(最終更新日:2018-02-14 11:51:17)
  ハヤシ カズヒコ   
  林 和彦
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  化学療法・緩和ケア科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  大腸がん術後補助化学療法「消化器がん化学療法ハンドブック」 2011/08
■ 学術雑誌
1. 原著  Phase II study of bevacizumab and irinotecan as second-line therapy for patients with metastatic colorectal cancer previously treated with fluoropyrimidines, oxaliplatin, and bevacizumab. 2017/02 Link
2. 症例報告  中部胆管癌原発小細胞癌の1例 2016/05
3. その他  Osteopontin遺伝子発現は大腸癌の5FU耐性に関連する 2016/02
4. 症例報告  HER2-positive Gastric Cancer with Paraaortic Nodal Metastasis Successfully Resected After Chemotherapy with Trastuzumab:A Case Report 2014/02
5. 総説  (特集 各科で期待される分子標的療法)高度進行肝細胞癌に対するSorafenib治療の早期成績 2012/04
6. 原著  Amphiregulin and Epiregulin mRNA expression in primary colorectal cancer and corresponding liver metastases. 2012/03
7. 原著  Comprehensive analysis of genetic polymorphisms and irinotecan-induced adverse events in Japanese gastrointestinal cancer patients:A DMET microarray profiling study. 2012
8. 原著  Usefulness of clip traction in the early phase of esophageal endoscopic submucosal dissection 2012
9. 総説  【癌個別化医療はどこまですすんだのか】 各論 胆道癌の個別化医療 化学療法を中心に 2011/10
10. 原著  Epidermal growth factor receptor (EGFR) mRNA levels and protein expression levels in primary colorectal cancer and corresponding liver metastases. 2010/05
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. (International Session6 Colon and Rectum-Biomarker-)抗EGFR抗体薬マーカーとしてのAmphiregulin発現と大腸癌腫瘍局在部位との関連性の検討 (口頭発表,一般) 2017/10/20
2. Mechanism-based pharmacokinetics and pharmacodynamics neutropenia model for irinotecan hydrochloride considering UGT1A1 genotyping (ポスター,一般) 2017/09/26
3. 中高生の理系進路選択支援プログラムにおける出張講義の効果 (ポスター,一般) 2017/08/19
4. パネルディスカッション1 進行再発癌に対する薬物治療
進行大腸癌に対するbevacizumab併用oxalipla tin regimen不応後のCPT-11 + bevacizumab療法の多施設第二相試験 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/06/01
5. Amphiregulin, Epiregulinの大腸癌抗EGFR抗体薬効果予測マーカーとしての有用性の検討 (口頭発表,一般) 2016/10/20
6. 口演1-7大腸癌薬物療法①
フッ化ピリミジン、オキサリプラチン、ベバシズマブ既治療進行大腸癌に対するベバシズマブ+イリノテカン療法の多施設第二相試験 (口頭発表,一般) 2016/07/28
7. A phase II study of bevacizumab and irinotecan as second-line therapy for patients with metastatic colorectal cancer previously treated with fluoropyrimidine, oxaliplatin, and bevacizumab (ポスター,一般) 2016/06/16
8. 膵癌に対する化学放射線療法の治療成績の検討 (ポスター,一般) 2016/04/14
9. 大腸癌腫瘍占拠部によるシグナル伝達関連遺伝子発現量の検討 (ポスター,一般) 2015/07/16
10. イリノテカンによる重症下痢症を予測すPGxバイオマーカーとしてのCYP2F1遺伝子多型 (口頭発表,一般) 2014/11/20
全件表示(57件)
■ 学歴
1. 1976/04~1979/03 開成学園高等学校 卒業
2. 1980/04~1986/03 千葉大学 医学部 卒業