(最終更新日:2019-04-23 16:09:44)
  タナベ ケンジ   
  田邊 賢司
   所属   研究施設 研究施設  総合研究所研究部
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  Etiological Role of Dynamin in Charcot-Marie-Tooth Disease, Peripheral Neuropathy 2012/02
2. 部分執筆  細胞内小胞輸送研究「細胞・培地活用ハンドブック」 2008/01
■ 学術雑誌
1. 原著  Phosphatidylinositol 4-phosphate on Rab7-positive autophagosomes revealed by the freeze-fracture replica labeling. 2019/01
2. 原著  Nanoscale domain formation of phosphatidylinositol 4-phosphate in the plasma and vacuolar membranes of living yeast cells. 2018/03
3. 原著  Image-Based Profiling Can Discriminate the Effects of Inhibitors on Signaling Pathways under Differential Ligand Stimulation. 2018/01
4. 総説  Microtubule Depolymerization by Kinase Inhibitors: Unexpected Findings of Dual Inhibitors. 2017/11
5. 原著  Segregation of phosphatidylinositol 4-phosphate and phosphatidylinositol 4,5-bisphosphate into distinct microdomains on the endosome membrane. 2017/10
6. 原著  Image-based profiling can discriminate the effects of inhibitors on signaling pathways under differential ligand stimulation 2017/09
7. 原著  Nanoscale analysis reveals agonist-sensitive and heterogeneous pools of phosphatidylinositol 4-phosphate in the plasma membrane. 2016/06
8. 原著  Image-based compound profiling reveals a dual inhibitor of tyrosine kinase and microtubule polymerization. 2016/04
9. 原著  Phosphatidic acid induces EHD3-containing membrane tubulation and is required for receptor recycling. 2016/03
10. 原著  PtdIns4KIIα generates endosomal PtdIns(4)P and is required for receptor sorting at early endosomes. 2016/03
全件表示(34件)
■ 学会発表
1. Image-based phenotypic profiling associated with EGF receptor trafficking and signal transduction reveals novel targets of drugs. (ポスター,一般) 2019/02
2. Image-based phenotypic profiling associated with EGF receptor trafficking and signal transduction reveals novel targets of drugs. (ポスター,一般) 2018/09
3. Image-based phenotypic profiling using a pharmacologically active compound library identify novel druggable targets. (口頭発表,一般) 2018/09
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/03~2021/03  イメージング解析によるEGFR阻害剤耐性がん細胞の発生機構解明 国際共同研究強化 
2. 2017/04~2020/03  イメージング解析によるEGF受容体シグナル制御機構の解明 基盤(C) 
3. 2013/09~2015/03  EGF受容体シグナル伝達-細胞内膜輸送のクロストークを制御する遺伝子ネットワーク 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2013/04~2015/03  自閉症発症機構解明を志向した細胞接着因子結合タンパク質群の同定 挑戦的萌芽研究 
5. 2012/10~2014/03  EGF受容体によるエンドソームダイナミクスの制御 競争的資金等の外部資金による研究 
6. 2012/08~2017/07  細胞内膜輸送の分子機構 その他の補助金・助成金 
7. 2011/04~2014/03  ダイナミンファミリー分子の多機能性と統合的制御の機構 基盤(B) 
8. 2011/04~2013/03  初期エンドソームのダイナミクスとシグナル伝達制御 新学術領域研究(研究領域提案型) 
9. 2011/04~2013/03  初期エンドソームにおける脂質膜ダイナミクスの分子機構 若手研究(B) 
10. 2011/04~2012/03  初期エンドソームにおける脂質膜ダイナミクスの分子機構 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
細胞生物学, 機能生物化学, 分子生物学, 医化学一般 (キーワード:細胞内膜輸送) 
■ 受賞学術賞
1. 2008 岡山医学振興会 研究助成
2. 2009 稲盛財団 研究助成
3. 2009 岡山医学会 結城賞
4. 2009 岡山大学 若手スタートアップ助成
5. 2010 上原記念生命科学財団 研究奨励金
6. 2010 病態代謝研究会 研究助成
7. 2011 両備てい園記念財団 研究助成
8. 2012 アステラス病態代謝研究会 研究助成
9. 2012/05 日本生化学会中国・四国支部例会 最優秀発表賞
10. 2013 武田科学振興財団 医学系研究奨励助成
■ 所属学会
1. 2004~ 日本分子生物学会
2. 2012~ 日本癌学会
3. 2018~ American Association for Cancer Research
4. 2018~ Society for Laboratory Automation and Screening
5. 2018~ Society of Biomolecular Imaging and Informatics
■ 学歴
1. 1991/04~1996/03 慶應義塾大学 理工学部 卒業
2. 1996/04~1998/03 東北大学 医学系研究科 修士課程修了 修士(障害科学)
3. 1998/04~2002/03 東北大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2002/04~2005/03 東北大学加齢医学研究所 博士研究員
2. 2005/04~2007/10 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 博士研究員
3. 2007/11~2012/07 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 助教
4. 2012/08~2017/07 東京女子医科大学 総合研究所 テニュアトラック准教授
5. 2017/08~ 東京女子医科大学 総合研究所 准教授