<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 統合医科学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   井上 真郷
   平澤 明
准教授:
   赤川 浩之
助教:
   東 剣虹
   樋口 清香
■ 概要
統合医科学研究所について
東京女子医科大学統合医科学研究所は、東京女子医科大学が文部科学省の戦略的研究拠点育成プログラムによって支援を受けた国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)の2005年~2010年の事業を継承して、そのコンセプトをさらに発展させることを目指して、2010年4月に設立されました。
東京女子医科大学は、多くの外来および入院患者を診療する日本有数のメディカルセンターであります。本学のスタッフの日頃の献身的な活動が、この診療実績となって蓄積されてきたと言えます。研究所は、本学が培ってきた臨床的な知恵を基礎医学的な手法を用いて、新たな科学的な知見を引き出し、再び、診療に役立てるというアプローチを推進して行きたいと考えています。すなわち、疾患をゲノム情報という観点から見る事で、ゲノム上の変異による生体機能の変化を発症の頻度や治療薬に対する反応性などの情報に変換します。遺伝子型が明らかになった疾患に関しては、それがどのように実際の症状や薬剤応答性に繋がっているのかというメカニズムの解析を行います。このような研究成果が将来の医療の中で、予防・診断・治療に貢献できることを期待しています。
このような研究を実現するために、学内・学外の関連組織と強力な連携体制を構築しつつ、研究を行います。研究所には、2つの部門があり、専任・兼任研究員で構成される研究部門と、学内外のサンプルを受託して、次世代シーケンサー等による実験的およびバイオインフォマティクス解析を行った後に、依頼者に分かり易いデータを提供する解析サービス部門です。
医学の中で、遺伝子情報が一層重要な位置付けを持ちつつありますので、このような研究を推進できる人材を、大学院統合医科学分野を核として推進し、同時に医学部教育への参加によって、将来の医師が遺伝子医学についての高い理解を持つことができるように教育活動にも尽力いたします。若手研究者の積極的な参加を歓迎いたします。

ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 2 2  0 0 0 0  0 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Nomura Shunsuke, Yamaguchi Koji, Akagawa Hiroyuki, Kawashima Akitsugu, Moteki Yosuke, Ishikawa Tatsuya, Aihara Yasuo, Saito Taiichi, Okada Yoshikazu, Kawamata Takakazu:  Genotype-Phenotype Correlation in Long-Term Cohort of Japanese Patients with Moyamoya Disease.  Cerebrovascular diseases (Basel, Switzerland)  :1-7 , 2019.4
2. Mochizuki Toshio, Teraoka Atsuko, Akagawa Hiroyuki, Makabe Shiho, Akihisa Taro, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Mitobe Michihiro, Furukawa Toru, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Mutation analyses by next-generation sequencing and multiplex ligation-dependent probe amplification in Japanese autosomal dominant polycystic kidney disease patients.  Clinical and experimental nephrology  :in press , 2019.4
症例報告
1. Moteki Yosuke, Akagawa Hiroyuki, Niimi Yasunari, Okada Yoshikazu, Kawamata Takakazu:  Novel RASA1 mutations in Japanese pedigrees with capillary malformation-arteriovenous malformation.  Brain & development  :in press , 2019.6
2. Yasuhiro Kuroi, Hiroyuki Akagawa, Taku Yoneyama, Asami Kikuchi, Tatsuya Maegawa, Hideaki Onda, Hidetoshi Kasuya:  Novel SLC20A2 mutation in a Japanese pedigree with primary familial brain calcification.  Journal of the neurological sciences  399 :183-185 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎山本圭子, 今泉太一, 赤川浩之, 山本俊至: 全エクソーム解析で診断されたPrimrose症候群の本邦第1例.  臨床遺伝2019 in Sapporo/第26回日本遺伝子診療学会大会・第43回日本遺伝カウンセリング学会学術集会合同学術集会,  札幌,  2019/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者