<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 青山病院
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   長原 光
講師:
   坂井 理映子
   西田 博
■ 概要
概要
1992年5月に東京女子医科大学の3番目の附属病院として開院。内科、泌尿器科、乳腺科、乳癌検診センター、睡眠総合診療センター、眼科、皮膚科を擁した外来・入院診療を行うとともに、会員制のメディカルクラブ(トータルヘルスケア:THC)での定期健康診断をはじめ、企業健診、港区健診などの健診業務も行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 4  0 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SEKIGUCHI Haruki*, SHIMAMOTO Ken, TAKANO Mayu, KIMURA Makiko, TAKAHASHI Yufuko, TATSUMI Fujio, WATANABE Eri, JUJO Kentaro, ISHIZUKA Naoko, KAWANA Masatoshi, HAGIWARA Nobuhisa:  Cancer antigen-125 plasma level as a biomarker of new-onset atrial fibrillation in postmenopausal women.  Heart (British Cardiac Society)  :Epub ahead of print , 2017.3 Link
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎SEKIGUCHI Haruki, ISHIDA Issei, JUJO Kentaro, SHIMAMOTO Ken, SHIGA Tsuyoshi, KAWANA Masatoshi, HAGIWARA Nobuhisa: Plasma Levels of Cancer Antigen-125 as a Biomarker of Paroxysmal or Persistent Atrial Fibrillation in Postmenopausal Women.  AHA 2016 (American Heart Associations Scientific Sessions 2016),  New Orleans, LA, USA,  2016/11 Link
2. ◎SEKIGUCHI Haruki, SHIMAMOTO Ken, KAWANA Masatoshi, HAGIWARA Nobuhisa: Waist circumference and systolic blood pressure: predictors of left ventricular hypertrophy in healthy subjects.  ESC congress 2016,  Roma, ITALY,  2016/08 Link
3. ◎SEKIGUCHI Haruki, SHIMAMOTO Ken, KAWANA Masatoshi, HAGIWARA Nobuhisa: Comparison of equations that use cystatin C and creatinine levels for estimating glomerular filtration ratio in elderly Japanese patients with chronic heart failure.  ESC congress 2016,  Roma, ITALY,  2016/08 Link
4. ◎関口治樹, 井上裕司, 関口直樹, 鈴木真由美, 島本健, 山口佳壽博, 川名正敏, 萩原誠久: Smoking masks symptoms of obstructive sleep apnea syndrome (OSAS).  日本睡眠学会第41回定期学術集会,  東京都,  2016/07
5. ◎関口治樹, 関口直樹: 後期高齢者におけるラメルテオンが睡眠呼吸障害に及ぼす影響.  日本睡眠学会第41回定期学術集会,  東京都,  2016/07
6. ◎鈴木真由美, 島本健, 関口治樹, 佐藤亜希子, 里谷夏海, 原田高光, 井上裕司, 山口佳壽博: 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)の頸動脈硬化に覚醒反応が関与する.  日本睡眠学会第41回定期学術集会(JSSR41),  東京都,  2016/07
7. ◎宮方千春, 岸野真衣子, 笠島冴子, 中村友里, 藤田美貴子, 田村優子, 小林亜也子, 山本浩隆, 山本果奈, 三坂亮一, 中村真一, 大圃研, 徳重克年, 長原光: ESD症例から検討したH.pylori既感染胃癌症例の臨床病理学的特徴.  第102回日本消化器病学会総会,  東京,  2016/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者