<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 八千代医療センター 消化器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   西野 隆義
助教:
   戸張 真紀
   白戸 美穂
   新村 秀樹
   菅原 安章
   光永 豊
■ 概要
特徴
消化器病疾患全般の診療を行っている。
肝臓では、B型およびC型慢性肝炎のIFN治療、NASHの治療、胆道系では、胆のう炎、胆管炎の内視鏡的治療
膵臓では、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎の診断と治療に積極的にとりくんでいる。
 また、肝臓、胆道、膵臓の悪性腫瘍に対する化学療法も積極的に行っている。
 上部および下部消化管疾患では内視鏡科と連携しながら、早期がんのESD、炎症性腸疾患の治療を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 1  0 0 0 0  2 1  1 0  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Tobari Maki, Hashimoto Estuko, Taniai Makiko, Ikarashi Yuuichi, Kodama Kazuhisa, Kogiso Tomomi, Tokushige Katsutoshi, Takayoshi Nishino, Hashimoto Naotake:  Characteristics of non-alcoholic steatohepatitis among lean patients in Japan: Not uncommon and not always benign.  Journal of gastroenterology and hepatology  :10.1111/jgh.14585 , 2018.12
2. TANIAI Makiko, HASHIMOTO Etsuko, TOBARI Maki, KODAMA Kazuhisa, TOKUSHIGE Katsutoshi, YAMAMOTO Masakazu, TAKEYAMA Tadatoshi, SUGITANI Masahiko, SANO Kenji, KONDO Fukuo, FUKUSATO Toshio:  Clinicopathological investigation of steatohepatitic hepatocellular carcinoma: A multicenter study using immunohistochemical analysis of adenoma-related markers.  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology  48 (12) :947-955 , 2018.11
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. TOBARI Maki, UNOZAWA Hidemi, MORI Chinatsu, SINMURA Hideki, HASIMOTO Kae, HAMANO Tetsuya, SIRATO Miho, NISHINO Takayoshi: Rapidly Growing Hepatocellular Carcinoma after Direct Acting Antiviral Treatment for HCV. Report of Two Cases.  The Asian Pacific Association for the Study of the Liver Single Topic Conference in Yokohama,  Yokohama city,  2018/05
2. ◎戸張真紀,谷合麻紀子,橋本悦子: (パネルディスカッション NASH・NAFLDの展望)非肥満例および性差に着目した非アルコール性脂肪性肝疾患の特徴.  第42回日本肝臓学会東部会,  東京,  2018/12
3. TOBARIMaki, UNOZAWAHidemi, MORIChinatsu, HASHIMOTOKae, SHINMURAHideki, HAMANOTestuya, SIRATOMiho, NISHINOTakayoshi: Direct Acting Antivirals治療後に急速に肝細胞癌が進展した2例.  第54回日本肝癌研究会,  福岡県久留米市,  2018/06
4. TOBARIMaki: 男女共同参画委員会特別企画「未来の肝臓学を支える輝く若手医師のためのキャリアアップ講座」パネルディスカッション 私のキャリアアップ.  第54回日本肝臓学会総会,  大阪市,  2018/06
5. ◎戸張真紀,谷合麻紀子,児玉和久,小木曽智美,橋本悦子,徳重克年: NAFLD/NASH症例における超尿病・耐糖能異常の重要性.  第5回肝臓と糖尿病・代謝研究会,  米子,  2018/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者