<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 日本語学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


講師:
   辻村 貴子
■ 概要
専任教員1名と非常勤講師1名で、医学部縦断カリキュラム「基本的・医学的表現技術」、選択科目「文章表現」「スピーチコミュニケーション」を展開し、医学部学生としての基礎的表現力の涵養を目指している。
医学部人間関係教育委員会委員として、S4学生の「自己との対話」、「奉仕学習」その他、複数の実習講義に参画・運営し、医学部学生のコミュニケーション力の涵養にも携わっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 1 1 0  0 4 0 0  0 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 辻村(伊藤)貴子:  法医解剖に由来する人体試料の適正な取扱いに向けて-遺族からの返還の求め、研究利用との関係について.  医と法の邂逅 第3集  第3集 :131-170 , 2018.12
2. tsujimura-ito Takako,:  Returning Stored Samples Post-Autopsy to the Bereaved Family: Is It Appropriate?.  Journal of Forensic and Crime Studies  2 (4) :in press , 2018.12
3. 辻村(伊藤)貴子:  司法解剖時遺族対応に関する法医学者の意識ならびに対応の実態-面接調査に基づく質的検討-.  犯罪学雑誌  84 (2) :41-49 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 辻村貴子:    医と法の邂逅 第3集  131-170.  尚学社,  東京, 2018.12
2. 辻村貴子, 山内かづ代, 野原理子, 大久保由美子:  チーム医療と奉仕.  人間関係教育と行動科学テキストブック  139-145.  三恵社,  名古屋市, 2018.4
3. 辻村貴子:  対話の基本.  人間関係教育と行動科学テキストブック  342-346.  三恵社,  名古屋市, 2018.4
4. 辻村貴子:  自己との対話 2.  人間関係教育と行動科学テキストブック  53-55.  三恵社,  名古屋市, 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 上田眞帆、清水恵利香、西脇さくら、辻村貴子、藍原康雄、川俣貴一: 声なき声への呼応.  第16回日本臨床医療福祉学会,  東京,  2018/09
2. 清水恵利香、上田眞帆、西脇さくら、辻村貴子、藍原康雄、川俣貴一: 「ふつうに」遊ぼ!~遊ぶことはcareになる~.  第16回日本臨床医療福祉学会,  東京,  2018/09
3. 西脇さくら、上田眞帆、清水恵利香、辻村貴子、藍原康雄、川俣貴一: 学生の今だからこそわかる「普通」の感覚を自覚する.  第16回日本臨床医療福祉学会,  東京,  2018/09
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者