(最終更新日:2020-11-20 17:47:25)
  セラ ヤスユキ   Sera Yasuyuki
  世良 康如
   所属   研究施設 研究施設  実験動物研究所
   職種   助教
■ 著書
1. 部分執筆  【造血器腫瘍の進展・難治化のメカニズム】疾患モデルマウスによるCML急性転化の分子機構の解析「血液内科」 2019/12
■ 学術雑誌
1. 原著  Kdm6a deficiency activates inflammatory pathways, promotes M2 macrophage polarization, and causes bladder cancer in cooperation with p53 dysfunction. 2020
2. 原著  Expression of mutant Asxl1 perturbs hematopoiesis and promotes susceptibility to leukemic transformation. 2018/06
3. 原著  Acquired expression of CblQ367P in mice induces dysplastic myelopoiesis mimicking chronic myelomonocytic leukemia. 2017
4. 原著  ALKR1275Q perturbs extracellular matrix, enhances cell invasion, and leads to the development of neuroblastoma in cooperation with MYCN. 2016
5. 原著  Identification of cooperative genes for E2A-PBX1 to develop acute lymphoblastic leukemia. 2016
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  B細胞制御機構と自己免疫疾患発症におけるヒストン脱メチル化酵素UTXの役割 若手研究 
2. 2018/04~2019/03  ヒストン脱メチル化酵素UTXが制御する老化関連遺伝子群とMDS関連遺伝子群の解析 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2017/04~2019/03  造血幹細胞老化におけるヒストンH3K27脱メチル化酵素UTXの機能解析 特別研究員奨励費 
■ 現在の専門分野
実験動物学, 血液内科学, 腫瘍生物学 (キーワード:エピジェネティクス) 
■ 所属学会
1. 日本血液学会
■ 学歴
1. 2014/10~2017/09 広島大学 博士課程修了 医学