(最終更新日:2019-04-11 14:24:33)
  タマキ マサコ   
  玉木 雅子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  乳腺・内分泌外科/小児外科
   職種   助教
■ 学術雑誌
1. 症例報告  Efficacy of lapatinib monotherapy on occult breast cancer presenting with cutaneous metastases: A case report. 2014/12
2. 原著  The relevance of the intrinsic subtype to the clinicopathological features and biomarkers in Japanese breast cancer patients 2013/11
3. 症例報告  前立腺癌の内分泌治療中に発生した男性乳癌の1例 2009
■ 学会発表
1. 非浸潤性乳管癌の組織亜型とintrinsic subtypeとの関連に関する検討 (ポスター,一般) 2018/05/16
2. HER2 type乳癌の臨床病理学的特徴とバイオマーカー発現との対比  2014/07
3. 炎症性乳癌・早期大腸癌の同時性重複癌に対し乳癌術前化学療法(PST)が奏功し同時切除し得た一例 (口頭発表,一般) 2013/11/22
4. 当科の転移性乳癌におけるBevacizumab+Paclitaxel療法の有用性の検討 (ポスター,一般) 2013/10/26
5. 当院におけるHER2陽性乳癌に対するLapatinb療法の検討 (ポスター,一般) 2013/10/25
6. 当科における乳房温存術の現状 (口頭発表,一般) 2013/09/19
7. ICG蛍光法において、皮下リンパ管網状造影パターンを呈する症例の検討 (ポスター,一般) 2013/07/12
8. 病理学的腋窩リンパ節転移陰性(pn0)Triple negative乳癌(TNBC)に対する術後補助療法の検討 (ポスター,一般) 2013/06/28
9. DCISにおける分子発現プロファイルの検討  2013/06
10. 原発性乳癌症例の血清抗p53抗体測定と臨床的意義についての検討 (口頭発表,一般) 2013/04/13
全件表示(17件)