(最終更新日:2019-06-27 13:29:51)
  マツムラ ゴウキ   MATSUMURA GOKI
  松村 剛毅
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  医療安全科
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Factors associated with aortic root dilatation after surgically repaired ventricular septal defect. 2017/07
2. 原著  Long-term follow-up of Fontan completion in adults and adolescents. 2017/06
3. 原著  Surgical repair of a truncus arteriosus with unilateral absence of the right proximal pulmonary artery. 2016/11
4. 原著  Arterial Switch Operation With and Without Coronary Relocation for Intramural Coronary Arteries. 2016/10
5. 原著  Fontan circulation over 30 years. What should we learn from those patients? 2016/08 Link
6. 原著  Long-Term Follow-Up of the Conal Flap Method for Tricuspid Malinsertion in Transposition of the Great Arteries With Ventricular Septal Defect and Pulmonary Stenosis. 2016/07
7. 原著  15歳以下の孤立性僧帽弁疾患における僧帽弁手術の遠隔期成績 2016/04
8. 原著  The current trends of mortality following congenital heart surgery: the Japan Congenital Cardiovascular Surgery Database. 2015/08
9. 原著  Neonatal repair of total anomalous pulmonary venous connection and lung agenesis. 2015/07
10. 原著  A new tissue-engineered biodegradable surgical patch for high-pressure systems. 2015/06
全件表示(32件)
■ 学会発表
1. TCPC conversion 前後の腹部エコー所見の考察 (口頭発表,一般) 2019/06/29
2. フォンタン術後の無機能左室拡大に対して LV exclusion を行った 1 例 (口頭発表,一般) 2019/06/08
3. 当院におけるTCPC conversionの治療経験 (口頭発表) 2019/02/13
4. 慢性心房細動合併僧帽弁閉鎖不全症に対する僧帽弁形成術の検討:術前左房径の影響 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/02/12
5. ロス手術後の新大動脈弁逆流に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/02/11
6. Late Neoaortic Valve Regurgitation Long After Arterial Switch Operation (口頭発表,一般) 2019/01/29
7. 修正大血管転位症修復術後の三尖弁置換術において左側左房アプローチが有用だった一例 (ポスター,一般) 2019/01/12
8. Atypical Left Atrioventricular Valve Affected Surgical Outcome In Children With Incomplete And Transitional Atrioventricular Septal Defect (ポスター,一般) 2018/10/21
9. 弁尖切除を伴わない僧帽弁形成術の中期成績 (口頭発表,一般) 2018/10/06
10. 動脈スイッチ手術後遠隔期の新大動脈弁への手術介入の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/10/04
全件表示(142件)
■ 社会における活動
1. 2018/11 (座長)再生医療/第56回日本人工臓器学会大会[一般ポスター]
■ 講師・講演
1. 2017/04 細胞を用いない生体吸収性素材による再生血管療法確立のための素材の開発/第49回公募助成研究成果発表会(東京都中央区)
2. 2017/06 生体吸収性素材による再生血管療法/生体吸収性医療材料の 物性・分解性制御と医療ニーズ対応(東京都品川区)
■ 学歴
1. 1989/04~1995/03 新潟大学 医学部 卒業 学士(医学)
2. 2004/03/19
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)