(最終更新日:2019-06-12 17:08:11)
  イエグチ カツアキ   Katsuaki Ieguchi
  家口 勝昭
   所属   医学部 医学科  薬理学
   職種   助教
■ 著書
1. 部分執筆  第1回Eph/ephrin研究会「血液内科」 2017/04
■ 学術雑誌
1. 総説  Savior or not: ADAM17 inhibitors overcome radiotherapy-resistance in non-small cell lung cancer 2016/08
2. 原著  Intracellular LINGO-1 Negatively Regulates Trk Neurotrophin Receptor Signaling 2016/01
3. 原著  LINGO-1 protein interacts with the p75 neurotrophin receptor in intracellular membrane compartments 2015/04
4. 総説  Eph as a target in inflammation 2015/04
5. 原著  Human serum amyloid A3 (SAA3) protein, expressed as a fusion protein with SAA2, binds the oxidized low density lipoprotein receptor. 2015
6. 原著  Drug Targeting Based on a New Concept-Targeting Against TLR4 as an Example. 2015 Link
7. 総説  がん転移における炎症と血管新生 2014/09
8. 原著  ADAM12-cleaved ephrin-A1 contributes to lung metastasis. 2013/05
9. 原著  ZFC3H1, a zinc finger protein, modulates IL-8 transcription by binding with celastramycin A, a potential immune suppressor. 2014
10. 原著  An integrin-binding-defective mutant of insulin-like growth factor-1 (R36E/R37E IGF1) acts as a dominant-negative antagonist of IGF1R and suppresses tumorigenesis, while the mutant still binds to IGF1R. 2013/05
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. Role of the sympathetic nervous system in lung metastasis (ポスター,一般) 2015/01/18
2. Breakdown of the Eph/ephrin system in vascular endothelial cells causes lung metastasis (ポスター,一般) 2014/04/16
3. 血管内皮細胞におけるEph/ephrinシステムの機能とその破綻による肺転移 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2014/01/11
4. ADAM12-cleaved ephrin-A1 contributes to lung metastasis (ポスター,一般) 2013/10/03
5. Ephrin-A1 expression is up-regulated by S100A8, an endogenous ligand for TLR4, in primary tumor (ポスター,一般) 2012/10/26
6. がんの肺転移におけるEph/ephrinの新規昨日である接着分子としての機能解析 (口頭発表,一般) 2012/09/20
7. がんの発生と転移におけるEph/ephrinの新規機能である接着分子としての機能解析 (口頭発表,一般) 2011/10/03
8. The dominant-negative effect of an insulin-like growth factor-1 mutant that is defective in binding to integrins (αvβ3 and α6β4) (ポスター,一般) 2011/04/03
9. Direct binding of neuregulin-1 to integrins is involved in neuregulin-1/ErbB signaling (ポスター,一般) 2010/04/18
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2018/03  病は気からを科学する-交感神経と転移 挑戦的萌芽研究 (キーワード:交感神経、転移)
2. 2016/11~2018/03  Eph/ephrin システムによる恒常性維持とその破綻による疾患機序の解明 その他の補助金・助成金 
3. 2017/11~2018/03  がん転移における分泌型ephrin-A1の機能解析 その他の補助金・助成金 
4. 2013/04~2015/03  交感神経による血管支配におけるephrin-A1の機能解析 新学術領域研究(研究領域提案型) 
5. 2013/04~2015/03  転移性肺がんにおけるephrin-A1の機能解析 若手研究B 
6. 2014/01~2015/03  転移性肺がんにおけるEph/ephrinの機能解析と治療 その他の補助金・助成金 
■ 所属学会
1. 2003/12~ 日本分子生物学会
2. 2005/12~2006/12 米国細胞生物学会
3. 2011/08~ 日本癌学会
■ 学歴
1. 2002/04~2004/03 神戸大学大学院 医学系研究科 バイオメディカルサイエンス専攻 修士課程修了 修士(バイオメディカルサイエンス)
2. 2004/04~2008/03 神戸大学大学院 医学系研究科 医科学専攻 博士課程修了 博士(医学)
3. 2007/05~2008/03 University of Washington School of Medicine Department of Physiology and Biophysics 博士課程留学
■ 職歴
1. 2008/04~2010/03 University of California, Davis Medical Center Department of Dermatology Postdoctoral Fellow
2. 2010/04~2011/03 東京女子医科大学 医学部 医学科 特任助教