(最終更新日:2020-08-20 15:46:54)
  タキタ モリチカ   Morichika Takita
  瀧田 守親
   所属   医学部 医学科  薬理学
   職種   助教
■ 著書
1. 全体執筆  骨転移ニッチによるがんの骨転移と骨病変「東京女子医科大学雑誌」 2017/08 Link
2. 全体執筆  がんの臓器特異的転移を決定する転移ニッチ「医学のあゆみ 258巻1号」 2016/07 Link
■ 学術雑誌
1. 原著  Lung Tumor Cell Recruitment Assay. 2019/02 Link
2. 原著  C1D is not directly involved in the repair of UV-damaged DNA but protects cells from oxidative stress by regulating gene expressions in human cell lines. 2018/08 Link
3. 原著  Paradoxical counteraction by imatinib against cell death in myeloid progenitor 32D cells expressing p210BCR-ABL. 2018/08 Link
4. 原著  Direct Melanoma Cell Contact Induces Stromal Cell Autocrine Prostaglandin E2-EP4 Receptor Signaling That Drives Tumor Growth, Angiogenesis, and Metastasis. 2015/10 Link
5. 原著  Drug Targeting Based on a New Concept-Targeting Against TLR4 as an Example. 2015 Link
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. マウス骨髄前駆細胞32DにおけるP210BCR-ABL発現による細胞死の誘導と好中球への分化亢進 (ポスター,一般) 2015/07/11
2. 癌の転移と腫瘍血管形成におけるプロスタグランジンEの関与 (口頭発表,一般) 2011/07/30
3. 乳癌の浸潤とマトリックス分解におけるプロスタグランジンEの役割 (口頭発表,一般) 2011/07/28
■ 資格・免許
1. 1999/04 薬剤師免許
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/08~  がんの増殖と全身性転移におけるレクチン様酸化LDL受容体-1とPellino-1の役割 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2015/04~2017/03  ホップ由来プレニル化フラボノイドによるがん転移抑制と創薬展開 挑戦的萌芽研究 
3. 2012/04~2015/03  癌の転移におけるC1Dの役割解明と創薬展開 若手研究(B) (キーワード:タンパク質分解、C1D、ヌクレオソーム、IL-8転写、転移)
■ 現在の専門分野
Tumor biology, Tumor therapeutics, Cell biology (キーワード:がん転移、がん転移前ニッチ、がん微小環境) 
■ 学歴
1. 2004/04~2007/03 東京農工大学大学院 工学府 生命工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
2. 1999/04~2001/03 東京薬科大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 修士課程修了 修士