(最終更新日:2020-01-30 11:18:14)
  オチ チハル
  越智 千晴
   所属   研究施設 研究施設  先端生命医科学研究所
   職種   非常勤講師
■ 著書
1. 部分執筆  系列行為障害症候群の考えかた「行為と動作の障害」 2018/12
2. 部分執筆  心理学実験第1部第3章「知覚運動学習とその転移」「臨床心理学の基礎を学ぶ-実験・面接・検査」 2014/04
3. 部分執筆  心理学実験第1部第7章「注意の瞬き」「臨床心理学の基礎を学ぶ-実験・面接・検査-」 2014/04
4. 部分執筆  MRI Based Sulcal Pattern Analysis for Diagnosis and Clinical Application in Neurosurgery, Computer Aided Surgery, Proceedings in Information and Communications Technology 2012
■ 学術雑誌
1. その他  Role of Frontal Functions in Executing Routine Sequential Tasks 2019/02/06 Link
2. 原著  Navigated transcranial magnetic stimulation for glioma removal: prognostic value in motor function recovery from postsurgical neurological deficits 2017/10
3. 総説  (TWInsプロジェクト紹介<特集III>)プロジェクトの活動推進状況先端工学外科(FATS)の最新プロジェクト 2017/03
4. 総説  先端工学外科(FATS)のプロジェクト活動進捗について 2016/03
5. 症例報告  脳血管障害後の視覚障害に伴ったシャルル・ボネ症候群 2016/03 Link
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 系列行為課題における2種類のディストラクターエラーと関連する前頭葉機能障害の検討 (口頭発表,一般) 2018/09/12
2. Context-dependent inhibition impairments for executing familiar action task (ポスター) 2018/03/24 Link
3. 映っていないものが見えている?脳が作り出す外界へのプロジェクションー認知神経心理学の立場から (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/12/16 Link
4. Plasticity of cognitive functions after resection of glioma: new evidence from voxel-based lesion symptom mapping (ポスター,一般) 2017/11/14 Link
5. 海馬近傍神経膠腫に対する積極的摘出術-高次脳機能評価を含めた術後症状変化の検討- (口頭発表,一般) 2017/10/13
全件表示(50件)
■ 学歴
1. 2001/04~2004/03 京都大学 人間・環境学研究科 博士課程修了 博士(人間・環境学)
■ 職歴
1. 2010/04~ 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 特任助教
2. 2004/04~2010/03 産業技術総合研究所