(最終更新日:2018-06-20 11:07:25)
  トモエ ヒカル   TOMOE Hikaru
  巴 ひかる
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 骨盤底機能再建診療部
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  【後期研修医がおさえておきたい泌尿器手術TOP30 適応判定と周術期管理】 オープンサージェリー 尿失禁の手術「泌尿器外科」 2018/04
2. 部分執筆  3.女性に多い下部尿路機能障害:②骨盤臓器脱「リハスタッフのための排泄リハビリテーション 実践アプローチ」 2018/02
3. 部分執筆  19. 泌尿器科疾患 
膀胱炎「今日の治療指針 私はこう治療している Volume60」 2018/01
4. 部分執筆  05 骨盤臓器脱「泌尿器Care&Cure Uro-Lo別冊
下部尿路機能障害の治療とケア」 2017/03
5. 部分執筆  19.泌尿器科疾患
尿失禁「今日の治療指針」 2017/01
6. 部分執筆  surgery for urinary incontinence in women, INCONTINENCE 6th Edition 2017 Volume2 2017
7. 部分執筆  骨盤臓器脱(膀胱瘤・子宮脱・直腸瘤・小腸瘤・膣断端脱)「産婦人科疾患最新の治療2016-2018」 2016/02
8. 部分執筆  Public Health and Advocacy for UAB, The Underactive Bladder 2016/01
9. 部分執筆  学会好事 第17回日本女性骨盤底医学会「Urology Today」 2015/12
10. 部分執筆  1.泌尿器科医からみた女性の骨盤底脆弱化に伴う疾患と治療のコツ「White(Women's health Initiative for Total care and Education)」 2015/10
全件表示(28件)
■ 学術雑誌
1. 総説  【治療各論】女性の尿失禁 2018/03
2. 総説  【過活動膀胱治療のニューフロンティア】 女性の混合性尿失禁 2018/02
3. 原著  Editorial Comment to Does the suburethral sling change its location? 2017/12
4. その他  女性の尿失禁~診断と治療~ 2017/07
5. 原著  尿道疾患(尿道憩室、尿道カルンクル、尿道脱) 2017/05
6. 原著  A standard for terminology in chronic pelvic pain syndromes: A report from the chronic pelvic pain working group of the international continence society. 2017/04
7. 原著  Prospective analyses of female urinary incontinence symptoms following total hip arthroplasty. 2017/04
8. 原著  Editorial Comment to Are complications of stress urinary incontinence surgery procedures associated with the position of the sling? 2017/02
9. 原著  今こそ女性は泌尿器科医になろう 2017/01
10. 原著  男と女の排尿障害 2017/01
全件表示(86件)
■ 学会発表
1. 骨盤臓器脱に合併する過活動膀胱のウロダイナミクス的検討 (口頭発表,一般) 2041/07/09
2. 女性の過活動膀胱と周辺疾患 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2018/05/11
3. 骨盤臓器脱に対するTVM手術における術前後3DCT検査の有用性についての検討 (口頭発表,一般) 2018/04/21
4. What is to be expected in the treatment of interstitial cystitis/bladder pain syndrome(IC/BPS)in the future? (口頭発表) 2018/04/18
5. 神経因性膀胱から水腎症になった弱年発症糖尿病の2例 (口頭発表,一般) 2018/01/20
6. Surgical treatment for IC/BPS with or without Hunner lesion (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/12/02
7. The evaluation the pelvic organs and pelvis before and after the pelvic organ prolapse surgery,using the 3D model images reconstructed with computed tomography (ポスター,一般) 2017/12
8. Surgical treatment for ulcer and non-ulcer IC/BPS-real life outcome (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/09/30
9. 当院におけるAnterior Tension-free vaginal mesh(A-TVM)手術の検 (口頭発表,一般) 2017/09/29
10. Overactive Bladder/RESOLVED STRESS AND URGE INCONTINENCE IN WOMEN WITH MUI AFTER MID-URETHRAL SLING SURGERY BASED ON VARIABLE POSITIONING URODYNAMIC EVALUATION (口頭発表,一般) 2017/09/15
全件表示(205件)
■ 資格・免許
1. 2017 日本排尿機能学会 認定医
2. 1989 日本泌尿器科学会 専門医
3. 1994 日本泌尿器科学会 指導医
4. 2001 日本透析医学会 専門医
5. 2002 日本透析医学会 指導医
6. 2007 日本がん治療認定機構暫定教育医
7. 2010 東京女子医科大学病院指導医
■ 社会における活動
1. 2010/03 毎日新聞2010年3月1日付朝刊 「間質性ぼうこう炎」
2. 2010/06 毎日新聞2010年6月23日付朝刊 「人工尿道括約筋」
3. 2011/01 朝日新聞2011年1月31日付夕刊 「間質性膀胱炎」
4. 2011/08 朝日新聞2011年8月21日付朝刊 「患者を生きる 女性と病気 尿もれ6情報編」
5. 2011/08 朝日新聞2011年8月30日付朝刊 「膀胱炎を繰り返す」
6. 2011/08 日刊ゲンダイ2011年8月3日付 「間質性膀胱炎ではないか」
7. 2012/02 NHKラジオ ここに注目 「過活動膀胱とは」
8. 2012/02 カルナの豆知識2012年2月3日付 「諦めないで!女性の尿漏れ」
9. 2012/02 日刊ゲンダイ2012年2月1日付 「尿漏れ」
10. 2012/03 NHKテレビ ゆうどきネットワーク 生活向上委員会「夜間頻尿」
全件表示(108件)
■ 講師・講演
1. 2015/02 プライマリーケア医が診る女性の排尿障害診断と治療のポイント(大分)
2. 2015/11 女性の頻尿と尿失禁 診断と治療(東京)
3. 2016/07 尿失禁の病態と治療~骨盤臓器脱との関わり~
4. 2016/10 他科の先生方に知らせたい泌尿器科トピックス 「男と女の排尿障害」(東京)
5. 2016/10 女性の下部尿路症状~過活動膀胱の診断と治療を中心に~
6. 2017/01 女性の下部尿路症状(高知)
7. 2017/02 切迫性尿失禁(UUI)に対する治療戦略(岡山)
8. 2017/03 女性の下部尿路症状UDSからわかること(東京)
9. 2017/03 女性の切迫性尿失禁(UUI)に対する治療戦略(福岡)
10. 2017/05 お悩み解決!女性の頻尿・尿失禁(横浜)
全件表示(26件)
■ 委員会・協会等
1. 2011/10/01 International Continence Society Member of Working Group on Chronic Pelvic Pain
■ 現在の専門分野
泌尿器科 Urology, 骨盤底機能再建外科 Pelvic Reconstructive Surgery 
■ 所属学会
1. 1983/04~ 日本泌尿器科学会
2. 2006/01~2013 ∟ 女性泌尿器科医の会 委員長
3. International Consultation on Incontinence
4. International Society for sexual Medicine
5. 日本骨盤臓器脱手術学会
6. ∟ 理事
7. 日本女性骨盤底医学会
8. ∟ 理事・評議員
9. 日本性機能学会
10. ∟ 理事・評議員
全件表示(20件)