<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 実験動物中央施設
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


教授:
   本田 浩章
助教:
   上芝 秀博
■ 概要
実験動物中央施設
本学における研究、教育に必要な実験動物の管理を中央化し、動物実験の遂行を円滑にすることを目的とする。

○ 本施設は次の業務部門よりなる。
(1)飼育管理部門:
本施設使用者の動物実験計画にもとづき実験動物の確保、適切な飼育管理、廃棄物の処理などの業務を行う。
(2)動物供給部門:
本施設内での自家生産動物の供給、および特殊動物の手配、供給に関する業務を行う。
(3)情報研究部門:
実験動物に関する研究、および情報の収集を行い、本学における動物実験の質的向上をはかるとともに随時広報活動を行う。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Eiichi Kawamoto, Hiraku Sasaki, Takao Kanai, Hidehiro Ueshiba:  Experimental Contact Infection of NOD/ShiJic-scid Mice with Pasteurella pneumotropica.  SOJ Microbiology & Infectious Diseases  5 (1) :1-6 , 2017.4
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者