(最終更新日:2022-05-09 11:00:48)
  ノムラ タケシ
  野村 岳志
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  集中治療科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  急性期・周術期への遠隔医療
できること,できないこと。では麻酔は?「LiSA Vol.28 No.7 2021」 2021/07/12
2. 部分執筆  中心静脈穿刺時の注意点「救急医学2021年5月号」 2021/05
3. 部分執筆  術後療養と時間栄養「時間栄養学」 2020/06/20
4. 編集・監修  中心静脈カテーテル 穿刺・留置のコツがわかる!〜適応の判断から手技のポイント・合併症の対応まで、安全な実践に直結するための基本を身につけよう「レジデントノート 2020年7月号 Vol.22 No.6」 2020/06/10
5. 編集・監修  特集:生理学「INTENSIVIST」 2020/01/30
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 症例報告  Nivolumab-related myasthenia gravis with myositis requiring prolonged mechanical ventilation: a case report 2022/02/14
2. 原著  Catheter-related thrombosis after cardiac surgery in patients with both central venous and pulmonary artery catheters inserted into the right internal jugular vein: a single-center, prospective, observational study. 2022/02
3. 原著  中心静脈カテーテルの挿入・管理システムの全国アンケート調査結果 2022/01/31
4. 原著  Effects of two types of prosthetic valves for transcatheter aortic valve implantation on intraoperative left ventricular end-diastolic pressure 2021/10/21
5. 症例報告  The utility of point-of-care transesophageal echocardiography in intensive care unit for detecting the cause of hemolytic anemia after ascending aorta replacement 2021/10/06
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. (シンポジウム6 腹部救急領域における肝移植と集中治療)NASH、非代償性肝硬変に対して脳死肝移植後、Primary non-functionを呈し、治療に難渋した症例 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/03/24
2. 重症ニューモシスチス肺炎のARDSに対するECMO管理中の評価に電気インピーダンストモグラフィーが有用であった一例 (口頭発表,一般) 2021/07/04
3. Pitfalls in ultrasound-guided nerve blocks in the critical care setting. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/06/12
4. モニタリングとしての肺エコーの活用法 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/05/21
5. 集中治療室における重症部門システム導入によるエラー発生率の減少 (口頭発表,一般) 2021/02/12
全件表示(24件)
■ 所属学会
1. 1987/11~ 日本集中治療医学会
■ 学歴
1. 1980/04~1986/03 広島大学 医学部 医学科 卒業 博士(医学)
■ 職歴
1. 2017/04~ 東京女子医科大学医学部医学科 集中治療科 教授
2. 2019/04~ 横浜市立大学大学 大学院医学研究科 客員教授