(最終更新日:2018-07-02 21:54:55)
  コダマ ヒトミ   
  児玉 ひとみ
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  乳腺・内分泌外科/小児外科
   職種   助教
■ 学術雑誌
1. 症例報告  術後6年間無再発生存中の甲状腺未分化癌の1例 2014/06
2. 総説  女性外科医に必要な育児支援 2011/12
3. 原著  A Large Deletion in the Succinate Dehydrogenase B Gene
(SDHB) in a Japanese Patient with Abdominal Paraganglioma
and Concomitant Metastasis 2010/04
4. 原著  医師に対する学童保育支援の必要性 2010/04
5. 原著  遺伝型褐色細胞腫の頻度とSDHB遺伝子変異陽性例の臨床的特徴について 2009/12
6. 原著  医師の勤務に対する学童保育支援の検討 2009
7. その他  女性外科医が仕事と育児を両立させるために必要な育児支援の現状と今後の課題 2008/09
8. 総説  女性外科医にとって働きやすい環境づくりのために女性外科医が仕事と育児を両立させるために必要な育児支援の現状と今後の課題 2008/04
■ 学会発表
1. 一般臨床病院における女性外科医への子育て支援の試み (口頭発表,一般) 2011/09/03
2. 副腎海綿状血管腫腫瘍内出血後に著明な胸水貯留を認めた1例 (ポスター,一般) 2011/07/07
3. 透析患者に発症した原発性副甲状腺機能亢進症の診断と治療方針について (口頭発表,一般) 2010/10/14
4. 透析患者に発症した原発性副甲状腺機能亢進症の3症例 (口頭発表,一般) 2010/09/18
5. SDHB大欠失による本邦悪性褐色細胞腫症例について (口頭発表,一般) 2010/07/09
6. 穿刺吸引細胞診で診断が困難であった甲状腺癌の検討 (口頭発表,一般) 2010/06/11
7. 女性外科医のための保育支援 (口頭発表,一般) 2009/07/25
8. 女性外科医の保育支援 (口頭発表,一般) 2009/07
9. 遺伝型褐色細胞腫の頻度とSDHB遺伝子変異陽性例の臨床病理学的特徴について(MENおよび副腎疾患の診療をめぐる諸問題) (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2009/05/29
10. 女性外科医が仕事と育児を両立させるために必要な育児支援の現状と今後の課題 (口頭発表,一般) 2008/05/17
全件表示(11件)
■ 講師・講演
1. 2009/06 乳癌の標準治療;診療ガイドラインの解説(狭山)
2. 2009/11 甲状腺腫瘍の手術適応(狭山)
3. 2010/02 透析患者に併発した原発性副甲状腺機能亢進症の診断治療方針について(埼玉)
4. 2010/04 乳癌をもっと知ろう~大切な人を守るために(狭山)
5. 2010/11 乳癌診療における女性医師の役割(埼玉)
6. 2011/04 育児と外科医の両立と(東京)
7. 2011/09 乳癌化学療法の有害事象について(狭山)
8. 2011/10 甲状腺癌の治療方針について