(最終更新日:2019-04-22 15:09:20)
  クスダ サトシ   Kusuda Satoshi
  楠田 聡
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  母子総合医療センター
   職種   教授
■ 著書
1. 翻訳  A Child is Born 赤ちゃんの誕生「A Child is Born 赤ちゃんの誕生」 2016/03
2. 編集・監修  ハイリスク児のフォローアップ「新生児集中治療 クリニカルプラクティス」 2014/08
3. 編集・監修  「RSウイルス感染症×パリビズマブ DATA BOOK」 2014/01
4. 編集・監修  「NICU必携マニュアル」 2012/11
■ 学術雑誌
1. 原著  修正1ヵ月における超低出生体重児と正規産児の上肢自発運動の比較 2018/12 Link
2. 原著  極低出生体重児における定頸獲得時期の検討 2017/12
3. その他  【周産期医学必修知識第8版】 資料統計・用語編 母子保健統計(解説/特集) 2016/12
4. 原著  ミルクアレルギーを発症し、栄養管理に苦慮した乳児腹膜透析患児の1例 2016/08
5. その他  助産師集中講座 妊娠中の血糖コントロール 基本の"き"がわかる 糖代謝異常母体から出生した新生児のケア(解説) 2016/08
6. 総説  目で見る胎児・新生児の病態 未熟児網膜症(図説) 2016/08
7. 症例報告  ラスブリカーゼが一過性骨髄異常増殖症の高尿酸血症に著効したダウン症候群の早産児例 2016/06
8. その他  [近未来の呼吸器疾患治療]COPD病態に発展する気管支肺異形成(BPD)の問題(解説/特集) 2016/05
9. 総説  【近未来の呼吸器疾患治療】 COPD病態に発展する気管支肺異形成(BPD)の問題(解説/特集) 2016/05
10. 総説  【周産期と死亡を考える】 新生児死亡の地域格差を考える(解説/特集) 2016/03
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. 極低出生体重児における定頚獲得時期の検討 (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/07/08
2. 脳性麻痺児の重症度と早期の運動獲得時期との関連 (ポスター,一般) 2017/07/18
3. 新生児集中治療室管理を要したハイリスク児の予後予測についてー退院時頭部MRIと運動機能獲得時期からの検討ー (口頭発表,一般) 2017/05/12
4. 超低出生体重児の自発運動の特徴と新生児枕による即時的影響 (ポスター,一般) 2017/05/12
5. 極低出生体重児で出生した先天性強直性ジストロフィーの理学療法の経験 (ポスター,一般) 2017/02/17
6. 人工呼吸器管理を要する重症児の在宅移行において親の自己決定を重視し理学療法介入した1例 (ポスター,一般) 2017/02/17
7. 早産児における新生児遷延性肺高血圧症が慢性肺疾患の短期・長期予後に及ぼす影響(会議録) (口頭発表,一般) 2016/12/16
8. 2003-2012年における32週以下早産児の予後の年次推移とその背景因子 周産期母子医療センターネットワークデータベースを用いた検討 (ポスター,一般) 2016/12/02
9. 極低出生体重児の自発運動の特徴 (ポスター,一般) 2016/12/02
10. 周産期に診断困難であった先天性心臓腫瘍の早産児例(会議録) (ポスター,一般) 2016/12/02
全件表示(53件)
■ researchmap研究者コード
50372983