(最終更新日:2018-04-24 16:55:57)
  コジマハラ ノリコ   
  小島原 典子
   所属   医学部 医学科  衛生学公衆衛生学(二)
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  女性医師のロールモデル実習ーチーム医療におけるコミュニケーションー「人間関係教育と行動科学テキストブック 第3版ー「至誠と愛」の実践学修ー」 2018/04
2. 部分執筆  成人保健・生活習慣病「コンパクト公衆衛生学(第6版)」 2018/03
3. 編集・監修  小児けいれん重積治療ガイドライン「小児けいれん重積治療ガイドライン」 2017/06
4. 編集・監修  「科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス」2017」 2017
5. 編集・監修  「小児急性脳症診療ガイドライン2016」 2016/08
6. 部分執筆  診断に関する診療ガイドライン(CPG)の作成「Minds診療ガイドライン作成マニュアル」 2015/12
7. 部分執筆  診療ガイドライン作成のためのシステマティックレビューの文献検索戦略「Minds診療ガイドライン作成マニュアル」 2015/12
8. 編集・監修  「熱性けいれん診療ガイドライン2015」 2015/05
9. 部分執筆  21 女性医師のロールモデル実習ー地域医療における活躍ー「人間関係教育と行動科学テキストブック 第2版」 2015/04
10. 部分執筆  , Minds Handbook for Clinical Practice Guideline Development 2014 2015/02
全件表示(19件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Epidemiology of Pediatric Out-of-Hospital Cardiac Arrest at School: An Investigation of a Nationwide Registry in Japan. 2018/02
2. 総説  バイアスを可視化する 2018
3. 総説  信頼される産業保健分野におけるガイダンスの作成 2018
4. 総説  New guidelines for management of febrile seizures in Japan. 2017/01
5. 原著  Analysis of ear side of mobile phone use in the general population of Japan 2017
6. 総説  Analysis of mobile phone use among young patients with brain tumors in Japan. 2017
7. 原著  Effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine and seasonal influenza waccine for pneumonia among the elderly-Selection of controls in a case-control study 2017
8. 原著  Patterns of cellular phone use among young people in 12 countries: Implications for RF exposure 2017
9. 原著  Work sustainability among male cancer survivors after returning to work 2017
10. 総説  システマティックレビュー検索式査読のためのガイドライン 2017
全件表示(65件)
■ 学会発表
1. 平成27年・入院患者病職歴調査における退院後の復職に対する不安についての検討 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/02/02
2. Mobile phone use and brain tumor: preliminary results from MOBI-Kids Japan. (シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/08/19
■ 資格・免許
1. 1994/12 消化器病学会専門医
2. 1995/04 医学博士
3. 2016/10 認定医学教育専門家
4. 2017/03 社会医学系指導医
5. 2017/12 難病指定医
6. 1988/05 医師免許
7. 1990/09 日本内科学会認定医
8. 1994/12 日本内科学会専門医
9. 1996/12 日本消化器内視鏡学会専門医
10. 1997/04 日本肝臓学会専門医
全件表示(14件)
■ 社会における活動
1. 2011/11 「医学生、研修医等をサポートするための会」-医師にとってやりがいとは-
2. 2012/10 「医学生、研修医等をサポートするための会」-これからのワークライフバランス-
3. 2013/03 「医学生、研修医等をサポートするための会」-若手医師の労働環境改善の具体策について
4. 2014/03 「医学生、研修医等をサポートするための会」-あなたのキャリアデザイン-「e-Learningの紹介」
5. 2014/11 「医学生、研修医等をサポートするための会」-さまざまなロールモデル-
6. 2015/03 「医学生、研修医等をサポートするための会」-若手医師のキャリア形成サポートの具体策について
7. 2016/03 「医学生、研修医等をサポートするための会」-新専門医制度とキャリア形成を考える-
8. 2016/11 「医学生、研修医等をサポートするための会」-変わる新専門医制度とこれからのキャリア形成-
9. 2017/03 「次世代医師キャリアサポートのさらなる推進について」
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2015 S5~S7情報処理・統計実習の手引き 2015/2016
2. 2015 人間関係教育と行動科学テキストブック(第2版)
3. 2016 S5~S7情報処理・統計実習の手引き 2016/2017
4. 2017 S5~S7情報処理・統計実習の手引き 2017/2018
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2004/04~2010/03 看護学部兼務
