<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 母子総合医療センター
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   小川 正樹
   楠田 聡
准教授:
   内山 温
講師:
   石谷 健
   中西 秀彦
助教:
   戸津 五月
   石田 宗司
   今井 憲
   大野 秀子
   小平 賢介
   小保内 俊雅
   菅 彩子
   小濱 雅則
   金野 潤
   首里 京子

   鈴木 志帆
   竹下 暁子
   土山 史佳
   西田 俊彦
   橋本 誠司
   増本 健一
   山崎 千佳
■ 概要
当センターはハイリスク妊婦および新生児の高度専門医療を24時間体制で実践するところです。そのため、母体・胎児集中治療室(MFICU)と新生児集中治療室(NICU)を、それぞれ、9床および15床備えています。さらにこれらの集中治療室の後方病床も整備されています。また、国の周産期医療対策整備事業に則り、総合周産期母子医療センターに東京都から認定されています。そして、東京都外も含め、多くの母体および新生児の紹介入院を受け入れています。当センターの最大の特色は、母体および新生児の全ての疾患および合併症に対応できることです。これは東京女子医科大学病院のメディカルセンターとしての機能を最大限に活かしたもので、全国でも類を見ない機能を備えた周産期センターです。特に母体に糖尿病、腎疾患、膠原病、心疾患等を合併した症例数はわが国でトップクラスです。また、その予後も他施設に比べ良好で、その優秀さが海外の教科書に紹介されたことがあります。

さらなる特色としては、MFICU、NICUとも多くの医療機器が所狭しと並んでいますが、実践している医療は「人のこころ」を基本としているところです。母体と新生児をケアするセンターとして特に配慮している点です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  9 8  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Watanabe M, Matsuo M, Ogawa M, Uchiyama T, Shimizu S, Iwasaki N, Yamauchi A, Urano M, Numabe H, Saito K:  Genetic counseling for couples seeking noninvasive prenatal testing in Japan: experiences of pregnant women and their partners.  Journal of Genetic Counseling  26 :628-639 , 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎秋澤叔香, 藤間千尋, 堀部悠, 永田怜子, 鈴木優人, 小平賢介, 菅野俊幸, 高橋伸子, 宮川敦子, 中林章, 山本智子, 橋本和法, 長嶋洋治, 松井英雄: Clear cell borderline adenofibromaが由来と推定される卵巣明細胞腺癌の2例.  第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会,  熊本,  2017/07
2. ◎増本健一, 石井徹子, 朴仁三: 高肺血流型先天性心疾患に対し低酸素換気療法を行った極低出生体重児の発達予後.  第53回日本小児循環器学会総会・学術集会,  静岡県浜松市,  2017/07
3. ◎石井徹子, 増本健一, 朴仁三: 心疾患合併極低出生体重時の予後.  第53回日本小児循環器学会総会・学術集会,  静岡県浜松市,  2017/07
4. ◎村田周子, 金野潤, 尹大埈, 鈴木優人, 堀部悠, 金沢純子, 鈴木志帆, 橋本誠司, 小川正樹, 松井英雄: 妊娠初期より性器出血が持続した絨毛膜下血種症例の周産期予後.  第133回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会,  東京,  2017/06
5. ◎小川正樹: ACHD妊娠出産症例の現状と問題点.  第16回成人先天性心疾患セミナー,  東京都,  2017/06
6. ◎小川正樹: 母体搬送システムにおける諸問題.  第33回東京産婦人科医会・東京産科婦人科学会合同研修会並びに第382回東京産科婦人科学会例会,  東京都,  2017/05
7. ◎長谷川三希子, 内尾優, 後藤圭介, 志真奈緒子, 今井憲, 内山温, 楠田聡, 猪飼哲夫: 新生児集中治療室管理を要したハイリスク児の予後予測についてー退院時頭部MRIと運動機能獲得時期からの検討ー.  第52回日本理学療法学術大会,  千葉,  2017/05
8. ◎内尾優, 長谷川三希子, 猪飼哲夫, 楠田聡, 内山温, 藤本泰成, 新田收: 超低出生体重児の自発運動の特徴と新生児枕による即時的影響.  第52回日本理学療法学術大会,  千葉,  2017/05
9. ◎高橋伸子, 藤間千尋, 尹大埈, 堀部悠, 鈴木優人, 小平賢介, 菅野俊幸, 秋澤叔香, 橋本和法, 松井英雄: 更年期不定愁訴に対する漢方エキス製剤の治療効果判定にCES-D,SMIを用いた6例.  第69回日本産科婦人科学会学術講演会,  広島,  2017/04
10. ◎小平賢介, 秋澤叔香, 藤間千尋, 堀部悠, 菅野俊幸, 高橋伸子, 橋本和法, 松井英雄: 当科における骨盤内膿瘍に対するCTガイド下ドレナージ術施行症例の治療成績.  第69回日本産科婦人科学会学術講演会,  広島,  2017/04
全件表示(17件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者