(最終更新日:2022-02-28 17:33:58)
  ナカムラ フミオ   Fumio Nakamura
  中村 史雄
   所属   医学部 医学科  生化学
   職種   教授・基幹分野長
■ 学術雑誌
1. 原著  Exploring the bio-functional break point of living tissue against outside physical pressure 2022/04/20
2. 原著  One‑step visualization of natural cell activities in non‑labeled living spheroids 2022/01/27
3. 原著  Reduction in flippase activity contributes to surface presentation of phosphatidylserine in human senescent erythrocytes 2020/10/26
4. 総説  Collapsin Response Mediator Proteins: Their Biological Functions and Pathophysiology in Neuronal Development and Regeneration. 2020/06/23
5. 原著  De Novo Truncating Variants in the Last Exon of SEMA6B Cause Progressive Myoclonic Epilepsy. 2020/04
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. マスト細胞分泌顆粒プロテオミクスを活用したアレルギー治療標的候補遺伝子の探索 (一般) 2021/11/03
2. プロテオーム解析によって同定されたマスト細胞分泌顆粒局在タンパク質の機能解析 (一般) 2020/09/14
3. The glycan binding region of PTPδ is involved in Sema3A signaling by reinforcing the binding of glycosylated NRP1 (口頭発表,一般) 2020/07
4. 老化赤血球がホスファチジルセリンを表在化するメカニズム (口頭発表,一般) 2019/09/18
5. 熱帯熱マラリア原虫の赤血球侵入におけるcAMPの役割 (ポスター,一般) 2019/09
全件表示(23件)
■ 資格・免許
1. 1988/06 医師免許
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2019/03  PTPδを介したSema3A情報伝達と樹状突起発達制御 基盤研究(C) (キーワード:神経ガイド、Sema3A、PTPδ、樹状突起)
2. 2015/04~2018/03  心血管系調節におけるドーパ神経伝達系の役割 基盤(B) 
3. 2012/04~2015/03  CRMP1・フィラミンA相互作用によるFアクチン機能制御 基盤研究(C) 
■ 現在の専門分野
キーワード:神経回路形成に関わる分子の細胞内情報伝達機構 
■ 所属学会
1. 2011/10~ 北米神経科学会
2. 2007/09~ 日本神経化学会
3. 2007/04~ 日本神経科学学会
4. 2002/04~ 日本分子生物学会
5. 2001/04~ 日本生化学会
全件表示(7件)
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 東京大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2007/04~2017/03 横浜市立大学 医学部・分子薬理神経生物学 助教授・准教授
2. 2003/04~2007/03 横浜市立大学 医学部・分子薬理神経生物学 専任講師
3. 1994/09~2000/03 Yale University School of Medicine Department of Neurology Researcher
4. 1992/04~1994/03 東京大学 医学部・脳研究施設 日本学術振興会特別研究員