<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 炎症性腸疾患外科学
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   板橋 道朗
准教授:
   小川 真平
助教:
   谷 公孝
■ 概要
炎症性腸疾患外科
炎症性腸疾患外科では、内科医、小児科医と連携・協力しながら治療をしています。最近、内科治療の選択肢が増えましたが、内科治療で状況を打開できない場合などでは、手術を受けることで、入退院を繰り返すことなく学校生活や社会生活を快適に過ごすことができるようになります。最近では、低侵襲な腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、小さな傷で以前と同様に手術を行っています。手術は内科治療の失敗ではなく、内科治療との組み合わせを夫々の患者さんの状態に合わせて使っていく時代になったといえます。


<特徴>
炎症性腸疾患は手術だけでなく内科治療との適切な組み合わせが大切です。内科、小児科と連携して適切なタイミングでの外科手術、内科治療の導入を行っています。
また、腹腔鏡手術を積極的に導入して低侵襲で早い社会復帰を心がけております。さらに、皮膚排泄ケア専門看護師とも連携してストーマケアを行います。

<検査・治療>
消化器内科と連携してカプセル内視鏡診断や人工知能搭載内視鏡診断を行います。また、消化器内科、小児科、血液浄化科など関連診療科と連携して、内視鏡拡張術や血球成分除去療法などの適切な治療を行っています。

