<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 臨床ゲノムセンター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 0  0 4 0 0  0 4  0 0  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 齋藤加代子:  遺伝性神経筋疾患に対する核酸医薬.  特集:神経・筋疾患に対する治療の進歩  107 :1494-1500 , 2018.8
その他
1. 齋藤加代子:  遺伝性神経筋疾患に対する核酸医薬.  日本内科学会雑誌  107 (8) :1494-1500 , 2018.11
ページの先頭へ
■ 著書
1. 齋藤加代子:  脊髄性筋萎縮症に対する核酸医薬品.  小児科  1845-1850.  金原出版株式会社,  日本, 2018.11
2. 齋藤加代子:  神経筋疾患 脊髄性筋萎縮症.  周産期医学  1305-1309.  株式会社文栄社,  日本, 2018.10
3. 齋藤加代子:  乳児型脊髄性筋萎縮症(SMA Ⅰ型, Werdnig-Hoffmann病):拡散医薬品.  小児内科  1550-1553.  東京医学社,  日本, 2018.10
4. 齋藤加代子:  ヌシネルセンナトリウム(スピンラザ®)の認可.  発達障害白書2019年版(CD-ROM付き)  48-49.  株式会社明石書店,  日本, 2018.9
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 大月典子, 前川貴則, 荒川玲子, 山田和宏, 齋藤加代子: 脊髄性筋萎縮症(SMA)のバイオマーカー:末梢血を用いたSMN蛋白質新規解析法の提案および精度向上に向けての改良.  日本人類遺伝学会第63回大会,  神奈川,  2018/10
2. 齋藤加代子: 脊髄性筋萎縮症:治療の扉は開かれた.  第54回中部日本小児科学会学術集会ランチョンセミナー,  愛知,  2018/08
3. 大月典子, 荒川玲子, 金子芳, 青木亮子, 荒川正行, 齋藤加代子: 脊髄性筋萎縮症(SMA)のバイオマーカー:末梢血を用いたSMN蛋白質新規解析法の提案.  第25回日本遺伝子診療学会大会,  三重,  2018/07
4. 齋藤加代子: 神経難病のへの取り組み-脊髄性筋萎縮症の臨床と最新治療.  平成30年度第60回日本女医会埼玉支部総会・講演会,  埼玉,  2018/07
5. 齋藤加代子: SMA全国アンケート調査結果-診療GL作成に向けて.  平成30年度神経変性疾患領域における基盤的調査研究班ワークショップ,  東京,  2018/07
6. 齋藤加代子: 「脊髄性筋萎縮症-治療の扉が開かれた」.  第10回北海道小児神経研究会,  北海道,  2018/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者