(最終更新日:2016-09-24 18:21:41)
  オチ チハル   
  越智 千晴
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  脳神経外科
   職種   非常勤講師
■ 著書
1. 部分執筆  系列行為障害症候群の考えかた「行為と動作の障害」 2018/12
2. 部分執筆  心理学実験第1部第3章「知覚運動学習とその転移」「臨床心理学の基礎を学ぶ-実験・面接・検査」 2014/04
3. 部分執筆  心理学実験第1部第7章「注意の瞬き」「臨床心理学の基礎を学ぶ-実験・面接・検査-」 2014/04
4. 部分執筆  MRI Based Sulcal Pattern Analysis for Diagnosis and Clinical Application in Neurosurgery, Computer Aided Surgery, Proceedings in Information and Communications Technology 2012
■ 学術雑誌
1. 総説  Role of Frontal Functions in Executing Routine Sequential Tasks 2019/02 Link
2. 原著  Navigated transcranial magnetic stimulation for glioma removal: prognostic value in motor function recovery from postsurgical neurological deficits 2017/10
3. 総説  (TWInsプロジェクト紹介<特集III>)プロジェクトの活動推進状況先端工学外科(FATS)の最新プロジェクト 2017/03
4. 総説  先端工学外科(FATS)のプロジェクト活動進捗について 2016/03
5. 症例報告  脳血管障害後の視覚障害に伴ったシャルル・ボネ症候群 2016/03 Link
6. 総説  V MRIガイド下治療の現状と展望
1.インターベンショナルMRIの現状と展望
1)脳神経外科領域の術中インターベンショナルMRI 2015/09
7. 総説  (TWInsプロジェクト紹介<特集I>)プロジェクトの活動推進状況等【FATSプロジェクト】先端工学外科学の展開
Smart Cyber Operating Theater (SCOT)のプロジェクト展開を軸とした国産医療機器創出基盤の構築に向けて 2015/03
8. 総説  A new type of action disorganisation syndrome following right frontal lobe damage 2014/07
9. 原著  Perseveration Found in a Human Drawing Task: Six-Fingered Hands Drawn by Patients with Right Anterior Insula and Operculum Damage 2014/04
10. 総説  【医療情報誘導治療の最新】 術中支援統合画像環境SCOT(Smart Cyber Operating Theater) 機能・構造に注目した診断と治療を目指す未来予測手術 2013/07
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 系列行為課題における2種類のディストラクターエラーと関連する前頭葉機能障害の検討 (口頭発表,一般) 2018/09/12
2. Context-dependent inhibition impairments for executing familiar action task (ポスター) 2018/03/24 Link
3. 映っていないものが見えている?脳が作り出す外界へのプロジェクションー認知神経心理学の立場から (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/12/16 Link
4. Plasticity of cognitive functions after resection of glioma: new evidence from voxel-based lesion symptom mapping (ポスター,一般) 2017/11/14 Link
5. 海馬近傍神経膠腫に対する積極的摘出術-高次脳機能評価を含めた術後症状変化の検討- (口頭発表,一般) 2017/10/13
6. 前頭葉脳腫瘍摘出後にみられた系列行為課題遂行の質的変化の検討 (口頭発表,一般) 2017/10/12 Link
7. Frontal function for performing familiar action task normally: evidence from patients with frontal lobe damage (ポスター,一般) 2017/10/05 Link
8. ナビゲーション下経頭蓋磁気刺激(nTMS)を用いた運動野マッピング:機能回復予測を踏まえた術前治療計画への応用 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2016/10/01
9. 神経膠腫患者の覚醒下手術において高次脳機能マッピングは必要か? (口頭発表,一般) 2016/09/30
10. Surgical scienceに基づいた脳機能マッピングとモニタリング (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2016/09/08
全件表示(50件)
■ 学歴
1. 2001/04~2004/03 京都大学 人間・環境学研究科 博士課程修了 博士(人間・環境学)
■ 職歴
1. 2004/04~2010/03 産業技術総合研究所
2. 2010/04~ 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 特任助教