(最終更新日:2020-01-27 16:54:48)
  カラサワ カズノリ
  唐澤 一徳
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  腎臓内科
   職種   講師
■ 著書
1. 編集・監修  研修医のための腎臓内科病棟マニュアル「研修医のための腎臓内科病棟マニュアル」 2018/11
■ 学術雑誌
1. 原著  Case report on mesangial proliferative glomerulonephritis with multicentric Castleman's disease: Approach to the onset mechanism of immunoglobulin A nephropathy. 2020/01/21
2. 原著  Increased fibroblast growth ffactor-21 in chronic kidney disease is a trade-off between survival benefit and blood pressure dysregulation. 2019/12/17
3. 原著  The impact of tonsillectomy combined with steroid pulse therapy in patients with advanced IgA nephropathy and impaired renal function. 2019/12/16
4. 原著  Sertraline Reduces Albuminuria by Interfering with Caveolae-Mediated Endocytosis through Glomerular Endothelial and Epithelial Cells. 2019/10/25
5. 原著  Long-term follow-up characteristics of patients with antineutrophil cytoplasmic antibody(ANCA)-associated vasculitis(AAV)receiving chronic hemodialysis at a single center. 2019/10/22
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. ループス腎炎V型に対してmultitarget therapyが著効した一例 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/10/04
2. 原発性胆汁性胆管炎(PBC)に合併した間質性腎炎に対し、ステロイド治療を施行した一例 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09/21
3. 当院における半月体形成性腎炎症例の検討 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/06/23
4. IgA腎症1,149例の40年予後とOxford分類MEST-Cの妥当性の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/06/21
5. LPS誘導糸球体腎炎における糸球体常在CD206 CD140共陽性マクロファージの役割 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/06/21
全件表示(42件)