(最終更新日:2019-03-26 20:30:02)
  ミタニ シヨウヘイ   MITANI Shohei
  三谷 昌平
   所属   医学部 医学科  生理学(分子細胞生理学分野)
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  Developmental Genetics of Caenorhabditis elegans., Brenner's Encyclopedia of Genetics 2nd edition 2013/04
2. 部分執筆  生物機能モデルと新しいリソース・リサーチツール「第3節 哺乳類以外のモデル動物 第4項 線虫」 2011/02
3. 部分執筆  WormBase 線虫のゲノム統合データベース「細胞工学別刷 バイオリソース&データベース活用術」 2009/07
4. 部分執筆  線虫 機能ゲノミクスのためのモデル生物「細胞工学別冊 バイオリソース&データベース活用術」 2009/07
5. 部分執筆  モデル生物を利用した遺伝子機能解析 線虫「実験医学別冊 ゲノム研究実験ハンドブック」 2004/10
6. 部分執筆  線虫ゲノムの遺伝子構成「ポストシークエンスのゲノム科学4 ゲノムから個体へ 生命システムの理解に向けて」 2001/06
■ 学術雑誌
1. 原著  Near-Comprehensive Resequencing of Cancer-Associated Genes in Surgically Resected Metastatic Liver Tumors of Gastric Cancer. 2019/04
2. 原著  Pathogenetic basis of Takenouchi-Kosaki syndrome: Electron microscopy study using platelets in patients and functional studies in a Caenorhabditis elegans model. 2019/03
3. 原著  Structure and function analysis of the C. elegans aminophospholipid translocase TAT-1. 2019/02
4. 原著  UDP-N-acetylglucosamine-dolichyl-phosphate N-acetylglucosaminephosphotransferase is indispensable for oogenesis, oocyte-to-embryo transition, and larval development of the nematode Caenorhabditis elegans. 2019/02
5. 原著  The small GTPase ARF-1.2 is a regulator of unicellular tube formation in Caenorhabditis elegans. 2019/01
6. 原著  Imbalanced Expression of Tau and Tubulin Induces Neuronal Dysfunction in C. elegans Models of Tauopathy. 2018/06
7. 原著  OFF-responses of interneurons optimize avoidance behaviors depending on stimulus strength via electrical synapses. 2018/06
8. 症例報告  Somatic mutations and increased lymphangiogenesis observed in a rare case of intramucosal gastric carcinoma with lymph node metastasis. 2018/02
9. 原著  An Aneuploidy-Free and Structurally Defined Balancer Chromosome Toolkit for Caenorhabditis elegans. 2018/01
10. 総説  Comprehensive functional genomics using Caenorhabditis elegans as a model organism. 2017/10
全件表示(146件)
■ 学会発表
1. 高等学校理科履修科目と基礎医学科目の理解度の認識および試験成績の関係 (口頭発表,一般) 2018/08/04
2. Somatic mutations and increased lymphangiogenesis observed in a rare case of intramucosal gastric carcinoma with lymph node metastasis (口頭発表,一般) 2018/02/09
3. A novel mutation in the IPF-1/PDX-1 gene identified in a Japanese family with MODY. (ポスター,一般) 2017/09/13
4. Balancer chromosome toolkit for C. elegans. (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/06/21
5. Transcription factor lin-32 is essential for synaptogenesis of AIB interneuron, sustained muscle contraction and aversive switch in response to the stimulus strength (ポスター,一般) 2016/07/29
6. Genetic engineering of chromosomal balancer toolkit for gene-clusters mediated by CRISPR/Cas9 in Caenorhabditis elegans (ポスター,一般) 2016/06/25
7. Genetic engineering of new balancers using by CRISPR/Cas9 genome-editing system in C. elegans (ポスター,一般) 2015/06/24
8. Analysis of novel functions of an atonal homolog in aversive behavior and gap junction formation (ポスター,一般) 2015/03/23
9. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2014/11
10. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2014/05
全件表示(107件)
■ 主要学科目
生理学
■ 資格・免許
1. 1984/05/24 医籍登録
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1991/04/01~ 基礎医学教育(生理学、分子遺伝学)
●その他職務上特記すべき事項
1. 2002/07/01~ 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト中核機関研究代表者
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~  ナショナルバイオリソースプロジェクト実験動物「線虫」 その他の補助金・助成金 
2. 2009/07~2010/06  統合医科学研究所設立へ向けてのゲノム医科学研究者支援プロジェクト その他の補助金・助成金 
■ 委員会・協会等
1. 2003/04/01~ 国立遺伝学研究所生物遺伝資源委員会 委員
2. 2011/04/01~ 医療系大学間共用試験実施評価機構CBT実施小委員会 委員
■ 現在の専門分野
生理学一般, 神経化学・神経薬理学, 神経科学一般, 基礎ゲノム科学 
■ 所属学会
1. 1984/04~ 日本生理学会
2. 1985/04~ 日本神経科学学会
3. 1991/04~ 日本分子生物学会
4. 2007/04 日本細胞生物学会
5. 2011/12~ 日本医学教育学会
■ 学歴
1. 1978/04~1984/03 東京大学 医学部医学科 卒業 医学士
2. 1984/04~1988/03 東京大学 医学研究科 博士課程修了 医学博士
■ 職歴
1. 1991/04~1997/05 東京女子医科大学医学部 専任講師
2. 1997/06~2007/03 東京女子医科大学医学部 助教授・准教授
3. 2007/04~ 東京女子医科大学医学部 教授
4. 2010/04~ 東京女子医科大学統合医科学研究所 所長