(最終更新日:2018-10-19 09:47:55)
  ホリ サヤカ   HORI Sayaka
  堀 沙耶香
   所属   医学部 医学科  生理学(分子細胞生理学分野)
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  ミツバチの“ダンスコミュニケーション”の神経基盤の理解にむけて 野外と室内に置ける新しい2つの実験系「蛋白質核酸酵素」 2008/09
■ 学術雑誌
1. 原著  OFF-responses of interneurons optimize avoidance behaviors depending on stimulus strength via electrical synapses. 2018/06
2. 原著  An Aneuploidy-Free and Structurally Defined Balancer Chromosome Toolkit for Caenorhabditis elegans. 2018/01
3. その他  Novel deletion alleles of a C. elegans gene C38D4.9, named as tm4476 and tm4561. 2017/10
4. その他  Novel deletion alleles of a C. elegans gene Y48E1C.1, named as tm5468, tm5625 and tm5626. 2017/10
5. その他  Novel deletion alleles of a C. elegans gene Y73E7A.1, named as tm6429 and tm6475. 2017/10
6. 総説  ラットの坐骨神経と下肢骨格筋を用いた容積導体と神経―骨格筋間の信号伝達機構を学ぶ実習 2017/08 Link
7. 原著  Engineering new balancer chromosomes in C. elegans via CRISPR/Cas9 2016/09
8. 原著  The DEG/ENaC cation channel protein UNC-8 drives activity-dependent synapse removal in remodeling GABAergic neurons. 2016/08
9. 原著  A Conditional Knockout Toolkit for Caenorhabditis elegans Based on the Cre/loxP Recombination. 2014/12
10. その他  High frequency of phylogenetically diverse reductive dehalogenase-homologous genes in deep subseafloor sedimentary metagenomes. 2014/03
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. A proneural Atonal defines sensory processing depending on stimulus strength via regulating electrical synapses (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/07/20
2. OFF-responding Interneurons Control Stimulus Strength-Dependent Sensory Processing (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/06/23
3. Balancer chromosome toolkit for C. elegans. (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/06/21
4. Transcription factor lin-32 is essential for synaptogenesis of AIB interneuron, sustained muscle contraction and aversive switch in response to the stimulus strength (ポスター,一般) 2016/07/29
5. Genetic engineering of chromosomal balancer toolkit for gene-clusters mediated by CRISPR/Cas9 in Caenorhabditis elegans (ポスター,一般) 2016/06/25
6. Analysis of novel functions of an atonal homolog in aversive behavior and gap junction formation (ポスター,一般) 2015/03/23
7. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2014/11
8. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2014/05
9. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2013/12
10. Combination of optogenetics and reverse genetics: novel behavior screening for regulators of neural differentiation. (ポスター,一般) 2013/06
全件表示(18件)
■ 資格・免許
1. 2002/07/17 薬剤師免許
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~2010/03  RNAから見た世界最深部生命圏の微生物に関する研究 研究課題 若手研究(スタートアップ) 
2. 2008/04~2011/03  地下深部生命圏の遺伝子資源保全へ向けた環境ゲノム調整法と多様性解析 基盤研究(B) 
3. 2010/04~2011/03  行動変化を指標にした軸索投射を規定する転写因子の解析 その他の補助金・助成金 
4. 2010/04~2012/03  人為的誘発行動を指標にしたシナプス選択性を規定する分子基盤のスクリーニングと機能解析 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2013/04~2017/03  逃避行動を規定する神経回路発生の分子機序の解析 若手研究(B) 
6. 2016/04~2017/03  逃避行動選択の鍵となる電気的シナプスの発生制御と神経回路基盤の解析 その他の補助金・助成金 
■ 講師・講演
1. 2014/08 ダイバーシティー(多様性)の面白さ
■ 受賞学術賞
1. 2004/03 東京大学 第2回 東京大学総長賞 団体の部
■ 所属学会
1. 2009/08~ 日本分子生物学会
2. 2011/04~ 日本神経科学学会
■ 学歴
1. 1998/04~2002/03 東京大学 薬学部 卒業 学士(薬学)
2. 2002/04~2004/03 東京大学 理学系研究科 生物科学 修士課程修了 修士(理学)
3. 2004/04~2007/03 東京大学 理学系研究科 生物科学 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 2007/04~2007/10 東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻 産学官連携研究員
2. 2007/10~2009/12 海洋研究開発機構 極限環境生物圏研究センター ポストドクトラル研究員
3. 2018/10 東京女子医科大学 生理学講座(分子細胞生理学分野) 講師