<治療法への取り組み>
厚生労働省難治性腸管障害調査研究班の研究協力者として新規治療法の開発や普及を行っています。

<専門外来>
消化器内科と同フロアで協同して専門外来を行っています。また、患者さんがお住いの専門医と密な連携を行っております。


炎症性腸疾患外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  板橋道朗 第34回日本内視鏡外科学会総会 (Mini Oral2 IBD他2)司会
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 8 4 1 12  0 5 0 0  8 22  0 0  1 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SHINTO Eiji, IKE Hideyuki, ITO Masaaki, TAKAHASHI Keiichi, OHUE Masayuki, KANEMITSU Yukihide, SUTO Takeshi, KUNUGASA Tetsushi, WATANABE Jun, HIDA Jin-Ichi, ITABASHI Michio, OZUKA Heita, NOZAWA Hiroaki, KOBAYASHI Hirotoshi, HASHIGUCHI Yojiro, HASE Kazuo, SUGIHARA Kenichi:  Optimizing nodal and staging classification in low rectal cancers with lateral node metastasis: multicentre retrospective cohort study.  BJS open  6 (2) :. , 2022.3   DOI:10.1093/bjsopen/zrac006
2. Yamada Shigeru, Takiyama Hirotoshi, Isozaki Yuka, Shinoto Makoto, Ebner Daniel K, Koto Masashi, Tsuji Hiroshi, Miyauchi Hideaki, Sekimoto Mitsugu, Ueno Hideki, Itabashi Michio, Ikeda Masataka, Matsubara Hisahiro,:  ASO Visual Abstract: Carbon Ion Radiotherapy for Locally Recurrent Rectal Cancer in Patients with Prior Pelvic Irradiation.  Annals of surgical oncology  29 (1) :107-108 , 2022.1   DOI:10.1245/s10434-021-10998-9
3. YAMADA Shigeru, TANIYAMA Hirotoshi, ISOZAKI Yuka, SHINOTO Makoto, Ebner Daniel K, KOTO Masashi, TSUJI Hiroshi, MIYAUCHI Hideaki, SEKIMOTO Mitsugu, UENO Hideki, ITABASHI Michio, IKEDA Masataka, MATSUBARA Hisahiro,:  Carbon Ion Radiotherapy for Locally Recurrent Rectal Cancer of Patients with Prior Pelvic Irradiation.  Annals of surgical oncology  29 (1) :99-106 , 2022.1   DOI:10.1245/s10434-021-10876-4
4. 蔵満 薫, 小木曽智美, 伊藤玲子, 高井 淳, 吉丸洋子, 石上雅敏, 褚 柏松, 高木章乃夫, 成田翔平, 渡邊俊司, 柿坂啓介, 山田友春, 前阪和城, 小川浩司, 江川裕人:  肝移植内科医育成のための現状と課題.  肝臓  62 (12) :785-792 , 2021.12
5. TANI Kimitaka, ITABASHI Michio, OKUYA Koichi, TAKEMASA Ichiro, TOMITA Naohiro, OGAWA Shimpei, NAGASHIMA Yoji, YAMAMOTO Masakazu:  Feasibility of Pooled One-Step Nucleic Acid Amplification for Molecular Staging of Pathologically Node-Negative Colon Cancer: A Prospective Multicenter Study.  Annals of surgical oncology  28 (13) :8804-8812 , 2021.12   DOI:10.1245/s10434-021-10140-9
全件表示(14件)
総説及び解説
1. 山口茂樹, 近藤宏佳, 番場嘉子, 金子由香, 腰野蔵人, 谷 公孝, 中川了輔, 前田 文, 相原永子, 時任史聡, 大木岳志, 小川真平, 井上雄志, 板橋道朗:  (特集 ガイドラインには書いていない 大腸癌外科治療のCQ-妥当な治療と適応を見直そう)結腸右半切除におけるリンパ節郭清の至適範囲.  臨床外科  77 (2) :147-151 , 2022.2
2. 板橋道朗, 谷 公孝, 小川真平:  (特集 ストーマ・ハンドブック-外科医に必要な知識と手術手技のすべて)炎症性腸疾患におけるストーマ造設と合併症.  臨床外科  76 (12) :1329-1335 , 2021.11
3. 山口茂樹, 近藤宏佳, 井上雄志, 小川真平, 大木岳志, 番場嘉子, 金子由香, 腰野蔵人, 谷 公孝, 中川了輔, 前田 文, 時任史聡, 相原永子, 藤川秀爾, 板橋道朗:  (特集 スコピストを極める)腹腔鏡下結腸右半切除術でのスコピストのテクニックとコツ.  臨床外科  76 (10) :1233-1239 , 2021.10
4. 番場嘉子, 小川真平, 相原永子, 谷 公孝, 中川了輔, 腰野蔵人, 近藤宏佳, 大木岳志, 井上雄志, 板橋道朗, 岡本高宏, 亀岡信悟, 山本雅一, 山口茂樹:  (特集 消化器外科とAI)AIナビゲーションによる大腸癌手術.  消化器外科  44 (7) :1203-1209 , 2021.6
5. 山口茂樹, 近藤宏佳, 井上雄志, 小川真平, 大木岳志, 番場嘉子, 腰野蔵人, 谷 公孝, 中川了輔, 相原永子, 板橋道朗, 山本雅一, 石川慎太郎, 平能康充:  (特集 術後合併症管理を極める)結腸切除(術).  消化器外科  44 (5) :515-522 , 2021.5
全件表示(6件)
症例報告
1. KONDO Hiroka, OHKI Takeshi, OGAWA Shimpei, OMORI Teppei, ONIZUKA HiHiromi, Nagashima, Yoji, YAMAGUCHI SHIGEKI:  Multiple intestinal lymphangiomas with episodic hemorrhage requiring partial laparoscopic resection: a case report.  Surgical case reports  8 (1) :56 , 2022.3   DOI:10.1186/s40792-022-01411-y
