(最終更新日:2022-07-01 11:52:10)
  ヤマナカ ヒサシ
  山中 寿
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  膠原病リウマチ内科
   職種   客員教授
■ 著書
1. 部分執筆  結晶誘発性関節炎(痛風と儀痛風)「内科学」 2017/06
2. 部分執筆  発症早期・未治療関節リウマチ患者の末梢血中には可溶性TCTA蛋白由来産物濃度が上昇している「紀要36, 2015年度報告書」 2017
3. 部分執筆  関節リウマチ「痛い!首腰ひざのいい病院2017」 2016/10
4. 部分執筆  偽痛風「今日の整形外科 治療指針」 2016/05
5. 部分執筆  高尿酸血症「今日の整形外科 治療指針」 2016/05
全件表示(46件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Risk of herpes zoster in patients with rheumatoid arthritis in the biologics era from 2011 to 2015 and its association with methotrexate, biologics, and corticosteroids. 2021/09/13
2. その他  Differences in patients' population and efficacy/effectiveness of biologic disease-modifying antirheumatic drugs between randomized controlled trials and real-world settings in patients with rheumatoid arthritis - using the IORRA cohort. 2021/09/10
3. 原著  Successful discontinuation of biological disease-modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis in real-world settings. 2021/07/04
4. 原著  The evaluation of gene polymorphisms associated with autoinflammatory syndrome in patients with palindromic rheumatism complicated by intermittent hydrarthrosis 2020/03
5. 総説  A large observational cohort study of rheumatoid arthritis, IORRA: Providing context for today's treatment options. 2019/10
全件表示(437件)
■ 学会発表
1. Clinical Features and HLA-B Loci of Japaneas patients with ankylosing spondylitis (2nd report). (一般) 2105/06
2. 高齢発症関節リウマチ患者における発症3年後の治療反応性に関する解析発症 IORRAコホートを用いて (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/08/04
3. RA患者における肺炎球菌ワクチンの肺炎予防効果について-IORRA コホートを用いた検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/08
4. 間質性肺炎の合併が関節リウマチ治療アウトカムに与える影響IORRAコホートを用いた検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/08
5. 関節疼痛を欠く幼年発症他関節型若年性特発性関節炎の検討 (口頭発表,一般) 2019/04/21
全件表示(594件)
■ 学歴
1. 東京女子医科大学 医学博士
2. 1974/04~1980/03 三重大学 医学部 卒業