(最終更新日:2018-07-02 21:54:55)
  ホリウチ キヨミ   
  堀内 喜代美
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  乳腺・内分泌外科/小児外科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  会社の検診でカルシウム値の異常を指摘された25歳女性「内分泌疾患」 2016/03
2. 部分執筆  「内分泌外科の要点と盲点」 1999/07
■ 学術雑誌
1. 原著  Impact of Tailored parathyroidectomy for treatment of primary hyperparathyroidism in patients with multiple endocrine neoplasia type 1 2018
2. 症例報告  Parathyroid carcinoma occurred in two glands in multiple endocrine neoplasia 1: a report on a rare case. 2017/12
3. 原著  safety and tolerability of vandetanib in japanese patients with medullary thyroid cancer: a phase I/II open-label study 2017/02
4. 原著  甲状腺癌術後補助療法としての30mCi放射性ヨウ素内容療法 2016/12
5. 総説  甲状腺分化癌の術後フォローアップ 2014/11
6. その他  不定愁訴の陰に隠れた内分泌腫瘍の症例 当女性専門外来での発見例の検討 2013/04
7. 原著  An analysis of genotype-phenotype correlations and survival outcomes in patients with primary hyperparathyroidism caused by multiple endocrine neoplasia type 1: the experience at a single institution 2013
8. 総説  チアマゾール投与中に薬剤熱を認めその後に顆粒球減少をきたした多腺性自己免疫症候群3群の1例 2012/12
9. 原著  clinical features of insulinoma in patients with multiple endocrine neoplasia type1: analysis of the database pf the MEN consortium pf Japan 2012/06
10. 原著  delay in the diagnosis of multiple endocrine neoplasia type 1: typical symptms are frequently overlooked 2012/02
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 副腎皮質癌と鑑別を要し、胃原発神経鞘腫に類似した組織像をもつ後腹膜神経鞘腫の1例 (口頭発表,一般) 2017/12/02
2. 乳癌手術における腋窩治療と予後の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/11/25
3. 甲状腺外科手術の標準化 (口頭発表) 2017/10/26
4. Prognosis and prognostic factors for cancer mortality in patients with lymph node metastases from papillary thyroid carcinoma as a first-time recurrence (ポスター,一般) 2017/10/19
5. Prediction of malignancy in thyroid nodules with macrocalcification by ultrasonography (ポスター,一般) 2017/09/09
6. Impact of risk classification of papillary thyroid carcinoma based on the Japanese clinical guideline and prognostic factors in gray zone (ポスター,一般) 2017/08/14
7. 乳癌の初再発部位に関連する臨床病理学的特徴 (ポスター,一般) 2017/07/13
8. MEN1型における原発性副甲状腺機能亢進症の外科治療の検証 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/05/19
9. 高齢者原発性副甲状腺機能亢進症患者に対する外科治療の有効性と安全性:非高齢者との比較 (ポスター,一般) 2017/05/18
10. 副甲状腺癌の外科的治療の成績と予後 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/04/22
全件表示(72件)
■ 資格・免許
1. 1992/05 医師免許(第351712号)
2. 1996/12 日本外科学会認定医(第11266号)
3. 2004/12 日本外科学会専門医(第1909342号)
4. 2008/01 日本乳癌学会認定医(第2496号)
5. 2009/04 日本内分泌・甲状腺外科専門医(N09101号)
6. 2011/08 日本がん治療認定医機構 暫定教育医(第110043号)
7. 2013/01 東京女子医科大学医学博士(乙第2759号)
8. 2013/01 日本外科学会指導医(第S009786号)
9. 2013/01 日本乳癌学会 乳腺専門医(第1399号)
10. 2014/12 東京都小児慢性特定疾病指定医
■ 講師・講演
1. 2017/08 甲状腺髄様癌(福島)
2. 2018/03 甲状腺髄様癌(東京)
■ 現在の専門分野
外科学一般 (キーワード:内分泌外科、乳腺外科) 
■ 受賞学術賞
1. poster prize
■ 所属学会
1. 日本家族性腫瘍学会
2. 日本外科学会
3. 日本甲状腺外科学会
4. 日本甲状腺学会
5. 日本人類遺伝学会
6. 日本内視鏡外科学会
7. 日本内分泌外科学会
8. 2013~ ∟ 評議員
9. 日本乳癌学会
■ 学歴
1. 東京女子医科大学 医学部 卒業
■ 職歴
1. 1992/05~1993/03 東京女子科大学 内分泌外科 研修医
2. 1993/04~1994/03 JR東京総合病院 外科 研修医
3. 1994/04~1997/03 東京女子科大学 内分泌外科 助手待遇
4. 1997/04~2000/03 国立国際医療センター 外科 レジデント
5. 2000/04~2007/03 東京女子科大学 内分泌外科 助手