(最終更新日:2020-11-20 17:53:50)
  イワサキ マサユキ   IWASAKI Masayuki
  岩崎 正幸
   所属   研究施設 研究施設  実験動物研究所
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  MLL遺伝子再構成陽性急性骨髄性白血病幹細胞におけるCD93の発現「血液内科」 2017
2. 部分執筆  「NUP98-HOXA9」「モデル動物利用マニュアル 疾患モデルの作製と利用・・・がん」 2012
3. 部分執筆  白血病発症 NUP98/HOXA9トランスジェニックマウス, Mebio 2004/08
4. 部分執筆  【キメラ遺伝子と病理診断】NUP98キメラ:ヒト疾患とマウスモデル「病理と臨床」 2003/06
■ 学術雑誌
1. 原著  High-efficiency CRISPR induction of t(9;11) chromosomal translocations and acute leukemias in human blood stem cells. 2019/10
2. 原著  MicroRNA-127-3p controls murine hematopoietic stem cell maintenance by limiting differentiation. 2019
3. 原著  MLL leukemia induction by t(9;11) chromosomal translocation in human hematopoietic stem cells using genome editing. 2018/04
4. 原著  CD93 Marks a Non-Quiescent Human Leukemia Stem Cell Population and Is Required for Development of MLL-Rearranged Acute Myeloid Leukemia. 2015/10
5. 原著  Comparative genomics reveals multistep pathogenesis of E2A-PBX1 acute lymphoblastic leukemia. 2015/09
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. HOX関連白血病幹細胞における15-PGDHの役割 (口頭発表,一般) 2019/10
2. Essential non-canonical role for 15-PGDH in MLL-rearranged AML stem cells (口頭発表,一般) 2019/09
3. MLL遺伝子再構成を伴う急性骨髄性白血病幹細胞における15-PGDHの役割 (口頭発表,一般) 2017/10
4. CD93 marks and maintains non-quiescent human leukemia stem cells in MLL-rearranged AML (口頭発表,一般) 2016/10
5. t(7;11)AML原因遺伝子NUP98-HOXA9の協調遺伝子の解析 (口頭発表,一般) 2003/08
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  HOX関連白血病における15-PGDHによる白血病幹細胞制御機構の解明 基盤研究(B)(一般) 
■ 現在の専門分野
病態医化学, 血液、腫瘍内科学 (キーワード:白血病幹細胞) 
■ 受賞学術賞
1. 2016/11 公益信託 日本白血病研究基金 公益信託 日本白血病研究基金 一般研究賞受賞
■ 所属学会
1. 日本癌学会
2. 日本血液学会
■ 学歴
1. 大阪大学 医学研究科 博士課程修了 医学博士