<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 八千代医療センター 神経小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


准教授:
   林 北見
助教:
   白戸 由理
   森山 陽子
■ 概要
子どもと家族を地域で支援する
発達障害、運動障害、てんかんなど、神経と発達に関わる疾患について、福祉、教育との連携を重視して診療にあたります。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 6  0 0 0 1  0 5  0 0  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Takase Nanako, Igarashi Noboru, Taneichi Hiromichi, Yasukawa Kumi, Honda Takafumi, Hamada Hiromichi, Takanashi Jun-ichi:  Infantile traumatic brain injury with a biphasic clinical course and late reduced diffusion.  Journal of the Neurological Sciences  390 :63-66 , 2018
総説及び解説
1. Takanashi Jun-ichi:  AJNR News Digest. Neuroradiological features of CASK mutations.  AJNR. American journal of neuroradiology  http://ajnrdigest.or :1-1 , 2018.9
2. 髙梨潤一:  小児の中枢神経画像 update:急性脳炎・脳症.  小児科診療  81 (8) :1049-1057 , 2018.8
症例報告
1. Shimada S, Oguni H, Otani Y, Nishikawa A, Ito S, Eto K, Nakazawa T, Yamamoto-Shimojima K, Takanashi J, Nagata S, Yamamoto T:  An episode of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion followed by hemiplegia and intractable epilepsy observed in a patient with a novel frameshift mutation in HNRNPU.  Brain & Development  40 (9) :813-818 , 2018.9 Link
2. 堀江貞志、草開祥平、中坪久乃、篠崎健太郎、種市尋宙、足立雄一、髙梨潤一:  病初期に可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症と診断後、特異な画像変化をきたした12歳男児例.  小児科臨床  71 (6) :1057-1063 , 2018.6
3. Ishida S, Yasukawa K, Koizumi M, Abe K, Hirai N, Honda T, Sakuma S, Tada H, Takanashi J*:  Excitotoxicity in encephalopathy associated with STEC O-157 infection.  Brain & Development  40 :357-360 , 2018
4. Yokota Kana, Sano Kentaro, Murofushi Yuka, Yoshimaru Daisuke, Takanashi Jun-ichi:  Neurochemistry evaluated by MR spectroscopy in a patient with xeroderma pigmentosum group A.  Brain & Development  40 :931-933 , 2018
5. Takanashi Jun-ich, Yasukawa Kumi, Murofushi Yuka, Sakuma Hiroshi, Hayashi Masaharu:  Loss of myelinated axons and astrocytosis in an autopsy case of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion.  Brain & Development  40 :947-951 , 2018
ページの先頭へ
■ 著書
1. Takanashi Jun-ichi:  Neuroimaging on Pediatric Encephalopathy in Japan.  Acute Encephalopathy and Encephalitis in Infancy and Its related Disorders  53-62.  ELSEVIER,  USA, St. Louis, Missouri, 2018
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎髙梨潤一: 神経放射線と分子遺伝学とのコラボレーション.  第60回日本小児神経学会学術集会,  幕張メッセ、千葉市,  2018/06
2. ◎髙梨潤一: 急性脳症の最新知見;興奮毒性型急性脳症スペクトラムの拡がり.  第60回日本小児神経学会学術集会,  幕張メッセ、千葉市,  2018/05
3. ◎髙梨潤一: MR spectroscopy で診る脳病態.  第60回日本小児神経学会学術集会,  幕張メッセ、千葉市,  2018/05
4. ◎髙梨潤一: 小児科医のための神経画像2018; T1,T2強調画像、FLAIR画像.  第60回日本小児神経学会学術集会,  幕張メッセ、千葉市,  2018/05
5. ◎髙梨潤一: 小児の神経学的予後評価における画像診断の有用性.  日本小児科学会小児救急蘇生シンポジウム,  福岡,  2018/04
6. ◎髙梨潤一: 小児脳 MRI読影の基本と急性脳症 update.  長野県立こども病院臨床研修会,  長野県立こども病院,  2018/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者