(最終更新日:2020-02-12 15:31:38)
  カラサワ クミコ   Karasawa Kumiko
  唐澤 久美子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  放射線腫瘍科
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 編集・監修  画像診断・放射線治療ビジュアルナーシング「画像診断・放射線治療ビジュアルナーシング」 2019/07/28
2. 部分執筆  放射線治療の有害事象予防「画像診断・放射線治療ビジュアルナーシング」 2019/07/28
3. 部分執筆  放射線診療における放射線被ばくについて「画像診断・放射線治療ビジュアルナーシング」 2019/07/28
4. 編集・監修  放射線治療情報BOOK2018「放射線治療情報BOOK2018」 2018/10/10
5. 編集・監修  放射線治療情報BOOK2017「放射線治療情報BOOK2017」 2017/11/15
全件表示(37件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Prediction of radiation‐induced malfunction for cardiac implantable electronic devices (CIEDs) 2020/01/31
2. 原著  ML-EM algorithm for dose estimation using PET in proton therapy. 2019/09
3. 原著  A Phase 1/2 Study of Carbon Ion Radiation Therapy With Concurrent Chemotherapy for Locally Advanced Uterine Cervical Squamous Cell Carcinoma (Protocol 1302). 2019/07/01
4. 総説  放射線治療の最前線 2019/07
5. 原著  A Phase I clinical trial of carbon ion radiotherapy for Stage I breast cancer: clinical and pathological evaluation. 2019/05/01
全件表示(127件)
■ 学会発表
1. 口腔粘膜炎の適切な管理を目指して(JASCC-JAOSCC合同の粘膜炎の手引きについて) (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/12/01
2. 早期乳癌に対する重粒子線治療の臨床試験経過 (ポスター,一般) 2019/11/21
3. 陽子線治療における照射線量領域リアルタイムモニタリング (口頭発表,一般) 2019/11/21
4. 乳房全切除後の再建乳房に対する放射線治療法の初期経験 (口頭発表,一般) 2019/11
5. 肺癌に対する体幹部定位放射線治療後の症候性放射線肺炎における危険因子の検討 (口頭発表,一般) 2019/11
全件表示(132件)
■ 資格・免許
1. 2013/01 日本放射線腫瘍学会/日本医学放射線学会 放射線科専門医制度 研修指導者(RO6324号)
2. 2011/03 日本放射線腫瘍学会/日本医学放射線学会共同認定 放射線治療専門医(RO6324号)
3. 2008/10 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(7201017号)
4. 2008/01 日本食道学会 食道科認定医(117号)
5. 2007/04 日本がん治療認定医機構 暫定教育医(72405号)
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2014/09 雑誌記事(週刊朝日)乳がんに対する重粒子線治療
2. 2014/08 雑誌記事(いきいき)乳がんの重粒子線治療
3. 2014/04~ 雑誌記事(ロハス・メデイカル)HIMAC20年医療の放射線が分かる 月刊連載
4. 2013/11 新聞記事(読売新聞)朝刊18面 医療ルネサンス 続・乳がんの最新治療
5. 2013/08 雑誌記事(婦人画報)重粒子線がん治療
全件表示(25件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2018/04/01~ 学校法人 東京女子医科大学 医学部長 理事
2. 2014~ 国際重粒子線がん治療研修コース 講師
3. 2013/04~ 千葉大学大学院 看護研究科 がん放射線治療に関する講義
4. 2012/04~ 静岡県立静岡がんセンター 認定看護師教育課程 がん放射線療法看護分野 講義
5. 2011/08~ 立教大学 理学研究科 院生 医学教育、研究支援
全件表示(12件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018~2020  高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究 厚生労働科学研究費補助金 
2. 2018~2020  早期乳癌に対し腫瘍非切除で炭素イオン線治療を行う治療法の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金基盤研究(C) 
3. 2013~2015  炭素イオン線による新しい乳癌治療法開発のための基礎研究 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C) 
4. 2012/01~  リンパ節再発に対する重粒子線治療の有用性に関する研究  
5. 2011/07~  アジア諸国における放射線療法の最適化に対する研究(アジア地域国際共同研究Forum for Nuclear Cooperation in Asia: FNCA) アジア地域国際共同研究 
全件表示(35件)
■ 講師・講演
1. 2020/01/18 人生100年時代のがん治療(東京大学医科学研究所 講堂)
2. 2019/07/30 頭頸部放射線治療にともなう口腔粘膜炎について
3. 2019/07/28 「乳がんと言われたら!」「乳房再建の今!」
4. 2019/03/24 放射線はがんを治す
5. 2019/02/02 乳癌の治療についてー放射線治療の最新情報を含めてー
全件表示(29件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/06/22~ 文部科学省 国立大学法人分科会 国立大学法人評価委員会 国立大学法人評価委員会専門委員
2. 2016/04/04~ 原子力規制委員会 放射線審議会委員
3. 2011/07~ 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院 薬事委員、QA/QC委員、PACS委員、治療精度WG委員
4. 2008/04~2011/06 順天堂大学医学部附属順天堂医院 がん治療センター運営委員、化学療法室小委員会委員、がんプロフェッショナル養成プラン運営委員
5. 2007/04~2011/06 順天堂大学医学部附属順天堂医院 診療委員会委員
全件表示(9件)
■ 現在の専門分野
放射線腫瘍学 (キーワード:放射線腫瘍学) 
■ 受賞学術賞
1. 2014/08 第15回乳癌最新情報カンファランス 優秀演題賞受賞 (早期乳癌に対する重粒子線治療の初期成績)
2. 2013/08 FNCA Radiation Oncology Medical Women’s International Association,Award of Excellence 受賞
3. 2013/04 日本医学放射線学会 金賞 (The inspection of radiation induced malignancy ―in the cases of post operative radiotherapy for breast cancer)
■ 所属学会
1. 2013/04 日本乳房オンコプラステックサージェリー学会
2. 2010/04 European Society for Radiation Oncology
3. 2009/03~ 医学物理士認定機構
4. 2009/03~2013/02 ∟ 評議員
5. 2009/03~ ∟ 試験委員
全件表示(43件)
■ 学歴
1. 1986/10~1987/07 スイス国立核物理国立核物理研究所粒子線治療部門留学 留学
2. 1980/04~1986/03 東京女子医科大学 医学部 卒業 医学博士
3. 1975/04~1978/03 東京都私立成蹊高校 卒業
■ 職歴
1. 2018/04~2020/03 学校法人 東京女子医科大学 医学部長
2. 2013/04~2014 立教大学 理学研究科 客員教授
3. 2013/04~2014 千葉大学大学院 看護研究科 兼任講師
4. 2012/07~2014 東京女子医科大学東医療センター 放射線科 非常勤講師
5. 2011/07~2014 順天堂大学 放射線医学講座 大学院医学研究科放射線医学 客員准教授
全件表示(16件)