(最終更新日:2021-09-22 13:46:34)
  タカハシ ヒロノブ   TAKAHASHI Hironobu
  高橋 宏信
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  Intelligent Surfaces for Cell Sheet Engineering, Principles of Regenerative Medicine 2019/08 Link
2. 部分執筆  骨格筋研究を核とした筋スマート社会「骨格筋組織の再生を実現するための細胞シート工学技術 -配向制御,血管網付与,張力測定-」 2019/06/14 Link
3. 編集・監修  「細胞社会学」 2016/09
4. 部分執筆  Sociocytology Illuminated by Reconstructing Functional Tissue with Cell Sheet Based Technology, Hyper Bio Assembler for 3D Cellular Systems 2015/07 Link
5. 部分執筆  細胞シート工学で実現する組織再生技術の新展開「再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線」 2015/02
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Simulated microgravity accelerates aging of human skeletal muscle myoblasts at the single cell level 2021/11/12
2. その他  藻類と動物細胞を用いた持続可能な培養肉生産システム開発への取り組み 2021/07 Link
3. 原著  Terminal cationization of poly(N-isopropylacrylamide) brush surfaces facilitates efficient thermoresponsive control of cell adhesion and detachment. 2021/06
4. 原著  Enhanced mechanical properties and cell separation with thermal control of PIPAAm-brushed polymer-blend microfibers. 2020/07
5. 総説  Thermally-triggered fabrication of cell sheets for tissue engineering and regenerative medicine. 2019/01
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. 創薬モデルとしての活用を目指した骨格筋組織の収縮力測定と薬剤反応性評価 (口頭発表,一般) 2021/03/11
2. 単収縮および強縮による運動負荷がヒト骨格筋組織の成長に及ぼす影響 (口頭発表,一般) 2020/05/18
3. フィブリンゲルを用いて作製した骨格筋組織の筋損傷モデルとしての応用を目指した基礎検討 (ポスター,一般) 2019/11
4. 電気刺激による収縮運動負荷が骨格筋組織の成熟化に及ぼす影響 (口頭発表,一般) 2019/11
5. Engineering myofiber constructs for studies of skeletal muscle physiology (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/10/17
全件表示(102件)
■ 現在の専門分野
生体医工学, 複合材料、界面, 生体化学 (キーワード:組織工学、再生医療、バイオマテリアル) 
■ 受賞学術賞
1. 2016/11 日本バイオマテリアル学会 日本バイオマテリアル学会 科学奨励賞 (3次元組織の配向制御技術の開発と生体模倣組織構築への応用)
2. 2014/01 第23回インテリジェント材料・システムシンポジウム 高木賞
3. 2012/06 World Biomaterials Congress Poster Award
■ 学歴
1. 2003/04~2006/03 九州大学大学院 工学府 材料物性工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 2018/03~ 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 講師