(最終更新日:2022-07-01 11:52:10)
  タニグチ アツオ
  谷口 敦夫
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  膠原病リウマチ内科
   職種   客員教授
■ 著書
1. 部分執筆  痛風「臨床病態学」 2013/05
2. 部分執筆  高尿酸血症・痛風「今日の治療のために ガイドライン外来診療 2013」 2013/04
3. 部分執筆  痛風「臨床病態学」 2013/03
4. 部分執筆  尿酸代謝総論「内分泌・糖尿病内科学」 2011/09
5. 部分執筆  ①結晶誘発性関節炎.「看護のための最新医学講座第2版第11巻免疫アレルギー疾患」 2009
■ 学術雑誌
1. 症例報告  頭部に類円形の脱毛巣を伴う紅褐色斑をもつ抗MDA5抗体陽性の皮膚禁煙の1例 2021/03
2. 原著  The evaluation of gene polymorphisms associated with autoinflammatory syndrome in patients with palindromic rheumatism complicated by intermittent hydrarthrosis 2020/03
3. 総説  A large observational cohort study of rheumatoid arthritis, IORRA: Providing context for today's treatment options. 2019/10
4. 原著  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice. 2017/05
5. 原著  Characteristics and risk factors of lymphoproliferative disorders among patients with rheumatoid arthritis concurrently treated with methotrexate: a nested case-control study of the IORRA cohort. 2017/04
全件表示(125件)
■ 学会発表
1. 高齢発症関節リウマチ患者における発症3年後の治療反応性に関する解析発症 IORRAコホートを用いて (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/08/04
2. RA患者における肺炎球菌ワクチンの肺炎予防効果について-IORRA コホートを用いた検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/08
3. 間質性肺炎の合併が関節リウマチ治療アウトカムに与える影響IORRAコホートを用いた検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2020/08
4. 乾癬性関節炎におけるBASDAIスコアの検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09
5. Dual energy CTによる尿酸塩結晶の検出条件の検討と撮像読影における留意点について (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/04
全件表示(229件)