<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 東医療センター 整形外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   千葉 純司
   後藤 眞
准教授:
   神戸 克明
講師:
   和田 啓義
助教:
   井上 靖雄
   王 興栄
   田口 将史
   早田 浩一朗
   村上 剛史
   矢吹 明子
   吉本 憲生
■ 概要
診療科の構成 整形外科・リウマチ科
特徴および特色 一般整形外科、救急整形外科/関節外科(膝・股関節)、脊椎外科/スポーツ整形外科 リウマチを中心としたリウマチ性疾患の薬物的および手術的療法
主な検査項目 MRI、CT(コンピュータ断層撮影)、関節鏡検査、関節造影、血管造影、筋電図、神経伝導速度
主な手術・処置 人工膝関節置換術、人工股関節置換術、脊髄造影、骨折整復固定術、膝・肩など全ての関節鏡視下手術、関節形成術、手の外科手術、創外固定術
脊椎手術、スポーツ整形手術、硬膜外・神経ブロック
特殊外来 リウマチ外来、装具外来/膝関節外来、スポーツ医学外来/肩関節外来
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 4 0 0 0  0 0 0 0  0 6  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 山本 直也, 林 知美, 遠藤 一幸:  術中脊髄モニタリング 誘発電位の種類と疾患別、高位別の主力誘発電位の選択と実際
Author: 山本 直也, 林 知美, 遠藤 一幸.  臨床麻酔  42 (臨増) :311-322 , 2018.3
2. 山田 圭, 松山 幸弘, 川端 茂徳, 安藤 宗治, 山本 直也, 小林 祥, 寒竹 司, 今釜 史郎, 小林 和克, 和田 簡一郎, 田所 伸朗, 高橋 雅人, 藤原 靖, 木田 和伸, 溝田 敦子, 角谷 智, 谷 俊一, 長濱 賢, 岩崎 博, 村本 明生, 関 庄二, 平尾 雄二郎, 清水 敬親, 大田 亮, 齋藤 貴徳, 里見 和彦, 四宮 謙一:  脊柱変形手術による神経障害機序の検討 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究.  Journal of Spine Research  8 (9) :1493-1501 , 2017.9
総説及び解説
1. 山本 直也, 林 知美, 遠藤 一幸:  術中脊髄モニタリング 誘発電位の種類と疾患別、高位別の主力誘発電位の選択と実際.  臨床麻酔  42 (臨増) :311-322 , 2018.3
症例報告
1. 佐藤統, 萩原洋子, 加藤義治:  手指中節骨単発性内軟骨腫術後34年で軟骨肉腫として再発した1例.  東日本整形災害外科学会雑誌  :230-233 , 2018.3
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 山本直也, 林 知美, 遠藤一幸, 玉木 亮: 胸椎手術の術中脊髄モニタリングにおける誘発筋電図の振幅増大現象の意義.  第39回脊髄診断機能研究会,  東京,  2018/02
2. ◎井上靖雄, 和田啓義, 保母香, 田口将史, 矢吹明子, 出口友彦, 王興栄, 神戸克明, 千葉純司: 骨粗鬆症患者へのビスホスホネート製剤による骨密度増加不良例に対するデノスマブへの切り替えによる治療効果の検討.  第19回日本骨粗鬆症学会,  大阪、日本,  2017/10
3. 山本 直也, 吉丸 大輔, 佐藤 修, 玉木 亮, 油井 充, 沼口 大輔: Gradient T2画像による頸椎椎間孔内神経根描出法.  第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  札幌 日本,  2017/04
4. 山本 直也, 佐藤 修, 玉木 亮, 油井 充, 沼口 大輔, 伊藤 達雄: 後彎を有する頸椎症性脊髄症に対する頸部脊柱管拡大術の適応と限界.  第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会,  札幌 日本,  2017/04
5. 山本直也、  佐藤 統、 伊藤達雄、 玉木 亮、  油井 充、  沼口 大輔: 後彎を有する頚椎症性脊髄症に対する頚部脊柱管拡大術の適応と限界.  第46回日本脊椎脊髄病学会,  札幌,  2017/04
全件表示(6件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者