiroyuki, SUZUKI Takashi, TAMURA Manabu, MURAGAKI Yoshihiro, MASAMUNE Ken: A surgical navigation system using sulci recognition and diffusion tensor images in glioma surgery.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
9. ◎OKAMOTO Jun, MUKUMOTO Go , OKUDA Hideki , MASAMUNE Ken, ISEKI Hiroshi, MURAGAKI Yoshihiro: Development of the Surgical strategy desk for decision-making support during glioma surgery.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
10. ◎GOTO Tetsuya, OGIWARA T , HONGO Kazuhiro , OKAMOTO Jun, FUJII Yu, MURAGAKI Yoshihiro: The possibility and feasibility of an ultrasonic microdissector.  CARS2017,  Barcelona,Spain,  2017/06
全件表示(121件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者