(最終更新日:2018-06-26 17:23:38)
  ワダ フトシ   Wada Futoshi
  和田 太
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  リハビリテーション科・リハビリテーション部
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  脊髄疾患「リハビリテーション医学テキスト」 2016/08
2. 部分執筆  下肢・歩行関連-ロボティクス「神経科学の最前線とリハビリテーションン脳の可塑性と運動」 2015/06
3. 部分執筆  上肢関連ーロボティクス「神経科学の最前線とリハビリテーションン脳の可塑性と運動」 2015/06
■ 学術雑誌
1. 原著  Immediate effects of exercise intervention on cancer-related fatigue 2018/02
2. 総説  脳卒中装具療法ー急性期から生活期まで 2018/01
3. 総説  脳卒中リハビリテーションの最前線 実践とエビデンス:装具治療 2017/10
4. その他  リハビリテーション医学Q&Aー専門医を目指して 運動学 2017/06
5. 総説  対麻痺者に対する下肢装具 2017/01
6. 総説  上下肢痙縮に対するボツリヌス療法と機能改善 2016/09
7. 総説  対麻痺者における外骨格型ロボットスーツでの歩行再建 2016/07
8. 原著  Relationship Between Depressive State and Treatment Characteristics of Acute Cervical Spinal Cord Injury in Japan. 2016/01
9. 総説  ロボット支援訓練の現状 2016/01
10. 総説  外骨格型ロボット装具ーReWalk 2016/01
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 福山型先天性筋ジストロフィーに対する改訂粗大運動能力尺度の検討 (口頭発表,一般) 2018/05/31
2. 電動式グローブの活用による頚髄損傷者の就労機会拡大についての実験的検討 (口頭発表,一般) 2017/08/26
3. 脊髄疾患リハビリテーション診療の基本- リハビリテーション医は何をみるか? (口頭発表) 2017/06/10
4. 極低出生体重児で出生した先天性強直性ジストロフィーの理学療法の経験 (ポスター,一般) 2017/02/17
5. 人工呼吸器管理を要する重症児の在宅移行において親の自己決定を重視し理学療法介入した1例 (ポスター,一般) 2017/02/17
6. シンポジウム  リハビリ 歩行機能再建 ─ 神経生理学的アプローチ パーキンソン患者における 脊髄刺激療法導入前後の歩容の変化 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2016/10/28
7. ヒールの高さに配慮した装具を作成した片側下垂足の症例 (ポスター,一般) 2016/10/15
8. 上肢ロボット支援訓練における振動刺激が 運動感覚に及ぼす影響-健常者での予備研究 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2016/06/10
9. 福山型先天性筋ジストロフィー患者における運動能力の年齢的特徴 (ポスター,一般) 2016/06/09
10. 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)患者の心肺運動負荷試験時の呼吸機能変化 (ポスター,一般) 2016/06/09
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~  筋活動入力で多自由度指運動が可能な電動グローブの開発と脳卒中リハビリでの効果検証 基盤研究(B) 
2. 2012/04~2016/03  上肢訓練ロボットへの振動刺激による運動錯覚の応用 科学研究費助成事業 基盤研究(C) (研究課題番号:24500631) (キーワード:振動刺激、 ロボット支援訓練、上肢 、ロボット、上肢訓練 、運動錯覚 、脳賦活)
3. 2013/04~2016/03  鏡像運動を支援する簡易型上肢訓練ロボットの多施設前向きランダム化比較試験 基盤研究(B) 
4. 2016/04~  同側及び鏡面対称の健側補助を導入した新規な非能動型上肢リハビリ支援システム 基盤研究(C) 
■ 講師・講演
1. 2016/06 ロボットスーツの医療・福祉への応用(東京)
2. 2015/12 二分脊椎・ポリオ(所沢)
3. 2015/10 脊髄障害のリハビリテーション(東京)
4. 2015/08 装具ボツリヌス併用療法とリハビリテーションー歩行分析からわかること(京都)
5. 2015/07 最近のReWalkに関連した研究報告(神奈川)
■ 取得特許
1. 2017/10/06 運動訓練装置(6218146)
■ 学歴
1. 1983/04~1989/03 産業医科大学 医学部 卒業
2. 1991/04~1995/03 産業医科大学 医学研究科 障害機構系専攻 博士課程修了 医学博士
■ 職歴
1. 1999/07~2001/05 中部労災病院 リハビリテーション科 副部長
2. 2001/06~2011/03 産業医科大学 リハビリテーション医学講座 講師
3. 2011/04~2015/08 産業医科大学 リハビリテーション医学講座 准教授
4. 2012/07~2014/03 産業医科大学病院 がんセンター緩和ケア室 室長
5. 2015/04~2015/08 産業医科大学病院 血友病センター 副センター長