(最終更新日:2019-11-01 08:29:28)
  ミタニ シヨウヘイ   MITANI Shohei
  三谷 昌平
   所属   医学部 医学科  生理学(分子細胞生理学分野)
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 全体執筆  線虫をモデル生物としたヒト疾患の解析「生物の科学 遺伝」 2018/09
2. 全体執筆  ADAMTS9 (ADAM metallopeptidase with thrombospondin type 1 motif, 9), Atlas of Genetics and Cytogenetics in Oncology and Haematology 2013/12
3. 部分執筆  Developmental Genetics of Caenorhabditis elegans., Brenner's Encyclopedia of Genetics 2nd edition 2013/04
4. 部分執筆  生物機能モデルと新しいリソース・リサーチツール「第3節 哺乳類以外のモデル動物 第4項 線虫」 2011/02
5. 部分執筆  WormBase 線虫のゲノム統合データベース「細胞工学別刷 バイオリソース&データベース活用術」 2009/07
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Near-Comprehensive Resequencing of Cancer-Associated Genes in Surgically Resected Metastatic Liver Tumors of Gastric Cancer. 2019/04
2. 原著  Pathogenetic basis of Takenouchi-Kosaki syndrome: Electron microscopy study using platelets in patients and functional studies in a Caenorhabditis elegans model. 2019/03
3. 原著  Structure and function analysis of the C. elegans aminophospholipid translocase TAT-1. 2019/02
4. 原著  UDP-N-acetylglucosamine-dolichyl-phosphate N-acetylglucosaminephosphotransferase is indispensable for oogenesis, oocyte-to-embryo transition, and larval development of the nematode Caenorhabditis elegans. 2019/02
5. 原著  The small GTPase ARF-1.2 is a regulator of unicellular tube formation in Caenorhabditis elegans. 2019/01
全件表示(146件)
■ 主要学科目
生理学
■ 資格・免許
1. 1984/05/24 医籍登録
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2017~ ラットの座骨神経と下肢骨格筋を用いた容積導体と神経ー骨格筋間の信号伝達機構を学ぶ実習
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1991/04/01~ 基礎医学教育(生理学、分子遺伝学)
●その他職務上特記すべき事項
1. 2002/07/01~ 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト中核機関研究代表者