(最終更新日:2021-10-15 12:52:21)
  ナンケ ユキ   Nanke Yuki
  南家 由紀
   所属   看護学部 看護学科  看護学部内科学
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  The role of Th17 cells in osteoclastogenesis and rheumatoid arthritis., Materials for Th17 cells in Health and Disease 2020
2. 部分執筆  The role of Th17 cells in spondyloarthritis., Materials for Th17 Cells in Health and Disease. 2020
3. 部分執筆  アミロイドーシス「膠原病リウマチ診療」 2020
4. 部分執筆  The role of Th17 cells in the pathogenesis of Behcet's disease., Behcet's disease in many aspects 2019/07/27
5. 部分執筆  Joint involvement and synovial Histopathology in Behcet's disease, Behcet's disease 2017
全件表示(30件)
■ 学術雑誌
1. 総説  破骨細胞・骨芽細胞におけるIL-17 2020/06
2. 原著  A case of psoriatic arthritis, with joint involvement preceding skin involvement ,successfully treated with adalimumab (80mg every other week) 2019
3. 原著  23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV23)接種後に発症した関節リウマチ 2019
4. 総説  ベーチェット病に対するTNF阻害薬 2019
5. 原著  脆弱性骨折のある患者の骨粗鬆症対策 2019
全件表示(136件)
■ 学会発表
1. Clinical Features and HLA-B Loci of Japaneas patients with ankylosing spondylitis (2nd report). (一般) 2105/06
2. ゾレドロン酸によってヒト末梢血から誘導されるgdt細胞ではinterferon stimulated gene 15kDa (ISG15)
発現が増加している。 (口頭発表,一般) 2019/04/15
3. 関節リウマチの病因・病態2 発症早期・未治療関節リウマチ患者の末梢血中には可溶性TCTA蛋白由来産物濃度が上昇している (一般) 2018/04/27
4. 当センター外来患者におけるBehcet病の厚労省基準と国際基準との差異  2018/04/27
5. 発症早期・末治療関節リウマチ患者の末梢血CD4陽性T細胞におけるISG15発現は増加している (一般) 2018/04/26
全件表示(117件)
■ 資格・免許
1. 2018/03 日本医師会産業医
2. 2018/02 日本臨床免疫学会免疫療法認定医
3. 2016/08 日本骨粗鬆学会認定医
4. 2014/12 難病指定医
5. 2005/03 日本リウマチ学会指導医
全件表示(9件)
■ 受賞学術賞
1. 2011/10 女子医大医師会賞
2. 2011/06 岡本糸枝学術研究助成賞(2回目)
3. 2007/06 佐竹高子学術研究奨励賞
4. 2002/06 岡本糸枝学術研究助成賞
5. 2001/06 日本リウマチ学会若手優秀賞
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2019/07~ 日本アミロイドーシス学会
2. 2018/06~ 日本骨免疫学会
3. 2018/02~ 日本自己炎症学会
4. 2008/09~ 日本シェーグレン学会
5. 2008/06~ 日本免疫学会
全件表示(16件)
■ 学歴
1. 東京女子医科大学 医学部 卒業 医学博士