Academic yr: <<< Previous 2019 2020 2021 | 2022 Next >>>
 看護学部基礎看護学
Summary Research grants & projects Published papers
Academic conference presentation


Professor:
   moriya haruyo
Associate Professor:
   KENJO Michiko
Assistant Professor:
   稲野辺 奈緒子
   小宮山 陽子
Assistant Professor:
   Ikuko Kashiwazaki
   TSURUMI Hitomi
   德田 由希
■ Summary
To the top
■ Research grants & projects
To the top
■ Research works
Journal Book Presentation Other presentations
JapaneseEnglish JapaneseEnglish Domesticinternational
First authorCorresponding
Author
Co-authorFirst authorCorresponding
Author
Co-author First authorCo-authorFirst authorCo-author PresenterCo-presenterPresenterCo-presenter PresenterCo-presenter
 0 0 4 0 0 0  0 0 0 0  1 4  0 0  0 0
To the top
■ Published papers
Original article
1. 小宮山陽子:  自然と身体-「生きていること」の探究.  Mind-Body Science  37 :17-19 , 2022.3
2. 柏﨑 郁子:  治療の差し控えと中止におけるQOLと終末期の概念.  コア・エシックス  (18) :39-49 , 2022.3   DOI:10.34382/00016707
Other
1. 見城道子:  コロナ禍で逞しく培われた病院実習での集中力,特集オンライン座談会 ニューノーマル時代の看護学教育―演習・実習の新たな展開―.  東京女子医科大学看護学会誌  17 (1) :11-25 , 2022.3
2. 守屋治代, 武田和子, 戸塚明美, 村松篤, 鶴見仁美:  市民が地域での療養生活を継続するための暮らし方や人生について語り合う場とつながりの創出.  掛川市健康調査報告書令和2年度  :26-35 , 2022.3
To the top
■ Academic conference presentation
1. 守屋治代: “Nature”の声をきくこと.  人体科学会,  オンライン,  2021/12
2. ◎稲野辺奈緒子: 看護学生と熟練看護師の情動認知能力の差の測定.  東京女子医科大学看護学会 第17回学術集会,  東京、日本,  2021/10
3. 稲野辺奈緒子, 古屋健: 看護学生を対象とした表情認知判断スキル向上のための訓練プログラムの効果.  日本応用心理学会 第87回大会,  山形、日本,  2021/08
4. 稲野辺奈緒子、村中陽子、金澤愛子、河野和美: 意識障害患者との関わりにおける看護師の自信と関連要因に関する研究 -感性・職務満足感に焦点を当てて-.  日本看護学教育学会 第31回学術集会,  愛知、日本,  2021/08
5. 金澤愛子、村中陽子、稲野辺奈緒子、河野和美: 意識障害患者との関わりにおける看護師の自信と院内研修内容との関連性の検討.  日本看護学教育学会 第31回学術集会,  愛知、日本,  2021/08
To the top
  :Corresponding Author
 :First Author
◎:Presenter