2. SADAHIRO Sotaro, SAKAMOTO Kazuhiro, TSUCHIYA Takashi, TAKAHASHI Takao, OHGA Hiroki, SATO Toshihiko, KONDO Ken, OGATA Yutaka, BABA Hideo, ITABASHI Michio, IKEDA Masataka, HAMADA Madoka, MAEDA Kiyoshi, MASUKO Hiroyuki, TAKAHASHI Keiichi, SAKAMOTO Junichi, KUSANO Mitsuo, YHODO Ichinosuke, TAGURI Masataka, MORITA Satoshi:  Prospective observational study of the efficacy of oral uracil and tegafur plus leucovorin for stage II colon cancer with risk factors for recurrence using propensity score matching (JFMC46-1201).  BMC cancer  22 (1) :170 , 2022.2   DOI:10.1186/s12885-022-09267-z
3. NARUMIYA Kosuke, YAGAWA Yosuke, KUDO Kenji, MAEDA Shinsuke, TOYOSHIMA Yukinori, OGAWA Kyohei, IZUMIKA Sho, HARADA Kimito, Itabashi Michio, OSUGI Harushi:  Primary lymphoepithelioma-like carcinoma of the esophagus with metastatic lymph node and gastric cancer.  Clinical journal of gastroenterology  14 (5) :1329-1336 , 2021.10   DOI:10.1007/s12328-021-01489-1
4. KONDO Hiroka, OGAWA Shimpei, OHKI Takeshi, BAMBA Yoshiko, KANEKO Yuka, KOSHINO Kurodo, NAKAGAWA Ryosuke, TANI Kimitaka, MAEDA Fumi, AIHARA Hisako, TOKITOU Fumiaki, FUJIKAWA Shuji, YAMAMOTO Tomoko, NAGASHIMA Yoji, INOUE Yuji, ITABASHI Michio, YAMAGUCHI Shigeki:  Pedunculated early colorectal cancer with nodal metastasis: a case report.  World journal of surgical oncology  19 (1) :269 , 2021.9   DOI:10.1186/s12957-021-02382-4
その他
1. Sugita Akira, Ikeuchi Hiroki, Funayama Yuuji, Futami Kitaro, Iiai Tsuneo, Itabashi Michio, Suzuki Yasuo:  Postoperative Survival in Colitis-associated Colorectal Cancer With Ulcerative Colitis in Japan: A Multicenter Analysis.  Anticancer research  41 (5) :2681-2688 , 2021.5   DOI:10.21873/anticanres.15049
ページの先頭へ
■ 著書
1. 小川真平:  (結腸癌手術)03-Q023.CVLおよびCMEは結腸癌手術の根治性を高めるか?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  24-24.  シービーアール,  東京, 2021.11
2. 小川真平:  (結腸癌手術)06-Q026.結腸右半切除術の優れた術式(アプローチ法)は?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  27-27.  シービーアール,  東京, 2021.11
3. 谷 公孝:  (結腸癌手術)12-Q032.結腸癌を発症したリンチ症候群に対して結腸亜全摘術は有効か?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  33-33.  シービーアール,  東京, 2021.11
4. 谷 公孝:  (結腸癌手術)13-Q033.同時性結腸癌肝転移に対して同時切除を行うべきか?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  34-34.  シービーアール,  東京, 2021.11
5. 大木岳志, 井上雄志, 小川真平, 板橋道朗, 本田五郎, 山口茂樹, 江川裕人, 山本雅一:  5.ロボット支援下消化器外科手術の保険収載と導入.  消化器ダヴィンチ手術ののすべて 改訂第2版  60-70.  医学図書出版株式会社,  東京, 2021.11
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎谷 公孝, 今里亮介, 時任史聡, 相原永子, 前田 文, 中川了輔, 腰野蔵人, 近藤宏佳, 金子由香, 番場嘉子, 大木岳志, 小川真平, 井上雄志, 山口茂樹, 板橋道朗: (パネルディスカッション2 炎症性腸疾患に対する緊急手術における内視鏡外科の立ち位置)潰瘍性大腸炎緊急手術症例における腹腔鏡下手術の治療成績.  第58回日本腹部救急医学会総会,  東京,  2022/03
2. ◎米澤麻利亜, 佐々木優, 高鹿美姫, 村杉 瞬, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 板橋道朗, 中村真一, 徳重克年: 妊娠中に発症したS状結腸軸捻転に対して内視鏡下捻転解除術を施行した1例.  第58回日本腹部救急医学会総会,  東京,  2022/03
3. ◎腰野蔵人, 大木岳志, 中川了輔, 近藤宏佳, 前田 文, 番場嘉子, 金子由香, 谷 公孝, 井上雄志, 相原永子, 時任史聡, 小川真平, 板橋道朗, 山口茂樹: 当院における閉塞性大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状.  第34回日本消化器内視鏡外科学会総会,  神戸,  2021/12
4. ◎小川真平, 板橋道朗, 井上雄志, 大木岳志, 番場嘉子, 金子由香, 腰野蔵人, 近藤宏佳, 中川了輔, 谷 公孝, 前田 文, 相原永子, 時任史聡, 山口茂樹: 炎症マーカーおよび栄養指標による大腸癌予後予測の検討.  第34回日本消化器内視鏡外科学会総会,  神戸,  2021/12
5. ◎中川了輔, 井上雄志, 小川真平, 大木岳志, 番場嘉子, 金子由香, 腰野蔵人, 近藤宏佳, 谷 公孝, 相原永子, 板橋道朗, 山口茂樹: 当院におけるpT4b結腸癌の腹腔鏡結腸切除の治療成績の検討.  第34回日本消化器内視鏡外科学会総会,  神戸,  2021/12
全件表示(32件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者