Academic yr: <<< Previous 2017 2018 2019
 東医療センター 内科
null null null
null null


Professor:
   OGAWA Tetsuya
   SAKURA Hiroshi
   Yoshihiko Watanabe
   柴田 重信
   永野 伸郎
Associate Professor:
   小野 正文
   NAKAOKA TAKASHI
   森 直樹
Lecturer:
   大野 秀樹
   大前 清嗣
   大森 久子
   久保 豊
   SATO Kyoko
   Takagi Kae
   HIGUCHI Chieko
Assistant Professor:
   ISHIKAWA MOTONAO
   小笠原 壽恵
   西村 芳子
   山中 学
   安藤 由希
   岡部 ゆう子
   Tomoko Ogasawara
   木村 綾子
   篠 みどり
   清水 比美子

   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   向田 友美
   NAKAJIMA Shun
   八反丸 美和
   堀本 藍
   松居 一悠
   マーシャル 祥子
■ null
To the top
■ null
To the top
■ null
Journal Book Presentation Other presentations
JapaneseEnglish JapaneseEnglish Domesticinternational
First authorCorresponding
Author
Co-authorFirst authorCorresponding
Author
Co-author First authorCo-authorFirst authorCo-author PresenterCo-presenterPresenterCo-presenter PresenterCo-presenter
 5 5 0 1 1 4  0 1 0 0  2 5  0 2  0 0
To the top
■ null
Original article
1. 石川元直*, 山中学, 髙岡正和, 小笠原知子, 佐倉宏:  ヒマラヤ・ラダック高所在住高齢者のうつ病.  心身医学  59 (4) :315-320 , 2019.5
2. 石川 元直*, 山中 学, 高岡 正和, 小笠原 知子, 佐倉 宏:  心身医学とフィールド医学 生態学的視点から健康長寿を探る ヒマラヤ・ラダック高所在住高齢者のうつ病 「幸せな老い」について考える.  心身医学  59 (4) :315-320 , 2019.5
3. Higuchi Tomoaki, Takagi Kae, Okamoto Akiko, Katsumata Yasuhiro, Yamanaka Hisashi, Kawaguchi Yasushi*:  Antifibrotic effects of 2-carba cyclic phosphatidic acid (2ccPA) in systemic sclerosis: contribution to the novel treatment.  Arthritis Research & Therapy  21 :103-113 , 2019.4
4. Nitta Kosaku, Ogawa Tetsuya, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Recent Advances in the Management of Vascular Calcification in Patients with End-Stage Renal Disease.  Contributions to nephrology  198 :62-72 , 2019.4
5. HATTAMMARU Miwa, TAHARA Yu, KIKUCHI Tomoko, OKAJIMA Kiyotaka, KONISHI Koichi, NAKAJIMA Shun, SATO Kyoko, OTSUKA Kuniaki, SAKURA Hiroshi, SHIBATA Shigenobu, NAKAOKA Takashi*:  The effect of night shift work on the expression of clock genes in beard hair follicle cells.  Sleep Medicine  56 :164-170 , 2019.4
6. Nishizawa Yoko, Higuchi Chieko, Nakaoka Tomoko, Omori Hisako, Ogawa Tetsuya, Sakura Hiroshi, Nitta Kosaku:  Do calcium-based phosphate binders accelerate or prevent coronary artery calcification in dialysis patients?.  Therapeutic Apheresis and Dialysis  :online , 2019.4
Review article
1. 佐倉宏*:  特集にあたって(糖尿病網膜症).  内分泌・糖尿病・代謝内科  48 (5) :317-317 , 2019.5
Case report
1. 小笠原壽恵, 江畑希子, 濱﨑樹里亜, マーシャル祥子, 川内喜代隆, 大島孝一, 森直樹, 佐倉宏:  両側副腎腫瘤で発症しBCL,BCL6,MYC陽性を示した血管内大細胞型B細胞リンパ腫.  臨床血液  60 (6) :570-576 , 2019.6
2. Motonao Ishikawa*, Gaku Yamanaka, Masakazu Takaoka, Ayana Sakurai, Tomoko Ogasawara, Shoko Marshall and Hiroshi Sakura:  Seven-Year Outcome of Two Cases of Depression in Elderly High-Altitude Residents in Ladakh, India.  Journal of Depression and Anxiety  8 (2) :000-000 , 2019.6
Other
1. 佐倉宏*:  高齢者糖尿病の薬物療法.  東京都医師会雑誌  72 (4) :39-46 , 2019.4
To the top
■ null
1. 樋口千惠子:  腹膜透析液.  腹膜透析診療指針  14-17.  東京医学社,  東京, 2019.7
To the top
■ null
1. 井上朋子, 樋口千惠子, 水口潤, 新田孝作: 透析患者のジェンダー別、性ホルモン(テストステロン、エストロゲン)と貧血との関連.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 堀本藍, 大前清嗣, 吉川昌男, 小川哲也: 透析患者の大球性低色素性貧血と生命予後.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. 樋口千惠子, 小川哲也, 佐倉宏: 透析液乳酸の中皮細胞へ及ぼす影響.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. ◎細田麻奈, 大野秀樹: ヘリコバクター・ピロリ除菌治療後の栄養状態の変化の検討.  第25回日本ヘリコバクター学会学術集会,  名古屋,  2019/06
5. ◎石川元直, 山中学, 小笠原知子, 櫻井彩奈, 木附亜紀, 杉浦美恵子, マーシャル祥子, 佐倉宏: ラダック高地在住高齢者においてうつ病に抑止的に働く因子の検討―ソーシャル・キャピタルの視点から―.  第61回日本老年医学会学術集会,  仙台,  2019/06
6. ◎松原美有, 高木香恵, 小川哲也: 全身性エリテマトーデス8SLE)様症状を呈した分類不能型免疫不全症(CVID)の1例.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
7. ◎高木香恵, 川口鎮司, 川本学, 岡本明子, 深澤千賀子, 山中寿: CRP陽性全身性強皮症(systemic sclerosis;SSc)患者の特徴.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
8. ◎岡本明子, 川口鎮司, 川本学, 高木香恵, 勝又康弘, 花岡成典, 山中寿: 全身性強皮症(SSc)患者におけるCD300H遺伝子多型の検討.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
9. ◎井上靖雄, 高木香恵, 千葉純司: 高齢関節リウマチ患者における適切な生物学的製剤(Bio)の検討.  第63回日本リウマチ学会,  京都、日本,  2019/04
To the top
  :Corresponding Author
 :First Author
◎:Presenter