(最終更新日:2020-08-06 16:13:41)
  ヒラサワ キヨウコ
  平澤 恭子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  小児科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  第2章 子どもの身体発育と生理機能の発達
(1)身体発育と保健
(2)生理機能の発達と保健
(3)運動機能の発達
(4)精神機能の発達
(5)成長と発達「保育者・養護教諭を目指す人のための
子どもの保健
〜健康と安全〜」 2018/11
2. 部分執筆  第2章 子どもの発育・発達「保育者・養護教諭ウを目指す人のための子どもの保健Ⅰ・Ⅱ」 2016/01/21
3. 編集・監修  ハイリスク児のフォローアップ「新生児集中治療 クリニカルプラクティス」 2014/08
4. 部分執筆  染色体異常症:1p36欠失症候群(1p36 deletion syndrome)「今日の神経疾患治療指針 第2版」 2013/03
5. 部分執筆  脳の形態的異常:孔脳症(porencephaly)「今日の神経疾患治療指針 第2版」 2013/03
全件表示(14件)
■ 学術雑誌
1. 症例報告  出生直後からblepharoclonusを認めた脳幹小脳形成異常 2020/06/01
2. 症例報告  出生直後より眼瞼・全身性の律動性ミオクローヌスを認めた小脳脳幹形成異常の1例 2019/09
3. 総説  小児科臨床教育の実際
第9回日本小児科学会指導医講習会の現状と今後 2019/09
4. その他  小児神経施設紹介
大学病院における高度先進医療と集学的治療を生かし小児神経難病に挑む
〜伝統を引き継ぎ、新しい小児神経領域を切り開く〜 2019/03
5. 症例報告  Novel compound heterozygous EPG5 mutations consisted with a missense mutation and a microduplication in the exon 1 region identified in a Japanese patient with Vici syndrome 2018/12 Link
全件表示(39件)
■ 学会発表
1. 眼窩内浸潤を認めた乳児血管腫にプロプラノロールが有効であった2例 (口頭発表,一般) 2020/01/11
2. LIS1遺伝子のスプライシング変異を認めた古典型滑脳症一例 (口頭発表,一般) 2019/06/26
3. 極低出生体重児の発達障害診療における問題点 (口頭発表,一般) 2019/06/01
4. 発達障害児への集団リハビリテーション導入後の成果についての検討 (ポスター,一般) 2019/06/01
5. 2歳以降に輸血依存性になった赤芽球癆 (ポスター,一般) 2019/04/21
全件表示(100件)