(最終更新日:2019-06-17 21:47:51)
  セト ヨウヘイ   
  瀬戸 洋平
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)  八千代医療センター リウマチ膠原病内科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  その他の結晶誘発性関節症「リウマチ病学テキスト 改訂第2版」 2016/01
2. 部分執筆  ピロリン酸カルシウム結晶沈着症,偽痛風「リウマチ病学テキスト 改訂第2版」 2016/01
3. 部分執筆  痛風「リウマチ病学テキスト 改訂第2版」 2016/01
4. 部分執筆  画像所見「最新医学 診断と治療のABC 205 高尿酸血症・痛風」 2015
5. 部分執筆  結晶誘発性関節炎(痛風,ピロリン酸カルシウム結晶沈着症)「最新関節リウマチ学-寛解・治癒を目指した研究と最新治療-」 2014
6. 部分執筆  「関節リウマチ診療ガイドライン2014」 2014
7. 部分執筆  生物学的製剤の長期成績「日本リウマチ実地医会監修生物学的製剤によるリウマチ治療マニュアル」 2010
8. 部分執筆  ①抗Q28 抗リウマチ薬の効き目と副作用は何でチェックするのか?.「jmedmook03 いきなり名医!関節リウマチは治せる時代に」 2009
■ 学術雑誌
1. 原著  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice. 2017/05
2. 原著  Characteristics and risk factors of lymphoproliferative disorders among patients with rheumatoid arthritis concurrently treated with methotrexate: a nested case-control study of the IORRA cohort. 2017/04
3. 原著  Continual Maintenance of Remission Defined by the ACR/EULAR Criteria in Daily Practice Leads to Better Functional Outcomes in Patients with Rheumatoid Arthritis. 2017/02
4. 原著  Integrating patients' perceptions into clinical practice guidelines for the management of rheumatoid arthritis in Japan. 2017/01
5. 原著  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice. 2016/10
6. 総説  無症候性高尿酸血症における尿酸塩沈着 画像診断を用いた無症候性高尿酸血症における尿酸塩結晶沈着の頻度とその意義について 2016/10
7. 原著  Pharmacoeconomic analysis of biological disease modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis based on real-world data from the IORRA observational cohort study in Japan. 2016/07
8. 総説  関節リウマチ診療における新たな課題 ステロイド薬離脱の必要性 2016/05
9. 原著  The process of collecting and evaluating evidences for the development of Guidelines for the management of rheumatoid arthritis, Japan College of Rheumatology 2014: Utilization of GRADE approach. 2016/03
10. 原著  Consensus-based identification of factors related to false-positives in ultrasound scanning of synovitis and tenosynovitis. 2016
全件表示(64件)
■ 学会発表
1. 大血管炎型巨細胞性動脈炎様の症状を呈し,PET-CTが診断に有用であった"四肢限局性血管炎"の一例 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/04/17
2. 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症に胸椎部肥厚性脊髄硬膜炎を合併した一例 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/04/16
3. 未治療関節リウマチ患者に対する早期治療介入遅延の原因に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2019/04/15
4. 腸管穿通発症時に凝固第 13 因子活性低下を認め,補充療法を行ったリウマチ性血管炎 の一例 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/06
5. "RS3PE症候群"の多くは関節リウマチである (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/04/28
6. リウマチ性多発筋痛症患者の貧血と治療への反応性 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/04/28
7. 痛風患者の足趾超音波検査における尿酸ナトリウム塩結晶沈着についての検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/22
8. ぶどう膜炎を機に診断された脊椎関節炎の5例 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
9. 家族性若年性高尿酸血症性腎症の遺伝子診断の経験 (ポスター,一般) 2017/04
10. 乾癬性関節炎のdactylitisと骨エックス線変化との関係 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
全件表示(85件)