<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 実験動物中央施設
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


助教:
   上芝 秀博
■ 概要
実験動物中央施設
本学における研究、教育に必要な実験動物の管理を中央化し、動物実験の遂行を円滑にすることを目的とする。

○ 本施設は次の業務部門よりなる。
(1)飼育管理部門:
本施設使用者の動物実験計画にもとづき実験動物の確保、適切な飼育管理、廃棄物の処理などの業務を行う。
(2)動物供給部門:
本施設内での自家生産動物の供給、および特殊動物の手配、供給に関する業務を行う。
(3)情報研究部門:
実験動物に関する研究、および情報の収集を行い、本学における動物実験の質的向上をはかるとともに随時広報活動を行う。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. Hiraku Sasaki, Hidehiro Ueshiba, Eiichi Kawamoto, Ron Boot:  [Pasteurella] pneumotropica as a Potential Mouse Infection Model for Assessment of Substantial Opportunistic Bacterial Infections.  International Journal of Clinical & Medical Microbiology  1 :115-116 , 2016
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎有村健, 近藤光子, 佐藤昭寿, 厚美慶英, 志々目修, 原裕子, 原香織, 溝渕莉恵, 落合克律, 上芝秀博, 武山廉, 多賀谷悦子, 玉置淳: 凍結(Cryo)生検の有用性の検討.  第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  名古屋,  2016/06
2. ◎有村健, 近藤光子, 厚美慶英, 佐藤昭寿, 志々目修, 三田祐実子, 藤本紗代, 武山廉, 多賀谷悦子, 上芝秀博, 玉置淳: Cryo生検の有用性と安全性の検討.  第56回日本呼吸器学会学術講演会,  京都,  2016/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者