2. 2004/04~2010/03 看護・疫学・公衆衛生学 講義担当
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2002~2006 OSCE評価者
2. 2004/04~2011 医学部B6テュートリアル委員
3. 2007/04~ 医学部B6人間関係教育委員
4. 2011~ 入学試験委員
全件表示(12件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2015/05 日本医学教育学会 基礎系医学教員のためのカリキュラムプランニングワークショップ終了
2. 2017/11~ 首都圏アカデミックリサーチコンソーシアム(MARC)シーズ発掘ワーキンググループ
●その他職務上特記すべき事項
1. 2009/03~ 女子医大医師会監事
2. 2010/10/01~ 東京女子医科大学学会 評議員
3. 2011~2012 東京女子医科大学学会 准講会 幹事
4. 2014/04/01~2016/10/08 東京女子医科大学健康保険組合 選定議員
5. 2017/01~ 東京女子医科大学健康保険組合 理事
6. 2012/10~ 安全衛生委員会  衛生管理者
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015~2017  診療ガイドラインのシステマティックレビューのための効果的文献検索 文部科学省科研費 
2. 2002~2004  インフルエンザ予防接種のEBMに基づく政策評価に関する研究 厚生労働科学研究 
3. 2005~2007  インフルエンザをはじめとした、各種の予防接種の政策評価に関する分析疫学研究 厚生労働科学研究 
4. 2008~2010  近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究 厚生労働科学研究 
5. 2011~2013  予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究 厚生労働科学研究 
■ 講師・講演
1. 2009/06 「特定健診と特定保健指導」
2. 2010 女性医師の復帰をバックアップ 実地研修との併用で相乗効果、e-ラーニングの新しい活用法として
3. 2012/11 女性医師支援でのe-ラーニングの活用 及びその後の展開
4. 2017/01 「女性労働者の健康管理」
5. 2017/11 「産業保健における復職と両立支援の最近の動向と実務」
6. 2017/12 「ライフコースからみた女性就労の課題」
7. 2017/12 復職ガイダンス
■ 委員会・協会等
1. 2006/04/01~2016/03/31 公益財団法人 日本医療機能評価機構 EBM医療情報部 客員研究員(作業部会)
2. 2006/04/01~ 公益財団法人 日本医療機能評価機構 EBM医療情報事業 EBM普及啓発部会 (旧:医学文献評価選定部会部会) 部会委員 作業部会 部会員
3. 2007/12~ 痛風・高尿酸血症診療ガイドライン作成委員会 委員
4. 2009 男女共同参画局 女性医師再教育センター(現:女性医療人キャリアセンター女性医師再教育部門) 運営委員
5. 2009/06~ 一般社団法人 慶應医師会 産業医研修会 講師
6. 2010/06/22~2012/03/31 公益社団法人 日本医師会 産業保健委員会 委員
7. 2011/08/02~ 公益財団法人 東京都医師会 次世代医師育成委員会 委員
8. 2013 「小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2013」外部評価 委員
9. 2013/04/01~ 公益財団法人 日本医療機能評価機構 EBM 医療情報事業 EBM普及啓発部会部 会員
10. 2014 「肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン 2014年版」外部評価 委員
全件表示(17件)
■ 現在の専門分野
衛生学, 公衆衛生学・健康科学 
■ 受賞学術賞
1. 1999/04 東京女子医科大学 岡本糸枝国際交流助成金
2. 2000/12 University of Hawaii Asian-pacific scholarship
3. 2003/10 東京女子医科大学 吉岡博人研究奨励賞
4. 2004/10 東京女子医科大学 吉岡弥生研究奨励賞
5. 2007/02 東京女子医科大学 佐竹高子研究奨励賞
6. 2008/05 東京女子医科大学 岡本糸枝研究助成金
7. 2013/11 至誠会 至誠会受賞学術研究助成
8. 2017/03 日本産業衛生学会生涯教育委員会若手論文賞2016
■ 所属学会
1. 1988/09~ 日本消化器内視鏡学会
2. 1988/09~ 日本消化器病学会
3. 1988/09~ 日本内科学会
4. 1991/11~ 日本肝臓学会
5. 1998/07~ 日本産業衛生学会
6. 1999 ∟ 就労女性研究会 世話人
7. 2008~2010 ∟ 関東地方会 選挙管理委員
8. 2009 ∟ 関東地方会 幹事
9. 2011 ∟ 第84回 日本産業衛生学会 実行委員
10. 2014~ ∟ 編集委員会 委員
全件表示(26件)
■ 職歴
1. 1988/05~1991/05 東京女子医科大学 消化器病センター内科 医療練士
2. 1990/06~1991/05 中山記念病院(現:八王子消化器病院) 消化器病院内科 医員
3. 1991/06~1998/05 東京女子医科大学 消化器病センター内科 助手
4. 1992/04~1993/11 日本大学総合医学研究所病理部 肝臓分子生物部内 国内留学 研究員
5. 1994/06~1998/05 長汐病院 内科 医員
6. 1998/06~1999/03 東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学第二 研究生
7. 1999/04~1999/07 東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学第二 助手
8. 1999/08~2006/07 東京女子医科大学 衛生学公衆衛生学第二 准講師
9. 2001/06~2002/08 Brockline Health Department Internship 研究員
10. 2001/08~2002/08 Channing Laboratory, Brigham and Women's Hospital, Epidemiology 研究員
全件表示(17件)