(最終更新日:2019-09-17 12:15:33)
  ヤグチ アリノ   Yaguchi Arino
  矢口 有乃
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  救命救急センター
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  生命倫理―脳死と臓器移植―「人間関係教育と行動科学テキストブック」 2015/04
2. 部分執筆  環境・職業因子による疾患 低体温「今日の治療指針2013」 2013/01
3. 部分執筆  救急医療 急性酸塩基平衡障害「今日の治療指針2013」 2013/01
4. 編集・監修  「特集 End-of-life」解説「Intensivist」 2012/01
5. 編集・監修  ヨーロッパにおける終末期医療:個人主義の国々における終末期医療の考え方「Intensivist」 2012/01
■ 学術雑誌
1. 原著  Mathematical modeling of septic shock based on clinical data. 2019/03
2. 原著  DPCと救急蘇生統計を用いた院外心停止の包括的データベース構築に関するフィージビリティ研究 2019/02
3. その他  学会レポート 第47回 米国集中治療学会(SCCM2018)レポート 2018/06
4. 原著  Obesity was associated with worse neurological outcome among Japanese patients with out-of-hospital cardiac arrest. 2018/05
5. 原著  A new rule for terminatingresuscitation of out-of hospital cardiac arrest patients in Japan: A prospective study 2017/08
6. 原著  hyperfibrinolysis in severe isolated traumatic brain injury may ocur without tissue hypoperfusion: a retrospective ibservational multicentre study 2017/08
7. 原著  Early lactate clearance is associated with improved outcomes in patients with postcardiac arrest syndrome: A prospective multicenter observational study (SOS-KANTO 2012 Study) 2017/06
8. 症例報告  シタグリプチン過量服薬の1例 2017/06
9. 原著  Effectiveness of early administration of tranexamic acid in patients with severe trauma 2017/05
10. 原著  Association between cardiopulmonary resuscitation duration and one-month neurological outcomes for out-of-hospital cardiac arrest: a prospective cohort study 2017/04
全件表示(67件)
■ 学会発表
1. 心移植後26年を経過して発症した重症心不全の救命例 (口頭発表,一般) 2019/06/15
2. 救急、集中治療における生命倫理 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/08/20
3. ECMO使用し集中治療管理で救命し得なかったARDSの一剖検例 (ポスター,一般) 2017/06/24
4. 院外心停止症例のbag valve mask使用と気道確保器具使用のデータの偏り 救急隊着時自己心拍再開例 (口頭発表,一般) 2017/05/27
5. 救急隊接触後に発症したnon-shockable院外心肺停止におけるE-CPRと予後の関連 (口頭発表,一般) 2017/05/27
6. 心肺停止症例の来院時体重と予後に関する検討 最も予後の良いBMIは?( (口頭発表,一般) 2017/05/27
7. The indication of fresh frozen plasma (FFP) transfusion for multiple trauma patients (ポスター,一般) 2017/04/21
8. The issue of emergency medical transport in an aging society at Tokyo (ポスター,一般) 2017/03/21
9. 集中治療におけるPCAS 今一度考える 心停止後患者におけるICU入室後の乳酸クリアランス測定の意義 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/03/11
10. 神経集中治療は転帰を改善するのか? 救急隊接触後に発症したnon-shockable院外心肺停止における低体温療法と予後の関連 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/03/11
全件表示(258件)
■ 学歴
1. 東京女子医科大学 卒業 医学博士