(最終更新日:2017-08-22 12:00:57)
  アキモト テツオ   
  秋元 哲夫
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  放射線腫瘍科
   職種   客員教授
■ 著書
1. 編集・監修  「癌ノート-米長流 前立腺癌への最善手-」 2009
■ 学術雑誌
1. 原著  The 5-year outcomes of moderately hypofractionated radiotherapy (66Gy in 22 fractions, 3 fractions per week) for localized prostate cancer: a retrospective study 2017/07 Link
2. 原著  Radiation-induced Dimer Formation of EGFR: Implications for the Radiosensitization Effect of Cetuximab. 2013
3. 総説  【前立腺癌(第2版)-基礎・臨床研究のアップデ-ト-】 臨床 前立腺癌の治療 放射線療法 外照射 内分泌療法併用の適応と意義 2011/06
4. 総説  【JROSG(Japanese Radiation Oncology Study Group)の現状】 泌尿器腫瘍委員会 2011/04
5. 原著  化学放射線療法を行う頭頸部がん患者を対象とするクリニカルパスを用いた疼痛管理法有効性/安全性評価試験 2011/04
6. 総説  これだけは知っておきたい! 放射線治療Q&A 基本知識と最前線 最新の放射線治療 放射線治療と分子標的治療の併用 2011/02
7. 原著  Evaluation of anxiety and salivary chromogranin a secretion in women receiving breast conserving surgery followed by radiation therapy 2011
8. 原著  Correction: IL12RB2 and ABCA1 genes are associated with susceptibility to radiation dermatitis (Clinical Cancer Research (2008) 14, (6683-6689)) 2010/08
9. 総説  Stage C 前立腺がんの治療戦略 外照射併用高線量率組織内照射の優位性 2010/08
10. 総説  【固形癌の最新治療 癌治療への新たな取り組み】治療の新たな取り組み 放射線療法 放射線療法と分子的治療の併用 2010/06
全件表示(22件)
■ 学会発表
1. Outcomes and Failure Patterns of Oropharyngeal Cancer treated with Simultaneous Integrated Boost-Intensity Modulated Radiation Therapy (SIB-IMRT). (ポスター,特別・招待講演等) 2014/05
2. 前立腺癌に対する寡分割IMRTの治療成績 (口頭発表,一般) 2013/10/18
3. Outcomes and Failure Patterns of Oropharyngeal Cancer treated with Simultaneous Integrated Boost-Intensity Modulated Radiation Therapy (SIB-IMRT). (ポスター,特別・招待講演等) 2013/10
4. 前立腺癌の放射線治療 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2013/09/28
5. Outcomes and Failure Patterns of Oropharyngeal Cancer treated with Simultaneous Integrated Boost-Intensity Modulated Radiation Therapy (SIB-IMRT) (ポスター,一般) 2013/04/13
6. 高リスク前立腺癌に対する外照射を併用した高線量率組織内照射の治療成績 (口頭発表,一般) 2012/05/25
7. 前立腺癌に対する外部照射併用高線量率組織内照射の尿路系有害事象とQOLスコアに影響する因子 (口頭発表,一般) 2012/05/13
8. 進行下部直腸癌に対する術前化学放射線治療法の検討 (ポスター,一般) 2012/04/12
9. 中咽頭癌に対する強度変調放射線(IMRT)治療中の耳下腺容積と照射線量の変化 (口頭発表,一般) 2011/11/19
10. 化学放射線治療前にPEGを造設した頭頸部癌患者のPEG使用予測因子の検討 (ポスター,一般) 2011/10/27
全件表示(53件)
■ 主要学科目
放射線腫瘍学
■ 資格・免許
1. 1986/05/28 医師免許証
2. 1992/06/01 日本医学放射線学会 放射線科専門医
3. 1995/03/16 第1種放射線取扱主任者
4. 1999/07/01 日本放射線腫瘍学会 放射線腫瘍学認定医
5. 2009/04/01 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
6. 2011/03/01 日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会共同認定 放射線治療専門医
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2010/03  進行頭頸部癌に対する至適放射線治療の確立 その他の補助金・助成金 
2. 2006/04~2008/03  放射線によるDNA損傷修復に関わる分子を標的にした放射線感受性増感の研究 基盤研究(C) 
3. 2009/04~2012/03  癌細胞の細胞接着機構に起因する放射線抵抗性因子を標的にした放射線感受性増感の研究 基盤研究(C) 
4. 2009/04~2012/03  声門がん放射線治療後の急性粘膜炎および音声機能の変化に関与する遺伝子多型の解析研究 がん臨床研究事業 
5. 2010/08~2011/03  進行頭頸部癌の局所制御向上を目的とした至適放射線治療法に関する研究 国内共同研究 
6. 2011/04~2012/03  進行頭頸部癌の局所制御向上を目的とした至適放射線治療法に関する研究 国内共同研究 
7. 2011/04~2012/03  前立腺がんに対するHDR組織内照射の臨床試験の研究 国内共同研究 
■ 委員会・協会等
1. 日本がん治療学会 ガイドライン委員会
2. 日本放射線腫瘍学研究機構 運営委員長
3. 日本臨床腫瘍研究グループ 遺伝子解析ワーキンググループリーダー
■ 受賞学術賞
1. 2000/09 東関東医学会 奨励賞
2. 2003/06 国際癌治療増感研究会 協会賞
3. 2007/11 日本放射線腫瘍学会 阿部賞
■ 所属学会
1. 日本ハイパーサーミア学会
2. 2010/09~2012 ∟ 評議員
3. 日本医学放射線学会
4. 日本癌治療学会
5. 日本頭頸部癌学会
6. 2011~2013 ∟ 評議員
7. 日本放射線腫瘍学会
8. 2010/11~2012 ∟ 代議員
■ 学歴
1. 1974/04~1977/03 東京都立竹早高等学校 卒業
2. 1978/04~1980/03 早稲田大学 理工学部 中退
3. 1980/04~1986/03 群馬大学 医学部 卒業
4. 1998/12/16
(学位取得)
群馬大学 医学博士
■ 職歴
1. 1995/07~2001/03 群馬大学 医学部 放射線科 助手
2. 1996/04~1997/01 獨協医科大学 医学部 放射線科 非常勤講師
3. 1997/02~1998/03 The University of Texas MD Anderson Cancer Center Dept. of Experimental Radiation Oncology Visiting Scientist
4. 2001/04~2006/06 群馬大学 医学部 放射線科 講師
5. 2002/07~2006/06 群馬大学 医学部 放射線取扱主任者 兼任
6. 2006/07~2011/06 東京女子医科大学 放射線腫瘍科 准教授
7. 2010/07~2011/06 東京女子医科大学 放射線腫瘍科 臨床教授
8. 2011/07~ 東京女子医科大学 放射線腫瘍学講座 客員教授
9. 2011/07~ 独立行政法人 国立がんセンター 東病院 臨床開発センター 粒子線医学開発部長 (東病院 放射線治療科長併任)
■ 科研費研究者番号
10261851