(最終更新日:2018-07-13 16:29:49)
  ヒラノ アキラ   Hirano Akira
  平野 明
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 乳腺診療部
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 症例報告  血性乳頭分泌で発見されたneutoendocrine ductal carcinoma in situ(NE-DCIS)の1例 2011/04
2. 症例報告  Paclitaxel, trastuzmab併用術前化学療法後に間質性肺炎をきたした乳癌の1例 2011/04
3. 原著  Long-term effect of exemestane therapy on bone mineral density supported by bisphosphonates: Results of 5-year adjuvant treatment in postmenopausal women with early-stage breast cancer 2018/06
4. 原著  当院でのAnthracycline,taxane耐性進行再発乳癌に対するeribulinの治療成績 2017/12
5. 症例報告  Late LineでEthinylestradiolおよびEverolimusが有効であった閉経後ホルモン陽性再発乳癌の1例 2016/10
6. 原著  S-1-associated hand-foot syndrome as a prognostic factor in patients with metastatic breast cancer 2015/10
7. 原著  The effect of anastrozole on bone mineral density during the first 5 years of adjuvant treatment in postmenopausal women with early breast cancer 2015/07
8. 原著  Epirubicin/Cyclophosphamide followed by Docetaxel as Primary Systemic Therapy in Breast Cancer -Phase II Study,Final analysis- 2014/09
9. 症例報告  乳腺転移をきたしたS状結腸SM癌の1例 2014/01
10. 原著  A Comparison of Indocyanie Green Fluorescence Imaging Plus Blue Dye and Blue Bye Along for Sentinel Node Navigation Surgery in Breast Cancer Patients 2012/07
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 一般演題 乳腺1「化学療法・内分泌療法」
化学療法によりCRが得られた骨・軟骨化生を伴う転移性乳癌の1例 (口頭発表,一般) 2018/06/15
2. 一般演題 乳腺1「化学療法・内分泌療法」
乳癌縦隔リンパ節転移による食道狭窄に対しBevacizumab+Paclitaxelが有用であった1例 (口頭発表,一般) 2018/06/15
3. 一般演題 乳腺3「HER2・有害事象」
ペルツズマブ+トラスツズマブで重篤なInfusion reactionを呈したHER2陽性乳癌の1例 (口頭発表,一般) 2018/06/15
4. ポスター掲示39/薬物療法(2)
リンパ節転移1~3個のLuminal A乳癌における化学療法の意義 (ポスター,一般) 2018/05/18
5. ポスター討議34/薬物療法
当科における閉経後ホルモン陽性進行再発乳癌に対するEthinyl Estradiolの使用経験 (口頭発表,一般) 2018/05/17
6. シンポジウム4/ER陽性HER2陰性原発性乳癌の治療最適化
傾向スコアマッチングを用いたER陽性HER2陰性乳癌における化学療法の上乗せ効果に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2018/05/16
7. ポスター掲示13/毒性予防・毒性防止
Paclitaxel/nab-paclitaxel投与による末梢神経障害に対する frozen grove、socks、stockingの有用性 (口頭発表,一般) 2018/05/16
8. ポスター掲示4/チーム医療/(4)その他
当院におけるエベロリムス使用時の多職種連携の導入と治療成績 (口頭発表,一般) 2018/05/16
9. ポスター討議13/症例報告「薬物療法」
HER2陰性局所進行再発乳癌に対するBevacizumab+Eribulin療法の安全性と有用性についての検討 (口頭発表,一般) 2018/05/16
10. ワークショップ 1/腫瘍免疫:基礎から臨床へ 
ホルモン陽性High grade乳癌におけるTILsの意義 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2018/05/16
全件表示(122件)
■ 学歴
1.
(学位取得)
東京女子医科大学 医学博士