(最終更新日:2019-10-29 17:15:37)
  ナンケ ユキ   Nanke Yuki
  南家 由紀
   所属   看護学部 看護学科  看護学部内科学
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  Bechet's disease., Joint involvement and synovial pathology 2017
2. 部分執筆  発症早期・未治療関節リウマチ患者の末梢血中には可溶性TCTA蛋白由来産物濃度が上昇している「紀要36, 2015年度報告書」 2017
3. 部分執筆  Time-lapse法による、Interleukin(IL)-26がヒト破骨細胞融合に与える影響の動的解析「紀要35, 2014年度報告書-」 2016
4. 部分執筆  第8章 ベーチェット病の関節病変(自著の英語版を日本語に翻訳)「ベーチェット病」 2016
5. 部分執筆  Joint involvement, Behcet's Disease: progress in recent years and unmet needs for the future 2015
全件表示(26件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Four cases of HLA-A*26(+)/B*51(−) intestinal Behçet's disease without abdominal symptoms 2018/07
2. 原著  IL-35 inhibits human osteoclastogenesis from monocytes induced by receptor-activator of NF-κB ligand. 2018
3. 総説  IL-23 and Th17 Disease in Inflammatory Arthritis. 2017/08
4. 総説  The Plasticity of Th17 Cells in the Pathogenesis of Rheumatoid Arthritis. 2017/07
5. 総説  The Role of Th17 Cells in the Pathogenesis of Behcet's Disease. 2017/07
全件表示(128件)
■ 学会発表
1. Clinical Features and HLA-B Loci of Japaneas patients with ankylosing spondylitis (2nd report). (一般) 2105/06
2. 関節リウマチの病因・病態2 発症早期・未治療関節リウマチ患者の末梢血中には可溶性TCTA蛋白由来産物濃度が上昇している (一般) 2018/04/27
3. 当センター外来患者におけるBehcet病の厚労省基準と国際基準との差異  2018/04/27
4. 発症早期・末治療関節リウマチ患者の末梢血CD4陽性T細胞におけるISG15発現は増加している (一般) 2018/04/26
5. The difference between? Behcet's disease (BD) criteria of ICBD and that of ISG in our BD patients fulfilled Japanese criteria. (一般) 2017/11
全件表示(116件)
■ 資格・免許
1. 2018/03 日本医師会産業医
2. 2018/02 日本臨床免疫学会免疫療法認定医
3. 2016/08 日本骨粗鬆学会認定医
4. 2014/12 難病指定医
5. 2005/03 日本リウマチ学会指導医
全件表示(9件)
■ 受賞学術賞
1. 2011/10 女子医大医師会賞
2. 2011/06 岡本糸枝学術研究助成賞(2回目)
3. 2007/06 佐竹高子学術研究奨励賞
4. 2002/06 岡本糸枝学術研究助成賞
5. 2001/06 日本リウマチ学会若手優秀賞
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2018/06~ 日本骨免疫学会
2. 2018/02~ 日本自己炎症学会
3. 2008/09~ 日本シェーグレン学会
4. 2008/06~ 日本免疫学会
5. 2003/11~ 日本炎症再生学会
全件表示(15件)
■ 学歴
1. 東京女子医科大学 医学部 卒業 医学博士