(最終更新日:2018-06-26 17:25:48)
  ヒラサワ キヨウコ   
  平澤 恭子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  小児科
   職種   准教授
■ 著書
1. 編集・監修  ハイリスク児のフォローアップ「新生児集中治療 クリニカルプラクティス」 2014/08
2. 部分執筆  染色体異常症:1p36欠失症候群(1p36 deletion syndrome)「今日の神経疾患治療指針 第2版」 2013/03
3. 部分執筆  脳の形態的異常:孔脳症(porencephaly)「今日の神経疾患治療指針 第2版」 2013/03
4. 部分執筆  Mismatch Negativity in Healthy Neonates and Premature Babies, Sudden Infant Death syndrome 2013
5. 部分執筆  1p36欠失症候群と行動特性・言語「1p36欠失症候群ハンドブック」 2012/08
6. 部分執筆  家族会に対するアンケート調査の結果「1p36決失症候群ハンドブック」 2012/08
7. 部分執筆  発達と療育指針「1p36欠失症候群ハンドブック」 2012/08
8. 部分執筆  神経・筋疾患
(脊髄、抹消神経、筋疾患)「子どもの病気
理解と接しかた」 2012/05
9. 部分執筆  神経疾患、神経・筋疾患「小児科臨床ピクシス 26 小児慢性疾患のサポート」 2011/04
10. 部分執筆  ハイリスク児の養護と発達促進「今日の治療指針2010年版」 2010/01
全件表示(12件)
■ 学術雑誌
1. 総説  Bloch-Sulzberger症候群 2016/04
2. 原著  Microarray analysis of 50 patients reveals the critical chromosomal regions responsible for 1p36 deletion syndrome-related complications 2014
3. 総説  NICU退院児と発達障害 2013/03
4. 症例報告  BCG接種時の皮膚裂傷からEhlers-Danlos症候群と診断された超早産児の1例 2013/01
5. 原著  Outcomes in Term Neonates with Profound Asphyxia Diagnosed by Cranial MR Imaging 2013/01
6. 原著  インドメタシン投与が有効であったがその後に動脈管再開通を認めた極低出生体重児の臨床的特徴と再開通危険因子の検討 2013/01
7. 症例報告  ハイリスク新生児フォローアップ外来における育児困難を呈した母子への支援 2013/01
8. 症例報告  感染症を繰り返したX染色体長腕末端部分重複の1男児例 2013/01
9. 原著  極低出生体重児の6歳時の発達とその支援 2013/01
10. 原著  小児の下肢痙縮に対するボツリヌストキシンA療法の有効性に関する臨床的検討 2013/01
全件表示(32件)
■ 学会発表
1. 二相性脳症に類似した経過と所見を呈したAngelman症候群の乳児例 (口頭発表,一般) 2018/06/20
2. 難治性な下痢により体重増加不良が続く重度精神運動発達遅滞症例;EPG%複合へテロ変異によるVici症候群か? (ポスター,一般) 2018/06/01
3. 脳室内出血を合併した極低出生体重児の発達予後 (口頭発表,一般) 2018/06/01
4. 脳室内出血後水頭症をきたした極低出生体重児の治療と予後 (口頭発表,一般) 2018/06/01
5. 極低出生体重のLight-fot-date児の発達予後の後方視的検討 (ポスター,一般) 2018/05/31
6. 超低体重児における神経発達障害 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2018/04/20
7. 眠気など多彩な症状により発見された鞍上部胚細胞腫瘍の一例 (ポスター,一般) 2018/04/20
8. 乳児期後期に進行を認めた出血後水頭症2例 (口頭発表,一般) 2018/02/24
9. 欠神の精査でICM(implantable cardiac monitor:植え込み型心電図記録計)によって発作性心停止の確定診断に至った1例 (口頭発表,一般) 2018/02/10
10. 四肢の震えと歩行困難を主徴とし転換性障害と診断した13歳女子 (口頭発表,一般) 2018/01/23
全件表示(71件)