<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 東医療センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書


教授:
   内潟 安子
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 8 0 0 1  0 3 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 内潟安子:  インスリン自己免疫症候群.  最新醫學  73 (5) :65-69 , 2018.5
2. 内潟安子:  新しいインスリン製剤への期待と問題点.  糖尿病UP・DATE賢島セミナー2017 糖尿病性合併症へのシームレスな対応  34 :110-121 , 2018.5
総説及び解説
1. 内潟安子:  1型糖尿病の診療-update -1型糖尿病の特徴追補と残されたクリニカルマター-.  Diabetes Journal 糖尿病と代謝  46 (3) :10(105)-18(113) , 2018.10
2. 内潟安子:  なぜ血糖値が高いといけないの?.  日医ニュース 健康ぷらざ  1371 (509) :1 , 2018.10
3. 鈴木智子, 井倉和紀, 志村香奈子, 滝澤美保, 大屋純子, 馬場園哲也, 内潟安子:  下肢切断後の断端部潰瘍に対して局所陰圧閉鎖療法が著効した糖尿病性足壊疽の1例.  DIABETES JOURNAL 糖尿病と代謝  46 (3) :25-29 , 2018.9
4. Uchigata Yasuko:  The still persistent stigma around diabetes: is there something we can do to make it disappear?.  Diabetology International  9 (4) :209-211 , 2018.9
症例報告
1. 田中紗代子, 柳澤慶香, 神原美沙, 田中伸江, 廣瀬晶, 鈴木智子, 内潟安子:  糖尿病合併症を有しながらも5回出産を経験した1型糖尿病症例.  糖尿病と妊娠  18 (1) :17-22 , 2018.5
その他
1. 内潟安子:  糖尿病の子どもに、よりよい学校環境を.  週刊教育資料  (1472) :4-6 , 2018.4
2. 内潟安子:  学校では社会性の育成を.  週間教育資料  1473 :4-6 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 内潟安子:  Ⅰ-2 1型糖尿病2型糖尿病はどのようにして判断するのですか?
Ⅰ-5 糖尿病があっても妊娠できますか。妊娠するのに好ましい糖尿病の状態は?
Ⅱ-4 妊娠中の高血糖は母児にどのような影響を及ぼしますか?.  妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル  17-19,25-26,63-65.  メジカルビュー社,  東京、日本, 2018.11
2. 内潟安子:  糖尿病と性差.  別冊「医学のあゆみ」 性差医学・医療の進歩と臨床展開  46-51.  医歯薬出版株式会社,  東京、日本, 2018.7
3. 内潟安子:  第13章糖尿病 インスリン自己免疫症候群.  内分泌代謝科専門医研修ガイドブック  640-641.  診断と治療社,  東京、日本, 2018.5
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者