<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 成人医学センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   三坂 亮一
准教授:
   宇治原 典子
   土谷 まり子
講師:
   石塚 尚子
   辻 隆夫
   根岸 圭
   松村 美由起
助教:
   東舘 紀子
   青山 圭
   大澤 真里
   小西 寛子
   小林 理土
   高橋 夕芙子
   谷口 藤緒
   長谷 美智代
   藤田 悦子
■ 概要
健診から治療まで迅速な対応
健康維持は人生設計にとって大切なことです。当センターは大学病院として昭和50年4月より健診を始めすでに40年あまりの経験があります。健診のみでなく外来を併設することを当初からの特長としてきました。発見された異常に対して早ければ健診を終えるまでに治療を開始できる迅速な対応が可能であり、健康のすべてを管理できる施設であるという大きな特色を有しております。
専門外来と女性にやさしい診療
外来はほぼすべての診療科を備え女性医師を配置して女性の方が受診しやすい体制を整えています。さらにピロリ菌外来、禁煙外来、脊椎専門外来、もの忘れ外来など多くの専門外来も開設しております。これら専門外来では診療のみならず看護師や栄養士によるケアや指導も行い、治療の十分なサポートも行っております。
それぞれのライフスタイルにあわせた健康管理
健康管理は単に体の問題だけではなく、仕事や家庭などの生活環境、家庭環境など様々な要因が絡み合うなかで行わなければなりません。当センターでは健康と外来を行う施設として受診者個人の様々な状況とご希望に沿うライフスタイルにあわせた健康管理を行って参りました。
こうしたきめ細やかな健康管理を最も身近にお手伝いするのが生活指導医です。生活指導医は受診者のすべてを把握し、様々な相談に対応致します。治療が必要となった場合、センターで外来を担当する多くの診療科の専門医と看護師、栄養士などが必要に応じて治療とケア、食事指導などを行います。より高度で先進的な治療を要する場合は東京女子医科大学病院の各診療科へご紹介いたします。当センターには日本各地から健診を受けにいらっしゃる方がおりますが、受診者の地域の専門病院へも紹介をいたします。こうした観点から、当施設はハブのような役割、すなわちメディカルハブといった役割を担っていると考えております。
健康で幸せな日々をめざして
我々が目指しておりますのは、より多くの方に健康で幸せな日々を送って頂くことです。
そのために医師のみではなく看護師、栄養士、技師、事務すべての職員が心を込めて受診者の皆様の健康管理のために努めております。明日への健康のために、是非、当施設をご利用下さい。

(平成25年7月より会員制人間ドックは附属施設青山病院へ移行します)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 1 0 1  0 1 0 0  1 5  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SEKIGUCHI Haruki*, SHIMAMOTO Ken, TAKANO Mayu, KIMURA Makiko, TAKAHASHI Yufuko, TATSUMI Fujio, WATANABE Eri, JUJO Kentaro, ISHIZUKA Naoko, KAWANA Masatoshi, HAGIWARA Nobuhisa:  Cancer antigen-125 plasma level as a biomarker of new-onset atrial fibrillation in postmenopausal women.  Heart (British Cardiac Society)  :Epub ahead of print , 2017.3 Link
2. Negishi Kei:  Prospective, Randomized, Evaluator-Blinded Study of the Long Pulse 532-nm KTP Laser Alone or in Combination With the Long Pulse 1064-nm Nd: YAG Laser on Facial Rejuvenation in Asian Skin.  Lasers in Surgery and Medicine  48 :844-851 , 2016.9
総説及び解説
1. 根岸圭, 飛田砂織:  加齢皮膚に対する低侵襲なレーザー治療における3D皮膚解析.  形成外科  59 (10) :1076-1082 , 2016.10
ページの先頭へ
■ 著書
1. 根岸圭:  シワのレーザー治療.  美容皮膚科ガイドブック  76-87.  中外医学社,  東京, 2017.2
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Negishi Kei: Addressing challenging pigmented lesions in Asian skin with excel V and enlighten.  International Master Course of Anti-aging,  Taopei, Taiwan,  2016/07
2. Negishi Kei: A prospective multi-center study of a picosecond, dual-wavelength laser for the treatment of melasma and lentigines in Asian skin.  36th Annual Conference of American Society for Laser Medicine and Surgery,  Boston, USA,  2016/04
3. 根岸圭: 美容皮膚科への誘いと学問のすすめ 技術を習得してよい治療を行おう.  第67回日本皮膚科学会中部支部会,  大阪、日本,  2016/10
4. 根岸圭: ピコセカンドレーザーenLIGHTen™の色素性病変に対する有効性の検討.  第34回日本美容皮膚科学会総会・学術集会,  東京、日本,  2016/08
5. 根岸圭: フラッシュランプシステムによる皮膚治療の実際.  第34回日本美容皮膚科学会総会・学術集会,  東京、日本,  2016/08
6. 根岸圭: 炭酸ガスレーザーの基礎と応用-スキャナー装備機器で何をどこまで治せるのか?-.  第115回日本皮膚科学会総会,  京都、日本,  2016/06
7. ◎長谷美智代, 大澤真里, 巽藤緒, 宇治原典子: 2型糖尿病患者における冠動脈CTカルシウムスコアからみた腎機能予後の検討.  日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
8. ◎宮方千春, 岸野真衣子, 笠島冴子, 中村友里, 藤田美貴子, 田村優子, 小林亜也子, 山本浩隆, 山本果奈, 三坂亮一, 中村真一, 大圃研, 徳重克年, 長原光: ESD症例から検討したH.pylori既感染胃癌症例の臨床病理学的特徴.  第102回日本消化器病学会総会,  東京,  2016/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者