(最終更新日:2019-08-07 12:44:47)
  マル ヨシロウ
  丸 義朗
   所属   医学部 医学科  薬理学
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  悪性腫瘍の最先端(4)分子標的薬「東京女子医科大学雑誌」 2018/12
2. 部分執筆  【自然免疫の最前線】 自然免疫系による疾患の誘導と制御 がん転移と自然免疫「医学のあゆみ」 2018/06
3. 部分執筆  がん転移と自然免疫「自然免疫の最前線」 2018/06
4. 部分執筆  Imatinib: Basic Results, Chemotherapy for Leukemia Novel Drugs and Treatment 2017/04
5. 部分執筆  ステロイドの作用機序「小児科診療」 2017/04
全件表示(34件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Roles of EphA1/A2 and ephrin-A1 in cancer 2019/03
2. 原著  Lung Tumor Cell Recruitment Assay. 2019/02
3. 原著  C1D is not directly involved in the repair of UV-damaged DNA but protects cells from oxidative stress by regulating gene expressions in human cell lines. 2018/08
4. 原著  Paradoxical counteraction by imatinib against cell death in myeloid progenitor 32D cells expressing p210BCR-ABL 2018/08 Link
5. 原著  Hepato-entrained B220+CD11c+NK1.1+ cells regulate pre-metastatic niche formation in the lung 2018/07
全件表示(44件)
■ 学会発表
1. Selective autophagy eliminates ALS-related mutant SOD1 protein in cultured microglia (ポスター,一般) 2018/09/25
2. アウトカム基盤型カリキュラムにおけるコンピテンスの学生自己評価を通した医学教育プログラムの評価 (口頭発表,一般) 2018/08/25
3. ミクログリアにおけるALS関連変異SOD1蛋白の除去機構の解明 (口頭発表,一般) 2017/11/04
4. ミクログリアにおけるALS関連変異SOD1蛋白の分解機構 (ポスター,一般) 2017/04/27
5. Prolyl isomerase Pin1 promotes degradation of chronic myeloid leukemia oncoprotein, BCR-ABL (ポスター,一般) 2017/03/17
全件表示(55件)
■ 資格・免許
1. 1983/05/30 医師免許
■ 講師・講演
1. 2016/11/05 自然炎症の破綻と癌転移(東京, 日本)
2. 2016/10/24 炎症とがん転移(東京, 日本)
3. 2016/05/05 Eph receptors a historical overview(Parma, Italy)
4. 2016/03/24 転移なければ虎も猫(東京, 日本)
5. 2014/12 Inflammation and metastatic microenvironment.(京都, 日本)
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 日本薬理学会
2. 日本内科学会
3. 日本血液学会
4. 日本癌学会
5. アメリカ細菌学会
全件表示(6件)
■ 学歴
1. 1977/04~1983/03 東京大学 医学部 医学科 卒業
2. 1989/05/24
(学位取得)
東京大学 医学博士
■ 職歴
1. 1983/04~1985/05 国家公務員共済組合連合会虎の門病院 内科 レジデント
2. 1985/06~1989/05 東京大学医学部附属病院 第3内科血液グループ 医員
3. 1989/06~1993/03 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ハワードヒューズ医学研究所
4. 1993/04~1996/07 東京大学医科学研究所 細胞遺伝学研究部 助手
5. 1996/08~2002/03 東京大学医科学研究所 腫瘍抑制研究分野 助教授
全件表示(8件)