(最終更新日:2018-06-28 21:30:45)
  カワスミ ヒデナガ   
  川澄 日出長
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  膠原病リウマチ内科
   職種   助教
■ 学術雑誌
1. 原著  Clinical Characteristics and Cytokine Profiles of Organizing Pneumonia in Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with or without Biologics. 2016/04
2. 原著  Clinical Manifestations and Myositis-Specific Autoantibodies Associated with Physical Dysfunction after Treatment in Polymyositis and Dermatomyositis: An Observational Study of Physical Dysfunction with Myositis in Japan. 2016
3. 原著  Sildenafil attenuates the fibrotic phenotype of skin fibroblasts in patients with systemic sclerosis. 2015/12
4. 原著  Recent Treatment of Interstitial Lung Disease with Idiopathic Inflammatory Myopathies. 2015
5. 原著  Cytokine profiles in polymyositis and dermatomyositis complicated by rapidly progressive or chronic interstitial lung disease. 2014/06
6. 原著  Methemoglobinemia induced by trimethoprim-sulfamethoxazole in a patient with systemic lupus erythematosus. 2013/11
■ 学会発表
1. 頭部に脱毛を伴う紅褐色斑を認めた抗MDA5抗体陽性の皮膚筋炎の1例 (口頭発表,一般) 2017/12/09
2. 当院における強皮症合併肺動脈性肺高血圧症(SSc-PAH)の臨床像 (ポスター,一般) 2017/04/21
3. Insulin-like growth factor-brinding protein2(IGFBP2)と全身性エリテマトーデス(SLE)との関連についての検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
4. Mikulicz病軽快後、13年を経て、Mikulicz病と肺病変で再燃したlgG4関連疾患の1例 (ポスター,一般) 2017/04
5. 可溶性CD163の全身性エリテマトーデス(SLE)合併血球貧食症候群におけるバイオマーカーとしての有用性の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
6. 可溶性PD-1の全身性エリテマトーデス(SLE)におけるバイオマーカーとしての有用性の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
7. 環軸椎亜脱臼を認めた成人発症スティル病(AOSD)3例の臨床的特徴 (ポスター,一般) 2017/04
8. 急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を呈した急性ループス肺炎の1例 (ポスター,一般) 2017/04
9. 限局皮膚硬化型全身性強皮症からGeneralized morphea-like SScに移行した1例 (ポスター,一般) 2017/04
10. 多発筋炎・皮膚筋炎患者における、血清中可溶性CD163と急速進行性間質性肺疾患との関連の検討 (ポスター,一般) 2017/04
全件表示(40件)