(最終更新日:2019-08-19 11:44:19)
  サカキ ケンジロウ   
  榊 建二郎
   所属   看護学部 看護学科  看護学部生化学
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 原著  RNA surveillance is required for endoplasmic reticulum homeostasis 2012/05
2. 総説  ラットの坐骨神経と下肢骨格筋を用いた容積導体と神経―骨格筋間の信号伝達機構を学ぶ実習 2017/08 Link
3. 原著  Interaction between quality control systems for ER protein folding and RNA biogenesis. 2013/04
4. 原著  Identification of a novel ADAMTS9/GON-1 function for protein transport from the ER to the Golgi. 2012/05
5. 総説  Regulation of ER stress-induced macroautophagy by protein kinase C 2008/08
6. 原著  Protein kinase C-theta is required for autophagy in response to stress in the endoplasmic reticulum 2008/05
7. 原著  Endoplasmic reticulum stress activates cleavage of CREBH to induce a systemic inflammatory response 2006/02
8. 原著  Ubiquitin-proteasome-dependent degradation of mammalian ER stearoyl-CoA desaturase 2006/02
9. 原著  Genetic interactions due to constitutive and inducible gene regulation mediated by the unfolded protein response in C. elegans 2005/09
10. 原著  Response of genes associated with mitochondrial function to mild heat stress in yeast Saccharomyces cerevisiae 2003/09
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. C.elegans as a model system to study Unfolded Protein Response (口頭発表,特別・招待講演等) 2018/10/20
2. 容積伝導と筋の興奮収縮連関について学習するための新しい生理学実習 (ポスター,一般) 2016/03/24
3. RNA品質管理と小胞体品質管理を結ぶインターフェイスの解析 (口頭発表,特別・招待講演等) 2013/06/01
4. Nonsense-mediated RNA decay is required for the endoplasmic reticulum homeostasis. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2012/12/01
5. RNA監査機構を介した小胞体ホメオスタシス (口頭発表,一般) 2012/12/01
6. RNA 監査機構は小胞体機能の恒常性維持に必要である (ポスター,一般) 2012/11/01
7. 細胞内のタンパク輸送制御機構におけるADAMTS9/GON-1の機能解析 (口頭発表,一般) 2012/11
8. RNA Surveillance is Required for Endoplasmic Reticulum Homeostasis. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2012/09/01
9. RNA surveillance is required for endoplasmic reticulum homeostasis (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2012/06/12
10. Comprehensive RNAi analysis for discovery of novel UPR-associated genes. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2011/09
全件表示(16件)
■ 主要学科目
「人体の構造と機能」「生体の化学」「栄養代謝学」「情報科学演習1」「情報科学演習2」「キャリア発達論1」
■ 教員審査
1. 2017/08 研究方法(生体・生理学研究)
2. 2017/08 研究方法特論
3. 2010/08 機能学系専攻 夏季実習 (東京女子医科大学)
■ 社会における活動
1. 2017~2018 学術誌「Oxidative Medicine and Cellular Longevity」Guest Editor
2. 2017~ 静岡県「教職員研修において講義可能な大学教員」登録教員
3. 2019~ 掛川市吉岡彌生記念館「夏休み親子医学教室」講師
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  NMDを介した小胞体ホメオスタシス制御因子の細胞内局在メカニズムの解明 基盤研究C 
2. 2017/04~  微少重力環境におけるオルガネラ恒常性についての解析 国内共同研究 
3. 2016/04~  微小重力ストレスにおけるオルガネラ機能障害の時空間的解析と宇宙環境利用への提言 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 
4. 2012/10~  RNAと小胞体を結ぶ品質管理連携機構の解明とNMD阻害薬の臨床応用へ向けた提案 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2015/04~2018/03  NMD-小胞体品質管理クロストーク機構の分子機構と生理的役割の解析 その他の補助金・助成金 
6. 2013/04~2017/03  NMD-小胞体品質管理クロストーク機構の解明 若手研究(B) 
7. 2011/04~2015/03  ニワトリDT40細胞を用いたmRNA品質管理と細胞内ストレス応答とのクロストーク機構の解析 国内共同研究 
8. 2011/04~2013/03  細胞内品質管理 ネットワークにおけ るmRNA―小胞 体間での品質管理 連携機構の解析 新学術領域研究 
9. 2010/04~2012/03  遺伝子機能発現に おける、2段階サー ベイランス機構の解 明および疾患治療 への応用 若手研究(B) 
10. 2010/04~2012/03  mRNA品質管理と 小胞体品質管理を 結ぶインターフェイ スの解明と臨床応 用への新提案 特定領域研究 
■ 現在の専門分野
細胞生物学, 環境生理学, 機能生物化学 (キーワード:オルガネラストレス、分子シャペロン、タンパク質分解、微小重力応答) 
■ 受賞学術賞
1. 2015/01 中山恒明医学研究奨励
2. 2013/06 第65回日本細胞生物学会 若手優秀発表賞
3. 2012/11 第7回 臨床ストレス応答学会 若手研究奨励賞
4. 2012/09 (財)武田科学財団 医学系研究奨励
■ 所属学会
1. 2011~ 日本分子生物科学会
2. 2012~ 日本生化学会
3. 2013~ 日本細胞生物学会
4. 2012~ 臨床ストレス応答学会
5. 2015~ 日本宇宙生物科学会
6. 2018~ 日本看護学教育学会
7. 2018~ 日本生理学会
■ 学歴
1. 1994/04~1998/03 九州大学 理学部 卒業 学士(理学)
2. 1998/04~2000/03 九州大学 理学研究科 修士課程修了 修士(理学)
3. 2000/04~2003/09 九州大学 医学系研究科 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 2003/04~2003/09 九州大学大学院 医学系研究科 21世紀COEプログラム 特別研究支援員
2. 2003/10~2003/12 東京大学医科学研究所 リサーチアシスタント
3. 2004/01~2008/03 University of Michigan Medical School Department of Biological Chemistry Research Fellow
4. 2008/04~2009/09 東京女子医科大学 医学部 第2生理学教室 助教
5. 2009/10~2017/03 東京女子医科大学 医学部 第2生理学教室 講師
6. 2017/04~ 東京女子医科大学 看護学部 基礎科学系 助教授・准教授